事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年08月29日(火) 更新

社会人と学生の違いを徹底比較

自己中心的な学生と相手の立場を考える社会人

今回は、社会人と学生の違いとはと題して、社会人と学生の違いについて紹介していきます。
その違いとして、学生は自分やりたいことを前面に押し出せますが、社会人は相手のメリットデメリットを考えて行動しなければいけません。
そういった仕事への考え方も学生と社会人とで違いがあるようです。

社会人は学生と違い利益についても考えなければいけない!!

ビジネス上、モノを考えるときは「ロマンとソロバン」が必要です。
最初はロマンモードで大風呂敷を広げ企画することは、学生と一緒の部分ですが、、その後のソロバンモードで本当にできるのか、儲かるのかをシビアに考えることが社会人として、当然の能力です。
「お役に立ち、儲かる」ことはビジネスの基本であり、学生と社会人の明確な違だと言えるでしょう。

社会人と学生の違い:責任感と信頼感について

次の、社会人と学生との違いは、仕事に対する、責任感と信頼感の違いがあります。
学生の頃では考えられないほどの責任を背負うことになりますが、それと同等の信頼も生まることになるのが、社会人です。

責任感と信頼感のプレッシャーは大きく異なる

社会人として働きだすと、企業や会社から給与を支給されて働くことになりますので、学生の合い頃は考えもしなかった責任感・信頼感というものが重くのしかかってきますので、そこの違いは、社会人と学生では大きく違ってきます。
責任感・信頼感を得るのは一生かかりますが、それをなくすのは一瞬です。一方、学生は自ら学びたい学問を自主的に習熟することは、自己責任で済まされ、そこまで責任感は感じないでしょう。そのあたりは、社会人に比べたら非常に甘いです。

一口に責任感と言っても、人から信頼を得て裏切らないことも責任感、また約束、時間を守ることも責任としてあります。
学生の頃には、やりたくないと言えば終わっていたことも、社会人になるとそうは行きません。
自分を殺しても守らなければ行けない領域もできます

自由が足りない社会人と自由が多い学生

ここでまで、学生と社会人の違いのついて「報酬」と「責任」以外について説明してきましたが、ここでは、それ以外の、社会人と学生の違いについて紹介していきます。
学生より社会人はチームで動きますので、チームワークはもちろん、ビジネス上での時間や人間関係・また評価の違いなどもあり、重要になってきます。

テストの点数が評価基準の学生に対し、単純に評価されない社会人

社会人と学生ではその評価制度も大きく違いがあります。
簡単に言いますと…

●学生:テストの点数など、評価の基準がわかりやすく、その評価も一定の水準で決められる
●社会人:仕事の成果で決まり、単純に数値化できないところも多く、評価には密な人間関係が起因するケースも多くある

基本的に学生は、テストの点数など比較的わかりやすい形で評価を受けられ、場合によっては一夜漬けで評価をあげることも可能だったりしますが、
その一方で、社会人は仕事の成果で評価されますが、テストの点数ほど単純に数値化できませんので、プロジェクトによっては成果が出るまでに時間がかかることもあります。
社会字として、正当な評価を受けるためには小手先のテクニックではなく、一つ一つの積み重ねが大切になってきます。

社会人と学生の時間については…

社会人と学生では時間の使い方や自由になる時間についても大きく違いがありますが、

【学生】
●自由になる時間が多い、多少時間にルーズでも許されます
【社会人】
●自由になる時間が少ない、仕事の納期は時間・曜日ともに厳守

学生時代は夏休みなどの長期休暇もあり、自由時間が比較的多いものなのです。さらに、学校を休んだからといって他人に迷惑をかけることはありません。
しかし、社会人になると大きく変わります、仕事はチームプレーが原則で成り立っていますから。
社会人は、会社を休む時も配慮が必要になってきますし、誰かに迷惑をかけることにもなりますので、休みを取る時の責任もついてきます。
また、仕事には必ず締め切りがあり、期限を守ることは、社会人の最低限のルールなのです。

社会人と学生の人間関係は全く違う

社会人と学生の人間関係は全く違うことも、社会人と学生とでは、まったく違うところであり、社会人の悩みの多くは、この人間関係にあります。
その社会人と学生との違いですが、

【学生】
●同年代の付き合いが多い
【社会人】
●さまざまな年代の人と関わることが多い

学生時代の人間関係は、同級生や部活の先輩、後輩といった同年代との付き合いが中心で、社会人との人間関係に比べれば、あまりストレスを感じることはないでしょう。また、年齢が離れている相手は親と教師ぐらいでしょう。
一方、社会人は、幅広い年代の人とかかわりながら仕事をしていますので、場合によってはかなりストレスフルな毎日を虐げられることもあります。

これからビジネスシーンへ行くのなら社会人と学生の違いや責任感を重々知っておきましょう

いかがでしたか!?
今回は、社会人と学生の違いとはと題して、社会人と学生の違いに関して紹介してきましたが、その違い学生の方が思っているよりも、大きく違いがありますので、今回紹介した、社会人と学生の違いについて、しっかりとおさえておきましょう。
また、自分がなりたい将来像を見つけるために社会人と学生の違いを知って、自分の将来プランとして、理想の社会人を自分の中で描いて、仕事のモチベーションに繋げることも良いでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム