2016年11月25日(金) 更新

仕事の相談を上司にする方法と注意点

上司に仕事の相談するタイミング

上司に仕事の相談をしようと思っても、どんなタイミングで声を書けたらいいのか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。「なんだか忙しそうで……「聞きすぎると迷惑なのでは……」と引いてしまったケースもあるでしょう。

調べれば分かることは聞かない!

新入社員は上司に質問して疑問を解消していってこそ成長していくものです。「話し中」「会議中」「電話中」など、常識に考えて上司にとって邪魔になってしまう場合を除いて、基本的にはどんなタイミングで相談をしても問題はありません。むしろ、疑問に思ったその時に相談するクセを仕事中に付けていくことが重要です。ただし調べればわかるようなことは自分で解決するように心がけましょう。

上司に仕事の相談をする方法

メール・電話・口頭とさまざまなコミュニケーションツールがありますが、多忙な上司に対してはどの方法で相談するのが一番適切なのでしょうか。メールでは、上司に伝えたい内容をデータとしていつでも見ることができ、なおかつ相談を受けた上司もじっくり考える時間を持つことができるでしょう。そのため、「報告」や「報告」「共有」などには適しています。

口頭での相談がベスト!

しかし、「相談」となると話は少し変わってきます。相談は、お互いの意見を何回もやり取りするからこそ解決することができるものです。メールや電話ではコミュニケーションを取りづらく、正しく伝わらない可能性もあります。顔を合わせてコミュニケーションが取れる「口頭」で相談するようにするべきです。

上司に仕事の相談をするときの注意点

上司に仕事の相談をするときに注意するべきなのが『正確に伝えられているか』ということでしょう。相談内容を正しく伝えるためには、しっかりと手順を踏んで順序良く話していくことでしょう。また、長々と相談とは関係ない話をしてしまうのも、上司を混乱させ「結局何が聞きたいの?」ということになりかねないので気を付けるようにしましょう。誰かに何かを伝えるには、シンプルに話すようにすることが重要です。一言一言、理解してもらえているかを、顔を伺いなから話すぐらいの相談の仕方がいいかと思います。
相談の手順としては、下記のように「何の相談か」「相談の内容」「自分の意見」「判断を仰ぐ」といった順番に伝えていくとスムーズでしょう。加えて、まずはビジネスマナーを守った声のかけ方をするのも大切です。

「何の相談か」「相談の内容」「自分の意見」の手順

相談の手順としては、下記のように「何の相談か」「相談の内容」「自分の意見」「判断を仰ぐ」といった順番に伝えていくとスムーズでしょう。加えて、まずはビジネスマナーを守った声のかけ方をするのも大切です。

上司に仕事の内容を相談をする方法は口頭で!自分の意見を必ず入れる

上司に仕事の相談をする場合の方法は、口頭で聞くことが大事です。直接コミュニケーションをとることも大事ですし、そもそも相談とは”やり取り”をしていくことで解決まで導かれるものなのです。メールや電話といった、コミュニケーションを取りづらいツールを使用しての相談はあまりお勧めできません。また、相談をするタイミングにはあまり悩みを持たなくてもいいでしょう。新入社員にとっては、相談と経験が知識を溜めていく重要なファクターとなります。当然、調べて解決できることは自分でやるべきですが、相談しようと思ったのならためらわずどんどん声をかけていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム