2016年12月16日(金) 更新

合わない上司とうまく仕事をする方法

まずは基本のコミュニケーション

他人と関わる上で必要不可欠なコミュニケーション。
どれだけ合わない上司であっても業務上どうしても関わらないといけないのであれば、少しでも良い関係性を築き上げたいものですよね。

そこでまず一つ目のアドバイスですが、上司に限らず人間関係において「自分が相手のことを苦手と認識している場合は、相手もあなたを苦手と認識している」ケースが少なくありません。ですから、合わないと感じている上司にも自分から話しかけにいき、しっかりとコミュニケーションをとることが大切です。可能であれば一度食事か飲みに行き、じっくりと2人で話してみることをおすすめします。

こまめな報告

円滑に仕事をしたいならまずは上司を安心させる必要があります。そのためにはまずこまめな報告を心がけましょう。報告をほとんどせずに困ったときだけ助けてください、といわれても気持ちよく動いてくれる人の方が珍しいでしょう。こまめな報告をきっかけにこまめに上司との接点を持ちましょう。

反抗より、信頼

イライラすると弱い立場の部下に当たってしまう。そんな上司も多いかもしれません。ですが、「上に立つ人として、ありえない」と怒って反抗するより前に、まずは信頼を見せることこそ、あなたが有利になる秘訣です。

"自分も上司も、同じ人間です。毎日一緒に仕事をしていると、様々な不平・不満を抱いてしまいがちですが、それは上司も同じのはず。

まずは、こまめにコミュニケーションをとることを心がけましょう。その積み重ねが、良い信頼関係を築くことになるはず。

みなさんの日々の業務が気持ちのよいものになりますように!"

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム