2019年08月02日(金) 更新

理想の部下の仕事における特徴

理想の部下の仕事における特徴①仕事ができる

仕事での部下ですから、何よりまず仕事ができるという特徴を持つ部下が理想の部下となります。部下が優秀であればあるほど、上司は別の作業に手を回せるようになり、仕事がどんどん回るようになるという特徴もあります。

逆に仕事ができない部下だと、指導の手間も発生します。与えた仕事をサクサクと覚えて、さらに要領よく仕事を回してくれる部下である事が第一の理想の部下なようです。

言われなくてもやってくれるのが理想の部下

さらに言うなら、自分でどんどんアイディアを提案して効率を重視してくれるという特徴をもっているというのが理想の部下です。数字で言うなら、10教えたものに対して15の成果を出してくれるのが理想の部下です。
ダメな部下は8しか覚えてくれないので、残りの2を上司がカバーする必要があります。さらにその下に部下がいる場合は、マネジメントまでも面倒を見てくれるのが理想です。

理想の部下の仕事における特徴②一般常識があって礼儀正しい

社会人である以上は、礼儀正しいというのは必須項目です。それに加えて空気を読んでくれる特徴を持っていると理想の部下だと言われます。
例えば会社でトラブルが発生した時に、迅速な対応をしてくれるとか、上司が居ない環境でもしっかりと現場の指揮をとってくれるのが理想の部下の特徴です。そして何より、挨拶や礼儀礼節をわきまえた部下である事が理想のようです。

忠実な部下であること

上司の立場としては、仕事を円滑に進めるために話を忠実に聞いてくれる部下を求めているのが大事な要素です。
必ずしもイエスマンであるのは良い事とは限りませんが、基本的には上司の言う事に忠実に従ってくれる部下が好かれている部下の特徴です。もちろん言われた事だけでなく、それ以上の事を自分で考えて遂行してくれるに越した事はありません。

逆に、こういう部下はNGという特徴は?

では理想の部下とは逆に、上司の立場でこんな部下だけは避けたいというのはどういった部下なのでしょうか?人事発令はなかなか自分の理想通りには進まないものです。上司の目線から見て、 避けたい部下はどのような部下になるのでしょうか?

NGな部下の特徴①自分の指示通りに動いてくれない

やはり自分の指示通りに動いてくれる部下が理想の部下であることは言うまでもありません。しかし、言う事をなかなか聞いてくれない部下も実際にはたくさんいるようです。

部下の独断で動いて、結果的にそれが悪い方向に働いてしまったら、それは上司の責任になってしまいます。チームの輪を乱す部下を嫌うのは、ある意味で当然かもしれませんけどね。

NGな部下の特徴②何かと反発してくる

上司の仕事の指示に対して「いえ、自分はこうした方が良いと思います」と反発してくる部下もNGな部下の特徴です。いったん上司の指示通りの仕事をした後ならいざ知らず、やってみる前からそういう態度に出る部下も居るようです。

褒めたり叱ったりするのも上司の仕事とはいえ、やはり反発してくるという特徴をもつ部下は避けたいですね。教育も仕事の一環とはいえ、できるだけ無駄な労力を使う事だけは避けたいものです。

理想の部下の特徴は仕事ができ、礼儀正しく一般常識がある

上司から見た理想の部下に関しての特徴をまとめてみましたが、いかがでしょうか?部下にも色々なタイプがおり特徴をもっていますので、なかなか理想の部下を持てる可能性は低いかもしれません。

ですが、配属された社員を自分の理想の部下に育て上げるのも、上司としての大事な役目です。チームとして良い仕事ができるように特徴に合わせた教育をしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム