2016年11月29日(火) 更新

同じ失敗を何度も繰り返す人の原因と効果的な対策

同じ失敗を繰り返す人の声から特徴を分析

今回は、同じ失敗を繰り返さないための対策法について紹介していきますが、まずは実際に、同じ失敗を繰り返す人の声を、独自調べでまとめましたので紹介します。「自分は同じ失敗を繰り返す人間だ」「同じ失敗を繰り返さないようになりたい」と思われている方は必読ですよ。

同じ失敗を繰り返す人の特徴はミスを後悔する気持ちだけで対策ができていない

それでは同じ失敗をくり返す人の声に、耳を傾けてみましょう。そのような声から同じミスを繰り返す人の特徴がみえてきます。

【同じ失敗をくり返す人の声↓】

「もう二度と同じミスはくり返さないと思うのに、気づけばまた同じ失敗をしでかしてしまうのです。
数ヵ月前に受注のミスをしてしまい、社内外に大きな迷惑をかけたので、もう二度とやるものかと注意していたつもりだったのですが、つい昨日またやってしまったのです。」

上記以外にも同じような、同じミスを繰り返すといった体験をしている人は沢山いる訳ですが、「同じ失敗を繰り返さない」と思っても、どうしてもまた気がゆるんでしまいます。

同じ失敗を繰り返してしまう人の特徴として、失敗を後悔する「気持ち」だけを持っていて、対策をしておらず、同じミスをまた繰り返す傾向があります。

同じ失敗を繰り返す人の原因って?

上記で同じミスを繰り返す人の特徴に関して触れましたが、同じ失敗を繰り返す人の原因はどのようなものなのでしょうか?同じ失敗を繰り返す人は、失敗をして反省をしても対策を怠る方が多いため、何故失敗したのかその原因を確認して、振り返ることが同じ失敗を繰り返さないために大事です。

原因①失敗した時のリスクを考えてない

同じ失敗を繰り返す人は、たとえそれがほんの些細な失敗やミスでも、見過ごしにできないくらい重要な意味を含んでいるということに気づけていない可能性があります。ですからその部分に気づけるようにしましょう。

同じミスを繰り返す原因としては、その失敗やミスが繰り返されることによってもたらされる、大きなリスクに対して楽観的であり、無責任だといえます。同じ失敗を繰り返さないようにと本当に気をつける人は、ミスのもととなった原因と、その原因からもたらした失敗でどのようなリスクが発生するのかといった部分までしっかりと考えます。

原因②「以後気をつけます」という宣言だけで終わらせてしまっている

同じ失敗を繰り返す人に共通しているのは、その失敗から何も学ぼうとしないというところです。「以後十分に気をつけます」という宣言だけで終わらせてしまっているというところに、また同じミスを繰り返すといった原因があります。同じ失敗を繰り返さないためにも、今の自分は宣言だけで終わらせていないか、見直してみましょう。

同じ失敗を繰り返さないための対策とは

同じ失敗を繰り返す人は、人間は失敗をする生き物だと認識し失敗から学ぶ勤勉さと、小さな努力でも続ける向上心を身に付けるといいでしょう。それでは具体的に、同じ失敗を繰り返す人が同じ失敗を繰り返さないための対策を紹介していきます。

対策:自分のミスがすぐに分かる「失敗帳」を作っておく

対策の1つ目を紹介します。

同じ失敗を繰り返さないためには、そのミスや失敗した原因をしっかりと覚えておくのがポイントです。ですので、自分の「失敗帳」を日頃目に触れるところに置き、何度も何度も見直すことで頭に失敗した原因や場面を刷りこんでおきましょう。同じ失敗を繰り返さないための効果的な対策です。

対策:入念な再確認を必ずおこなう習慣づけを

同じミスを繰り返すには、絶対に原因があります。具体的にその原因をはっきりして、改善することは当然。その改善したことを再確認し、さらにをもう1度確認してください。絶対にミスのもととなる原因がある以上、改善は可能でありそれを意識づける事が重要です。

対策:1度のミスから10を学ぶように心がける

絶対にどんなミスからでも学ぶことはあるはず。小さくて簡単な間違いであっても、そのままにしていると同じミスを繰り返す原因となります。ミスをした事柄から、どうせなら多くを学びましょう。

同じ失敗を繰り返す人の対策は、同じミスを繰り返す原因をまとめた失敗帳を作り確認しよう

同じ失敗を繰り返す人の原因と、効果的な対策を紹介してきました。仕事をするうえで、失敗をゼロにするという事を目指すのも大切かもしれません。

しかし、現実的に考えて失敗をしないなんて難しいです。それよりも今回紹介したように、このように同じ失敗を繰り返さないために、失敗から同じミスを繰り返すことがないように、自分なりの対策法を生み出して実践していきましょう。

関連コラム