2016年12月21日(水) 更新

効果的な目標設定をおこなうためのコツと注意点

効果的な目標設定によって実現の度合いが異なる

あなたには現在、具体的な目標がありますか?目標設定があるとそれに向かってのやる気が出ます。例えば、「私は出世できたらいいなぁ」と漠然と考えているよりは「私は出世する!」と言ったほうが実現しそうですよね。そこで必要なのが目標設定です。では、具体的にどうのように設定をしたらいいのでしょうか。ここではその点についてまとめました。

目標設定には具体性や方法をまとめるのが肝心

いざ目標設定を取り組んでみようと考えた時に、どれくらいの期間をもってそれを実現させるのか、そもそも目標はあるのかについて冷静に分析する必要があります。それらがしっかりと確立していない状態でなにかをやろうとすると、一つ齟齬が起きてしまったときにうまく対応することができません。なるべく具体性のある目標を立て、実現させるための方法をまとめるのが肝心です。

効果的な目標設定の組み立て方はいくつかある

では実際に目標設定を行うとき、どのような形で組み立てればいいのでしょうか。いくつかコツを交えながら紹介します。これから紹介するコツをしっかりと行えば、目標の実現もより容易になることでしょう。

効果的な目標設定の仕方①:期限や一定のゴールを定める

目標設定は意識を高めるために非常に重要な役割を果たすのが、達成までの期限を定めることです。どんなに壮大な目標であったとしても、いつまでにそれを達成するかが見えてこなければ、途中で方向性を見失い、結局実現できません。そのような事態はなるべく避けておきたいところですから、必ず目標達成のための期限を定めておきましょう。また、その間にいくつか一定のゴールを定めておくと、より目標の実現が明確になります。

効果的な目標設定の仕方②:実現できる目標を掲げる

目標設定の仕方として押さえておきたいことは他にもあり、実現できる目標を掲げるのもポイントです。上記にもある通り、目標設定のためには期限やゴールが必要となりますが、あまりにも壮大すぎる目標だと挫折してしまう可能性が出てきます。そのため、まずは今自分自身が持ち合わせているスキルの中で達成できる目標を定め、取り組んでみましょう。取り組んでいるうちに、次の新たな目標のプランを想起しやすくなります。

効果的な目標設定の仕方③:達成までのプロセスをわかりやすくする

せっかく目標設定をしたとしても、達成するまでのプロセスが不明確だったり、複雑すぎると本末転倒です。ゴール地点が見えているからといって、その達成に費やす時間は限られています。もしそれがさまざまな条件をクリアしないとうまくいかないと想定されるなら、現段階でその目標設定を決めるのを避け、外堀を埋めるような形で徐々にプロセスを容易にする必要があるでしょう。

効果的な目標設定の仕方④:振り返りや自分へのご褒美などをおこなう

目標設定を効果的にするためには、ある一定の期間を経た時に自ら振り返りを行ったり、達成したときに自分に対するご褒美を行うのが肝心でしょう。目標設定時はモチベーションも高く、やる気を持って取り組み始めるものですが、時間が経つにつれ徐々にその意識も下がってきますし、本当に目標設定が正しかったのかと悩んでしまいます。そのような状況に陥っては台無しですから、ある程度の期間が立った段階で現状に対する振り返り、フィードバックを行いましょう。プロセスのずれが見つかったときに、定期的に対処できるようになります。また、目標達成時に自分に対するご褒美をおこなえば「取り組んでよかった」との意識と「次の目標もがんばろう」との決意が改めて明確になり、より具体的かつ高尚な目標設定が行えるようになります。

目標設定で注意すべきことは最初に掲げた目標に執着しないようにする点

上記のコツを踏まえて目標設定をしたとしても、必ずしもうまくいくとは限りません。注意しなければならない点がいくつかありますが特に気をつけておきたいことが最初に掲げた目標に執着しすぎないことです。実現できる範囲の目標であれば意識的にそれに向かって取り組んでも問題ありません。しかし掲げた目標が年単位でないと結果が見えない場合、自分の想定していなかった事態が起こることも少なくないでしょう。そんな時、せっかく目標設定したのだから実現しないともったいないと考えて執着すると、あとあと公開する結果を招きかねません。もし実現が難しいとはっきりしてきたのであれば、すぐに軌道修正して別の新たな目標設定をおこないましょう。いちばん大切なのは「モチベーションの維持」です。結果的にモチベーションを下げることがないよう、常に自分を振り返りながら活動しましょう。

目標設定には具体性やプロセスの明確化が必要だが執着しすぎないのも大事

ビジネスシーンにおいては全ての事に目標があります、それにむかって行動し結果をだします。漠然とただこなしてしては明確な結果に繋がらない事もあります。そのような事がないようにこれらに書かれていることを充分把握しましょう。目標設定がなされている行動となされていない行動ではやりがいも違ってきます。ビジネスシーンに限らず、生活面においても応用が効くものです。目標が成し遂げた時の達成感も心地の良いものですよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム