2016年11月29日(火) 更新

相手の目を見て話せない原因と簡単にできる克服方法

相手の目を見て話せない原因

相手の目を見て話せない原因と対策と相手の目を見て話すメリットをみていきましょう。相手の目を見て話せない人がそれを克服するには、まず相手の目を見て話せない原因を探ってみるのが一番の近道です。 まずはどうして自分が相手の目を見て話せないのか考えてみましょう。

相手の目を見て話せない原因:自分に自信がない

人は自信がないと、つい視線を落としがちです。
相手の目を見て話せないのは、自分に自信がないからかもしれません。面接などの発言で自信がないときに、相手の目を見て話せない状態になっていませんか。

相手の目を見て話すメリット

相手の目を見て話せない原因は、お分かりになりましたでしょうか。相手の目を見て話せない原因の次は、相手の目を見て話すメリットをみていきましょう。

相手の目を見て話すメリット:伝わる力が強くなる

相手の目を見て話すメリットは伝わる力が強くなる点です。
相手の目を見て話すと「ちゃんと聞いていますよ」という意思表示になります。話を聞いている姿勢を見せたら相手も聞く姿勢を見せます。つまり伝わる力が強くなるということです。

相手の目を見て話すメリット:誠実な印象を与える

相手の目を見て話す人は、相手に話を聞いてくれているという安心感を与えます。その結果、相手に誠実そうな印象を与えられます。

相手の目を見て話すメリット:話の理解力が増す

相手の目を見て話すと音声による言葉の情報だけではなく、相手の表情や様子からも情報を得られます。相手の真意が掴みやすくなるので、話の理解力が増すでしょう。

相手の目を見て話せない人の対策

相手の目を見て話すメリットは3つ紹介しましたが、いかがでしょうか。最後に相手の目を見て話せない人の対策をみていきましょう。

相手の目を見て話せない人の対策:眉間を見る

相手の目を見て話せない人は目ではなく眉間を見るようにしましょう。
眉間の少し上あたりを見ていれば、話を聞いてることやしっかりと見てるとアピールできます。 また眉間のちょっと上を見ることで、相手に威圧感を与えません。また相手にとっても目を合わせやすいというメリットがあります。

相手の目を見て話せない人の対策:相手の心境を想像する

相手の目を見て話せない人は相手の心境を想像してみましょう。
相手は自分の話を真摯に聞きたいと思っています。真摯に伝えるには目を合わせるしかありません。すると苦手意識がなくなるかもしれません。

相手の目を見て話せない原因は思い込みが多い!相手の目を見て話すメリットを理解しよう

相手の目を見て話せない原因と対策と相手の目を見て話すメリットについてみてきましたが、いかがでしょうか。
相手の目を見て話せない原因の多くは思い込みからきています。相手の立場を考えて、眉間を見るようにすれば、いずれ相手の目を見て話すようになります。
諦めないことが肝心です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム