2019年08月02日(金) 更新

【社会人必見】仕事が遅い人への適切な指摘方法

仕事が遅い人の特徴とは

どのような仕事内容でも共通する仕事のが遅い人の特徴を、まずは一覧でご紹介します。

仕事が遅い人の特徴5つ

  • 無駄口が多い
  • 集中力がない
  • 時間を意識して仕事を進めていない
  • 上からの指示を正確に理解できていない
  • 考え込む癖がある

この5つの中でも一番重要になるのが3つ目の、”時間を意識して仕事を進めていない”ではないでしょうか。よく工数管理という言葉を、ここ数年よく耳にするようになってきましたが、工数管理をすればするほど社員が想像以上に仕事が遅いと気づき、問題視する企業も少なくありません。

仕事が遅い人への適切な指摘方法とは?

仕事が遅い人への適切な指導方法とをご紹介します。

適切な私的方法の流れ

  • 当該業務が通常どのくらいの時間を要するものかを相手に説明
  • それをもとに1時間ごとのスケジュールを相手と共に組む
  • 相手に業務をやらせる(もちろん遅延する)
  • なぜそれだけ時間がかかったのかを一緒に考える
  • 翌日のスケジュールを組む
  • 慣れてきたらスケジュールを自分で組ませ、その内容を毎日共有させる

上記のように、仕事が遅い人とは”一緒に”時間管理を進めていくと良いでしょう。なににどのくらい時間をかけていいのか、どの程度のクオリティを終了ラインにするのか、などはしっかりと説明をしてあげるのがポイントです。仕事が遅い人の多くは、ここをしっかりと認識していないから、迷ってしまい時間を必要以上に要してしまっている場合が多々あります。

仕事が遅い後輩社員を育てるためにあなたが抑えるべきポイント

いかがでしたか?彼らは好き好んで仕事が遅い訳でありません。業務内容への理解が不十分であったり、経験がない分先のことや必要時間などを予想をすることもできません。その点をしっかりと指導者が意識した上で、「こいつは仕事が遅い!」と低評価をせず「早くこいつに時間管理を教え込もう」というつもりで指導をするように心がけてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム