2017年06月28日(水) 更新

後輩が優秀で仕事面で抜かれた場合の考え方

仕事がデキル優秀な後輩がいるのは先輩にとって脅威

優秀な後輩が入社してくることは会社にとっては喜ばしいことですが、仕事がデキル優秀な後輩がいるのは先輩にとって脅威になります。優秀な後輩ができると、会社には良い事でも、先輩にとって喜ばしい事とは限りません。

優秀な後輩に仕事を抜かれた

優秀な後輩が入ってきたのはいいけれど、その後輩は自分の仕事ができるだけでなく後輩への指導や、上司への進言、仕事の効率化をはかるなど、文句の付けどころのない働きぶり。そこまで完璧な仕事を見ると、劣等感を感じてしまいますよね。そのうえ自分が就きたかった仕事でバリバリ活躍してる!なんてことになると先輩としては落ち込んでしまうものです。

優秀な後輩には雑用を頼みづらい

後輩が入ってきたため、自分のしていた雑用を引き継ぎたいけど、優秀な後輩には頼みにくいという悩みもあるようです。優秀な後輩が責任のある仕事をしているのに、業務外の雑用を頼むなんて申し訳なく感じてしまいますよね。

優秀な後輩に仕事を抜かれた時にするべき考え方

優秀な後輩がでてきたら嫉妬してしまうものです。でも嫉妬をしても自分にとって良い事は何1つありません。優秀な後輩に仕事で抜かされた時、嫉妬ではなく、どういう考え方をするのがいいのでしょうか。

優秀な後輩のおかげで仕事が楽になったと考える

優秀な後輩が現れたというのは、会社にとっては嬉しいものですし、自分の仕事を進めるにあたっても助かる事です。ダメな後輩に足を引っ張られて苦労するよりも、断然良い事だと考えましょう。

自分は大器晩成型なんだと考える

人には初めから器用にこなすタイプと、時間をかけて後から伸びる大器晩成タイプがいます。自分は大器晩成型で、後輩は器用なタイプなんだ、と納得させましょう。

優秀さを認めた上で足りないところを補う役に回る余裕をもつ

優秀といっても、経験の浅い後輩です。仕事での優秀さは認めなければいけませんが、後輩に仕事を任せながらも、経験などの足りない部分を補う形で仕事を見守りましょう。仕事を一緒にすることで、後輩に学びながら、指導する事もできます。後輩を認めたうえで、上下関係を保つこともできるため、winwinの関係になります。

優秀な後輩に仕事面で抜かされても自信をなくしてはいけない

後輩が優秀で仕事面で抜かれた場合の考え方について見てきましたが、いかがでしたか?仕事で後輩に抜かされるのはつらいことです。優秀な後輩がいることで悩んだり、落ち込むこともあるかと思いますが、優秀な後輩がいるのは嬉しいことです。仕事で抜かされたからといって、自信をなくさずポジティブに今の立場を活かす方法を考えてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム