事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年03月09日(木) 更新

不動産(仲介)業界の営業の離職率と辞めたい理由

不動産(仲介)業界の営業の仕事内容とは?

不動産(仲介)業界の営業職はお客様に不動産を売ると言う職業上、拘束時間が長く給料も見合ったものではないため、離職率が高い業界となっているようです。ここでは、まず不動産業界の仕事内容について紹介していきます。

不動産に関わる仲介が基本の仕事

この不動産業界の営業職の仕事ですが、簡単にいうと不動産に係るものの仲介役という仕事になるようです。また、不動産業界の営業職の仕事にはいくつか種類があり、土地を売る、商業施設の建設、賃貸マンション・アパート、戸建ての仲介などあります。基本的には賃貸マンション、アパートの仲介営業が多いようです。

例えば、一戸建てやマンションなどの不動産を、親身になったアドバイスでお客さまのハートをつかみ売るというような仕事のようです。

不動産(仲介)業界の離職理由とは?

不動産業界の営業の仕事について紹介しました。ですので、上記で何となくでも仕事内容は把握できたと思います。次は不動産(仲介)業界の離職理由を紹介していきます。一体どんな理由で辞めていくのでしょうか?

会社とお客様との板挟みになるケースが多く仕事でのストレスが離職につながる

不動産(仲介)業界の営業職には、不動産(仲介)業界の営業職ならではの退職理由があるようです。
まず、不動産(仲介)業界の営業職はお客様と距離が近いところに要因があるようです。どういう事かというと、会社とお客様との板挟みになるケースが多いのがこの不動産(仲介)業界の営業職。そのためプレッシャーを感じ辞めて行く人が多いようです。

高いノルマや長い拘束時間などの待遇や給料制度が離職理由に

不動産関係会社では、歩合制での給料が根付いており、そのことが離職理由となっているようです。
不動産業界は昔から、報酬制度での給料体系のところが多く、いまでもその風習は変わっていません。ですので、営業成績の悪い人は稼げません。また、営業のノルマや拘束時間も高く長いのが業界の常識にもなっています。さらに、休める日数が少ない、土日祝日に休めないと待遇面でも付いていけず離職しているようです。

不動産(仲介)業界の営業職の離職率とは?

最後にここで、不動産(仲介)業界の営業職の離職率について紹介していきます。不動産業界の営業職はとても厳しい業界だということは把握できたと思いますが、実際にはどれくらいの割合で離職していくのでしょうか?

3年以内に離職する人が業界で平均5割以上を記録している

不動産業界の離職率は高く、企業によって違いますが3年以内に離職する人の数値が、業界で平均5割以上を記録しています。それだけ不動産業界で働いていくのは厳しい業界だと言えるでしょう。
また、残っているのは固定給が高い幹部職以上で、退職しているのはみな平社員というのが現状のようです、企業によっては、半分くらいの社員が入れ替わることもあるようです。

不動産(仲介)業界の営業の離職率は高く辞めたい理由はストレスや待遇面

今回、不動産(仲介)業界の営業の離職率と辞めたい理由について紹介しました。ここで紹介したように、不動産(仲介)業界の営業職は過酷な労働条件から離職率が高い業界となっているようです。
たしかに不動産業界で稼げる人も多いでしょう。ただし、その業界は厳しく成果が出せない人にとってはかなり厳しい業界のようです。もしも、不動産業界へ転職を考えている人は覚悟が必要ですので、しっかりと考えて不動産業界へ飛び込みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム