事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年11月30日(木) 更新

広告代理店の営業を目指すには?就活生必見の仕事内容・企業ランキング・動向・志望動機例

広告業界とは?

広告業界の会社というと、ほとんどの場合「広告代理店」のことを指します。広告代理店とは、メディアの広告枠を広告主に売り、手数料を得る事業形態をとる企業の全般を示します。また、広告の制作を扱う「広告制作会社」も広告業界の企業となります。

広告代理店の種類を知ろう

広告代理店には3つの種類があります。
「総合広告代理店」
「專門広告代理店」
「インターネット広告会社」
3つを詳しく見ていきましょう。

総合広告会社

総合広告代理店の企業は、ほとんどの人が「広告」と聞いて想像する会社ばかりです。電通や博報堂もこの総合広告会社に所属します。
総合広告会社は、広告主からマーケティング活動を引き受ける会社です。広告主と消費者を繋げるために、様々な広告媒体を利用し、企画から制作まで総合的に手掛けます。

主な企業一覧

  • 電通
  • 博報堂
  • アサツーディ・ケイ
  • 読売広告社

專門広告代理店

專門広告代理店は総合広告代理店と逆に、專門の広告媒体を持っていて、その広告枠のみを売る営業をしています。主に、新聞、テレビ、野外広告など、特定媒体の広告の企画・制作が仕事です。
專門広告代理店は時代と共に、全ての媒体を取り扱う総合広告会社へ変化する場合もあります。

主な企業一覧

  • 読売IS
  • 日本経済社
  • アイアンドエフ

インターネット広告会社

リスティング広告・バナー広告・メール広告など、数多くのインターネット広告を用いて、クライアントのセールスプロモーションを成功させる企業となります。テレビや新聞といったメディアよりも比較的安価な値段でできることから、近年どんどん業績を伸ばしている会社が多いです。

主な企業一覧

  • サイバーエージェント
  • オプト
  • セプティーニ
  • トランスコスモス

広告代理店の仕事内容

広告代理店の仕事は、扱う媒体によって細部が違ってくる場合もありますが、中心となる業務は変わりません。代表的な3職種、営業・クリエイティブ・プランニングを見ていきましょう。

広告代理店・営業の仕事内容

営業はクライアントの直接担当として、課題をヒアリングしながら広告実施までの全ての責任を担います。社内ではマーケティング担当やクリエイティブ担当者、媒体担当など、広告に関わるすべての担当者をまとめる調整役のポジションもこなす必要があります。各人のスケジュールを管理し、コスト、品質維持の責任も担う必要があるでしょう。

広告代理店・クリエイティブの仕事内容

商品や企業を宣伝するため、テレビCM制作・グラフィック広告制作・コピーライティングなどをする職種です。創作性だけでなく、クライアントのニーズを掴み取りながら、その商品やサービスを売り出して行かなくてはならないので、コンセプトの構築力や深い洞察力が求められます。

広告代理店・プランニングの仕事内容

マーケティング戦略に基づいて広告活動を行う為のプランを作成する役割になります。情報収集や調査なども行う必要があり、その結果を広告表現や企画に活かしていく能力も必要となるでしょう。 職種に必要な能力賭して分析的思考能力が必要で、仕事内容的には日々数字と格闘するものとなるでしょう。

広告代理店のランキング

広告代理店がどんな仕事をしているのか確認したあとは、実際に広告を扱う会社はどれだけの売り上げをしているのかを確認して行きましょう。まずは日本の広告代理店の売上げランキングです。

売上ランキング(日本)

広告代理店の売上ランキング(日本)

  • 1位:電通(1兆5,351億円)
  • 2位:博報堂(6,587億円)
  • 3位:アサツーディ・ケイ(3,520億円)
  • 4位:サイバーエージェント(1,421億円)
  • 5位:大広(1,400億円)
  • 6位:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(1,174億円)
  • 7位:JR東日本企画(1,052億円)
  • 8位:東急エージェンシー(954億円)
  • 9位:読売広告社(716億円)
  • 10位:オプト(640億円)

ランキングを見ても分かる通り、電通の売上が群を抜いて高くなっています。また広告代理店は電通・博報堂・アサツーディ・ケイの3社で40%以上を占めており、一種の寡占状態となっています。その他に、10社中3社がインターネット広告代理店という事を見ても、近年インターネット広告の領域が広がっている事を感じます。

売上ランキング(世界)

広告代理店の売上ランキング(世界)

  • 1位:WPP
  • 2位:Omnicom Group
  • 3位:Publicis Groupe
  • 4位:Interpublic Group of Cos.
  • 5位:電通
  • 6位:Havas
  • 7位:博報堂・DY・グループ
  • 8位:Aegis Group
  • 9位:MDC Partners
  • 10位:Epsilon

WWPはイギリスのロンドンに本拠地を置く、広告代理店グループになります。その傘下には世界初の広告代理店であるジェイ・ウォルター・トンプソンがあり、世界の広告市場を席巻しています。しかし、このWPPはグループ全体の売上でのランクインとなります。企業単独の売上では電通が世界1位となるので、どれだけ電通が巨大な企業かを示すランキングともなるでしょう。

広告代理店の気になる平均年収ランキング

広告代理店の平均年収ランキング(日本)

  • 1位:電通(約1,143万円)
  • 2位:博報堂(約1,021万円)
  • 3位:サイバーエージェント(約832万円)
  • 4位:アサツーディ・ケイ(約827万円)
  • 5位:バリューコマース(約590万円)
  • 6位:ゲンダイエージェンシー(約570万円)
  • 7位:クイック(約566万円)
  • 8位:プラップジャパン(約563万円)
  • 9位:共同ピーアール(約550万円)
  • 10位:セプテーニ・ホールディングス(約546万円)

広告代理店の平均年収は総じて高いですが、上位4社はその中でもトップレベルです。電通に至っては、日本にある全企業の中でもトップレベルとなるので、就活生からの人気もかなり高くなっています。また、広告代理店の営業となると手当やインセンティブがつくため、上記の平均年収よりもプラス100万円ほど高くなることが多いようです。

広告代理店の現状は?

広告業界の市場規模は2015年で6兆1,710億円となっています。2007年は、7兆191億円と市場規模がもっとも高かったが、その後は世界的な不況により縮小していきました。しかし、インターネット広告のおかげで、近年は回復しつつあります。

マスメディアの売上は減少傾向

また、メディア別の広告売上推移としては、テレビメディアは広告全体の約3割程を締めており、過去から続く強影響力を維持しています。しかし、ラジオや新聞・雑誌といったメディアに関しては年々減少している傾向にあります。その中でも異彩なのはインターネット広告で、2005年あたりから成長してきた売上規模が今では3倍近い数値になっています。その勢いはまだ途切れることなく、更に成長してきているのが現状です。

世界の広告業界の動向

世界の広告業界も軒並みインターネット広告に対して進出しており、売上高では上位と差があったPublicisが、デジタル広告ではOmnicomを上回っていることもあります。近年、技術が進歩したことにより、広告のパターンや取引方法も幅広くなったため、元々の事業規模以上に成長する企業も多いようです。

これからの広告業界の課題は?

今後の広告業界は、いずれもアジアを中心にした新興国市場への事業拡大とデジタル分野の強化を今後の成長戦略として上げています。 広告は消費者の数が多ければ多いほど市場が大きくなる流れにあるので、中国やまだ手付かずの市場に対して、どのようにアプローチをかけるのかが課題になるでしょう。

意外と知らない!広告業界用語

広告業界は、初めて聞いただけではわからない業界用語で溢れています。また、その用語は仕事中で頻繁に使われるので、新入社員は「先輩の言っていることが分からない」と悩んでしまうこともあるそうです。そんなわかりにくい広告業界用語で頻出の単語を紹介していきます。皆さんはどれだけ分かるでしょうか。

広告業界用語の一覧

広告業界用語

  • RTB:広告枠の入札競争を行い、配信する広告を決定する仕組みのこと
  • アトリビューション:ネット広告などで成果への関与を計測する手法のこと
  • イニシャルコスト:導入時にかかる初期投資費用
  • A/Bテスト:主にWEB広告でwebページやバナーを2種類以上配信して、より効果の高い 手法を模索していくこと
  • エンゲージメント:ブランドに感じる愛着心
  • シズル:企業や商品など対象物の魅力や価値という意味
  • エイヤ:数値や統計に頼らず、経験から決定する
  • DMP:マーケティングデータを統合し、分析して活用するための仕組み
  • マス:テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4メディア
  • メディアミックス:マス媒体を中心に出稿する広告メディアを組み合わせること

英語が多くてわかりづらいという意見多数

上記の業界用語一覧はよく使われるもの中心ですが、なかでも英語3文字や、変わった略し方をしているものがあるので、初めて聞いただけでは分からない単語ばかりでしょう。また、気取った言葉遣いとなりやすいため、一般の人につかってしまうと揶揄される対象ともなってしまいそうです。

もとは機密情報のために

なぜこんなわかりにくい業界用語が広がっているのかというと、広告代理店には機密となる情報が多いためです。クライアントに定時している金額、競合企業同士の広告進行具合、人に聞かれたら大きな損失となってしまう話もあります。 業界用語を使うことで万が一クライアントの社員に聞かれてもすぐには分からないようにしているのです。

広告代理店の就職事情

広告業界は華やかなイメージから就活生にとって人気の企業となります。また、電通・博報堂・アサツーディ・ケイといった企業であれば、メディアと深く関わりながら高収入を得られるため、広告業界のなかでも特に人気の高い企業となります。

上位大学しか就職出来ない?

広告業界は敷居の高さから上位大学しか入社出来ないと思われがちですが、そんなことはありません。確かに上位企業に入るにはある程度の学歴は必要となりますが、他の広告代理店であれば、そこまで高い学歴は必要になりません。
広告代理店で必要になるのは、学歴というよりも体力とコミュニケーション能力です。広告代理店の仕事はどの職種も納期と関係しているため、総じて激務になる傾向があります。また、営業でなくても部署間で意見を出しながら仕事を進める機会が多いため、コミュニケーション能力も必須となるでしょう。

広告代理店はけっこう激務?

広告代理店は華やかなイメージと先述しましたが、実際にはそこまで華やかな部分を感じることはないかもしれません。基本的には残業が多くなってしまいがちですし、どうしても肉体労働の部分が目立ちます。クライアントは多額の金銭を支払っているため、失敗は許されないという大きなプレッシャーもあるでしょう。達成したときのやりがいは何よりも大きいかもしれませんが、そのためには多少自分自身を犠牲にする必要があることも、広告代理店を志望する前に覚えておきましょう。

広告代理店への就職に有利になる資格ってあるの?

就活をしていると資格が有利に働く場合がありますが、広告代理店では働くのに有利になる資格というのはありません。営業であるならば、圧倒的なコミュニケーション能力、マーケティグプランナーは柔軟な思考力、デザイナーならば資格よりも作品が就活で重視されます。ある意味、超実践思考であるのが広告代理店の特徴です。

広告代理店の営業になりたい人が参考にすべき志望動機例

広告代理店の営業として入社したいと思ったとき、重要になるのは志望動機かもしれません。まずは広告代理店から、実際に内定を貰った学生の志望動機を確認して行きましょう。

広告代理店の営業を受ける際の志望動機例①

例文①

  • 貴社の案件ごとでの競争力を高めるという、社員全体の目標の達成に尽力したいと思い志望いたしました。貴社の社員の方を訪問した際に、いい意味での業界2位としての自覚があると伺いました。つまり、一つの仕事においてのコンピテンスを高めることに会社として挑戦していると感じました。その中で、自分の多角的な見方を以って、アイデアに深みを出したいと思っています。 自分が他と違う考え方ができる理由は3点あると考えます。まず、第一に3カ国語を話すこと出来るという点です。これは言語だけではなく、彼らの物事の捉え方を理解しているということだと自負しています。例えば、スペイン語では、愛してるの表現を「君が欲しい」と表現する。といったように一つの事象を様々な方向から捉えられる。 2点目として、世界40カ国を旅し、様々な文化に触れたことも私自身の幅を広げることになったと考えます。 勉学の面で見ても、大学でリベラルアーツを専攻したこともあり、広い分野での知識を取得しています。 これらの理由から、貴社の事業ごとでのコンピテンシーを、自分の考え方の多様性で高めることに挑戦したいです。

広告代理店の営業を受ける際の志望動機例②

例文②

  • 異なるスキルを持つ人達と考えたアイデアで、世の中がハッピーになるキッカケを創 りたいからです。この想いは、学生団体で企業の課題に応えるために、生みの苦しみ と喜びを感じながらアイデアを形にするやりがいを経験し抱きました。それから様々 な企業と関われ、多彩なアウトプットと大規模な影響力を持つ貴社を志望しました。 また、OB訪問で出会った方々は「絶対に負けられない」「自分たちがやらなければい けない」と他社にない圧倒的プライドと使命感を持ち、私もその環境で「目標達成の ためになんでもする」泥臭さを生かし貢献したいと感じました。

広告代理店の営業を受ける際の志望動機例③

例文③

  • 貴社は他の広告代理店にはない、媒体社の機能を持っているため、独自の戦略で課題 解決や新たな価値を生み出せると思い志望しました。入社後は営業として活躍したい とおもっています。クライアントに1番寄り添い、求められる以上の結果を出す営業が 理想だ。また、プロジェクト全体に関わり、チームを統率する職務として、異なるス キルを持つメンバーが最もパフォーマンスを発揮できる環境を作れる営業になりたい 。具体的に、JR東日本という巨大な交通網における消費者データを活用し、クライア ントと共に「移動中の消費者」をターゲットにしたコラボ商品やサービスを開発した いと考えている。そして、消費者を驚かせて、世の中へ大きな影響を与えることが目 標です。

広告業界に未経験転職する際の志望動機

新卒ではなく、転職先として広告業界を選びたいという人も志望動機が気になりますよね。もし同じ広告業界に居たならば、かなり志望動機は考えやすくなるかもしれませんが、全くの未経験だった場合はどうなのでしょうか?例文を見て、参考にしてみましょう。

未経験転職で広告代理店の営業を受ける際の志望動機①

例文①

  • 貴社で人と製品・サービスの出会いを作り出したいと思い、志望いたしました。貴社からさまざまな業界を巻き込んで、大きな規模感のもと仕事をしたいと考えています。私は前職でコンサルティング業務を担当していました。その中で、企業を成長させて行くには「いかに企業を知ってもらえるのか」ということが大切だと痛感しました。 私自身が担当した企業のなかには、「なんでこんなにいい製品が売れないんだろう」と思うものがたくさんあります。しかし、コンサルティングという手段だけでは、製品を売り出すという面で“弱い”と感じる面が多々あることも事実でした。 私は貴社のなかで、まだ世に出ていない商品を消費者に届け、世界を少しでも幸福に近づける手伝いをしたいと考えています。

未経験転職で広告代理店の営業を受ける際の志望動機②

例文②

  • 自分の働きでまだ世間が知らない企業を世に出すお手伝いがしたいと思い、貴社を志 望いたしました。私は食品を扱う商社で、営業を補佐する事務を担当していました。 営業事務自体はとてもやりがいの多いものでしたが、続けていくうちに「自分も最前 線に立ちたい」という思いを強く抱くようにもなりました。 そこで、私が活躍できる業界はどこなのだろうと考えた結果、多くの企業と付き合い、会社内でも綿密なコミュニケーションが取れる、貴社の営業職だろうと思いました。私は事務職なので、社内の方々とも上手くコミュニケーションを取れていましたし、たくさんの企業かの電話対応をしていたので、社外の方とのコミュニケーション能力もあります。 自社サービスを売るという営業は未経験ですが、いち早くスキルを身に着けて貴社の一助になりたいと考えています。

未経験転職で広告代理店の営業を受ける際の志望動機③

例文③

  • 私は貴社独自のマーケティング構造に惹かれて志望いたしました。広告業界は数社に よる寡占状態となっていながら、貴社は業績を着々と伸ばし続け成長し続けていると 思います。その重要な要素となったのは、貴社のマーケティング構造にあると感じま した。貴社のマーケティングは営業が兼任しており、生の意見をそのまま広告に反映 させることが出来ると貴社のホームページで知りました。私も広告作成に対して徹底 的にこだわれる職場で働きたいと感じております。

就活で広告業界の営業を志望する際には自分の魅力を高めてから行おう

広告業界は華やかな印象から、就活生にとって人気の業界となります。これからの動向としては、ネット分野の広告が急速に成長しており、今後の技術革新次第ではテレビ・新聞・ラジオなどのマス広告を売上で抜くことも予想されるでしょう。広告業界全体の課題としては、その技術革新にいち早く対応することが求められるといえます。勉強だけではなく価値観を広げられる体験をしたり、まだ誰もやったことのない分野に挑戦したりすることが求められるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム