2018年10月01日(月) 更新

事務職の採用に有利な志望動機の書き方【例文7選】

一般事務職の仕事内容を大枠で捉える

一般事務といっても、具体的な事務職の仕事内容を知らないという人もいるんじゃないでしょうか。履歴書に一般事務の志望動機を書くには、一般事務の仕事内容を知っていなければなりません。ここでは事務職という仕事はどの様な事をするのか、事務員の仕事内容についてまとめてみました。

一般事務はデスクワーク中心

一般事務の主な仕事は、民間企業や団体組織で、書類作成や電話・来客応対やメール応対、郵便物・宅配物の仕分け、データ集計などの事務作業を行うのが仕事です。一般事務はデスクワーク中心の仕事で、上記以外にも他の社員のサポートを行うなど事務員の業務は多岐にわたります。前職も事務で、また事務に転職したいと思っても会社によっては業務内容がガラッとかわる可能性もあります。

一般事務はオフィスの雑務にも対応したりする

一般事務業務をおこなう事務員はオフィスでの雑事が任されます。ワードやエクセルを使った資料作成・コピーやファイリング、ネットやメール・FAX・電話などの対応、会議準備や議事録作成・お茶出しなどと、具体的にあげるとキリがありません。一般事務には忍耐力や気配りが求められます。

一般事務職の仕事は人へ思いやりがある人に向いている

一般事務の仕事はサポート相手から直接感謝を伝えられることが多いですし、それがやりがいにもなるので、思いやりの気持ちや奉仕精神がある人が事務員に向いています。一般事務は正社員の他にも、派遣で雇っているところも多く、一般事務の経験がなくても採用されることがあるので、事務として働くチャンスがあるのです。

一般事務の仕事への転職を考え始めたら

一般事務の仕事がどんなものなのか分かりましたね。一般事務は人気な職種ですので、転職を考える人もいるのではないでしょうか

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

一般事務志望者に対する採用担当者のホンネ

採用担当者のホンネ

外部環境の変化に対応するため、企業内で求められる仕事もどんどん変わってきています。
そんな中、一般事務職における業務期待も徐々に変わりつつあります。日々の定形業務(ルーチン業務)を正確に行うことはもちろんですが、より生産性を高めるための工夫、より付加価値の高いアウトプットを提案するなど、クリエイティブさが求められるようになっているのです。

また、一般事務の仕事は色々な仕事の行間を埋めるようなポジションになることも少なくないため、コミュニケーション力も重要ですね。
一般事務志望の方には、自分の業務を踏み越えて、相手の仕事内容や業務状況などを積極的に学びに行く姿勢を持っておいて欲しいですね。
企業活動が多様化するなかでは、このような視点を持った事務職の活躍がとて重要になってきていますので。

一般事務職を受ける前に取っておきたいアピールに使える資格

一般事務に転職するにあたって、履歴書に説得力のある志望動機を書くことは、もちろん重要ですが、履歴書の資格欄を埋める事も大事です。資格だったらなんでもいいという訳ではなく、一般事務に有利な資格があります。ここでは一般事務で活かせる資格について見ていきましょう。

一般事務職の履歴書に書きたい資格➀簿記

簿記は一般事務でも役立つ資格ですし、履歴書の志望動機でアピールする事もできます。会社には必ずお金の動きが発生します。簿記とは、お金の動きを記録する仕事です。経理までいかなくても、一般事務は細かい計算力や経営にまつわるお金の知識が必要になるので、簿記の資格を持っていると履歴書の志望動機にも活かしやすくなります。
また、ある程度年齢が高くなってからの事務職への転職であればこの資格があった方がいいでしょう。

一般事務職の履歴書に書きたい資格②秘書検定

一般事務職の履歴書に書く資格として、秘書検定も志望動機に使える資格です。一般事務には社内外の色々な人と関わる機会も多いのでビジネスマナーが必要不可欠になりますが、それは秘書も一緒です。高度なビジネスマナーや社会で役立つスキルの保持者であることを証明できる資格です。

一般事務職の履歴書に書きたい資格➂マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは、WordやExcelなどの実技スキルをマイクロソフト社が認定する世界共通の資格試験です。一般事務をはじめ事務職はWordやExcelを使用する機会が多いので、この資格を持っていると有利です。

事務職の志望動機を履歴書に書く際の例文7選

それでは事務職の仕事内容と有利な資格をみたところで、履歴書に書く一般事務の志望動機について見ていきましょう。ここでは一般事務職の志望動機の例文を集めてみました。この履歴書の志望動機の例文を参考にして、自分なりの言葉にしてください。

事務職の志望動機【例文①】:サポート力をアピール

事務職の志望動機【例文①】

私は一緒に働く仲間が仕事をしやすいようにサポートする事務職が向いていると思い、一般事務職を志望致しました。スピーディーに事務処理をおこない、会社に貢献できるように、考えながら働いていきたいです。業務上のスキルアップに必要な勉強についても、努力を惜しみません。PCスキルを上げるため、毎日のタイピング練習を続けたことで、仕事の質を上げることにつながりました。事務職のエキスパートとなれるよう一生懸命頑張ります。

事務職の志望動機【例文②】:数字好きをアピール

事務職の志望動機【例文②】

私は、学生時代に数学が得意だったことから、経理の仕事に就きたいと思い、簿記のスクールに通い資格を取得しました。その後は、経理事務職に就き、給与計算の業務をおこなっていました。ですが、もっと仕事の幅を広げたく、前職を退社しました。御社ではこれまでの経験を活かし、さらにたくさんの事務業務を学び、経験を積んでいきたいと思っています。

事務職の志望動機【例文③】:事務未経験からの転職

事務職の志望動機【例文③】

前職は違う業界に長くいたため事務職は未経験ですが、パソコンを使ってのコツコツした作業が好きなので興味を持ちました。御社は研修制度も充実しておられますから、経験を重ねて、いち早く即戦力になりお役に立てるように早く成長していきたいと思います。

事務職の志望動機【例文④】:前職の事務経験を活かしスキルアップを目指す

事務職の志望動機【例文④】

以前より幅広い事務業務に従事したいと考えおり、簿記3級等と秘書検定を取得しました。前職でも事務として働いており、電話対応やExcel・Wordを使用した資料作成を担当していました。
前職での経験を活かして、スキルを向上したいと考えて応募させていただきました。前職で身に付いた事務のスキルをを活かして、御社の役に立つ社員を目指していきたいです。

事務職の志望動機【例文⑤】:販売職から一般事務職への転職

事務職の志望動機【例文⑤】

転職前は販売担当をしていました。業務に携わる中で、データ管理の重要性や、コミュニケーションの大切さを学びました。そのほかにも、POPの作成や顧客管理などの業務もあわせて行っていましたので、パソコンスキルについても自信を持っております。
現在は情報処理の資格を取るための勉強に励んでおります。事務職の経験はありませんが、前職はコミュニケーション能力の高さが求められる職業だったため、電話対応等に活かしていきたいです。

事務職の志望動機【例文⑥】:転職で事務職のスキルを身につけたい

事務職の志望動機【例文⑥】

これまで接客や販売の仕事を経験してきました。転職して今後は事務や総務といった接客以外のスキルや経験を身につけたいと思い、事務職へ応募いたしました。前職での経験を活かして、一日も早く御社の戦力になれるよう努めます。

事務職の志望動機【例文⑦】:事務向きの性格をアピール

事務職の志望動機【例文⑦】

私は事務職に向いた性格です。淡々とした作業が好きで、迅速かつ正確でありながら、丁寧な仕事を心がけています。一般的な事務業務はスピーディにこなせる自信があります。また「痒いところに手が届く」行動が得意で営業スタッフをサポートしていく自信もあります。少しでも早く貴社の仕事を覚え、貢献できるよう努めます。よろしくお願いいたします。

事務職の履歴書への志望動機の書き方のポイント

事務職が履歴書に志望動機を書き込むときは、なぜその企業を志望したのかその理由を書き込むようにします。そのためにはその会社の事業内容や社風やビジョンなど、普段の事務業務にあまり関わりにないところまで調べましょう。

なぜその企業を志望したのか書き込む

事務職が履歴書に志望動機を書き込むときは、なぜその企業を志望したのかその理由を書き込むようにします。そのためにはその会社の事業内容や社風、ビジョンなど、普段の事務業務にあまり関わりにないところまで調べましょう。

企業の希望する人材に自分がマッチしていると強調する

事務職を募集しているのであれば、事務としてのスキルが高いだけでなく、その会社に合っている、求める人物像であるという点も重要視されます。履歴書の志望動機では、事務職のスキルが自分にあること、そしてその会社の適性にあっていることをアピールしなければいけません。そのためにも企業研究は重要なのです。

コミュニケーション能力の高さを伝える

事務職の履歴書の志望動機ではコミュニケーション能力の高さを伝えるのも大事です。いわゆる入力業務がほとんどの事務もありますが、一般事務の事務員は電話対応や来客対応といった仕事がメインの場合もありますし、同僚のサポートをする機会も多いです。そのため、事務員の志望動機の中ではコミュニケーション能力の高さを伝えると良いでしょう。

事務職の求人探しや志望動機の添削は転職エージェントにお任せ!

実際に事務職に応募しようと思っても、求人が見つからなければ意味がありません。事務職の求人はあっても、自分が求める条件にマッチしているものでなければ応募に一歩踏み込めないと思います。
そんな人には「転職エージェント」の利用がおすすめです!キャリアカウンセリングであなたのスキルや求める条件を丁寧にヒアリングし、それとマッチする事務職の求人を紹介してくれます。また、難しい志望動機の添削&アドバイスもしてくれるので、一石二鳥ですね。

▼事務職の転職におすすめのサイトはコチラ

事務職の求人探しならハタラクティブがおすすめ

ハタラクティブは事務職の求人を多数扱っています。業界に特化したエージェントとの面談後、あなたにピッタリな企業の事務の仕事を紹介してくれます。また、担当者がマンツーマンでサポートしてくれるので転職活動を進める上で心強いパートナーになるでしょう。
未経験でも事務職を目指すことができて利用も無料なので、ぜひ気軽にハタラクティブのエージェントに相談してみてください!

※ハタラクティブは20代(第二新卒や既卒など)に特化した転職エージェントなので年齢には注意してください。

事務に転職したいなら志望動機は重要!事務職に向いている思わせる書き方をしよう

事務職の志望動機の書き方と例文について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
一般事務職は派遣で働く人も多くいるくらい人気の高い事務員ですからしっかりと志望動機の対策をしておく事が望ましいです。
例文を参考にして自分をしっかりアピールできる文章を作る事が出来ると志望動機にも説得力が出ます。一般事務という仕事柄、やる気や熱意はもちろん必要ですが、それ以上に思いやりや、丁寧さなど、縁の下の力持ちになれるという事をアピールしてください。
事務の志望動機の書き方のコツをおさえて、一般事務の内定をもらいましょう!

▼関連記事

事務職への転職を考えている20代・第二新卒者必見!

関連コラム