2017年07月21日(金) 更新

社内報で注目を集める面白い自己紹介文の書き方

社内報に新入社員紹介文を載せる目的やメリットとは?

新入社員が社内報で魅力的な自己紹介文を書くためのポイントを見ていきますが、そもそも社内報に新入社員紹介を載せる理由・目的とは何なのでしょうか?やはり、新入社員が晴れて入社をするわけですから、どちらの企業も「お披露目」というニュアンスが強いようです。

では、どうしてお披露目を大々的に行うのでしょうか?また、そこにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。新入社員の皆さんは、これらの目的やメリットを知る事でより魅力的な自己紹介文が書けるでしょう。

紹介文を載せることで新入社員の情報が分かる

新入社員の入社を心待ちにしていた先輩社員が知りたいのは、やはり何と言っても新入社員の情報。今回入社する新入社員は、一体どんな人なのか。そういった疑問とわくわくを、先輩社員は心のうちに持っているのです。

そのため、社内報に新入社員紹介を掲載する事で、先輩社員の方から新入社員に対して積極的にアクションを起こしやすくなるようですね。それに負けじと、新入社員からも積極的にアピールしましょう。

自己紹介文を通じて会話のきっかけが生まれる

最初の会話で何を話せばいいのかは、常に難しいと感じる人も多いですよね。そこで、社内報の新入社員紹介で好きな映画や作家、興味のある事業を文章にすることで「あ、この人は○○が好きなんだ」とか「へー、○○が得意なんだ」と、会話のきっかけにつながります。

他には、先輩方への質問や初任給の使い方、自分自身につけるキャッチフレーズなどは、会話の糸口になりやすいです。社報の自己紹介文は一種のPR文ですから、積極的に活用しましょう。

面白い紹介文を書けるとネタになる

社報に載せる新入社員紹介はお披露目の場であり、会話のきっかけづくりなどが主な目的でしたね。そのため、無理に面白くする必要はありません。場合によっては、波風がたってしまうことも考えられますよね。

しかし、もしも入社時の社内報で、面白い自己紹介文・面白い挨拶文を書けたら、しばらく社内で通じるネタになります。PR文でもある社内報の新入社員紹介ですから、もしもネタに出来ることがあれば盛り込んでみましょう。ただし、会社は学校ではありませんので、大人の常識の範囲内で書くようにしてくださいね。

新入社員紹介は真面目・謙虚に!

今回は、社内報に載せる新入社員紹介文を魅力的にする、面白い書き方など紹介していきますが、新入社員らしく基本をおさえた自己紹介ルールを、紹介して、自己紹介文の基本的なポイントについてみていきましょう。

社内報に載せる新入社員自己紹介文の構成とは…

まず、新入社員自己紹介では、新入社員の自己紹介の構成を考えておく事はとても重要です。この構成がしっかりとしていなければ、伝えたい事もしっかりと伝わりませんから、新入社員の自己紹介の構成はおさえておきましょう。

新入社員自己紹介の、全体の構成は下記の通り。

■簡単な自己紹介

■入社を喜ぶ気持ちの謝辞

■今後の抱負について

■支援や指導をお願いする言葉で締めくくる

上記の構成は基本的な新入社員自己紹介の構成になりますので、こういった構成で自己紹介を行えばいい自己紹介になるでしょう。

自己紹介文には実体験やパーソナルデータなどを盛り込むと◎

実体験や自分のパーソナルデータなどを盛り込んでいくようにしていきましょう。
例えば…
学生時代に打ち込んで来たことや現在の趣味などを盛り込んだ新人自己紹介をすると親しみやすさも出て、印象度もグッとUPします。ここで、大事なのは社内報なので、あまりマイナーな趣味などは盛り込まないようしましょう。

社内報における抱負は高すぎない方が無難

繰り返しになりますが、入社したての新入社員の強みはやはり「謙虚さ」ですよね。そのたね「一つ一つの事をしっかりと感謝しながら吸収したい」など、謙虚なコメントを入れると良いでしょう。また、抱負を高く設定したくなる方も多いかと思いますが、社内報では高すぎる目標を明示せず、コツコツ頑張る旨を示した方が無難でしょう。たとえば「慣れないことばかりだと思うので、一つ一つ丁寧に行いたいです」などが無難でおすすめです。

あまりハードルを上げずに抱負を述べた方がいいかもしれないのは、理由があります。せっかく高い抱負を述べたのになかなか思うような成果が出なかったときに「自己紹介文に書かれて勢いは?」なんて言われるかもしれないからです。そういった逆境に身を置きたいのであれば、高い抱負もありですが、基本的には謙虚な姿勢を貫きましょう。

社内報で一歩踏み出して皆の注目を集めたい人に

あまりに型通りの自己紹介では、大勢いる新入社員の中に紛れてしまって、誰にも名前を覚えてもらえない、、なんてことになりかねません。会社全体の人に自分をアピールする、せっかくのチャンスなのです。新入社員紹介で個性をアピールしてみるのも手です。

紹介文は挨拶!社内報では就職のような文章はNG

社内報の「新人紹介」は、就職のための文章ではなく、社内の先輩に対しての挨拶になる事をしっかりと把握しておきましょう。
社内の先輩は「どんな新人だろうか」と社内報を見るだけですが、教科書に書かれてるような、堅苦しい自己紹介は控えましょう。社内の先輩は「貴方を採用するかどうか」で社内報を読むのではありません。少しフランクな文章になっても構いませんので、自分なりのエピソードなどを盛り込んだ自己紹介文にできると良いでしょう。

面白い自己紹介文・ユーモアのある挨拶も好印象

ユーモアのある面白い挨拶も好印象に写ります。社内報での新人自己紹介では、実際の自己紹介とは違い、読み物としての自己紹介になりますので、少し長く自己紹介もできたりしますし、ユーモアも比較的、盛り込みやすいので、是非自己紹介文で、ユーモアを取り入れた文章にしてみましょう。

例えば…
自分の名前であいうえお作文を作って自己紹介をしてみたり、また短所を伝えて自虐的な自己紹介なんかもいいでしょう。こういったユーモアのある挨拶は好印象にもなります。

面白い紹介文は環境の変化をネタにすると良い

地方出身で首都圏に行く場合、あるいはその逆で都心出身で地方に行く場合には、環境の変化に驚いたことを述べるだけでおもしろい自己紹介文になります。

■とてつもない人数の電車待ちの行列に驚いています。
■見たこともない高さのビル群に圧倒されています。
■黒いうどんつゆに動揺を隠せません。
■この街のじめじめした天候をさっぱりした性格で乗り切りたいです。

など、新しい環境に対する驚きや感動を交えて一言添えるだけでも、意外と先輩社員は見てくれるものです。何か一つ自分自身が感じた事柄を含めるのが、面白い自己紹介の書き方です。

社内報で新入社員が書く自己紹介文には堅い文章でなく親しみやすい挨拶や面白い一言を!

新入社員の自己紹介文を社内報に載せる際の魅力的な書き方とポイントについて見てきましたが、いかがでしたか?社内報の新入社員紹介の文章は、先輩社員と新人社員との最初のコミュニケーションの架け橋です。面白い自己紹介文を書ければ、入社後もネタになりますよね。

仮に面白い紹介文でなくても、新入社員の個性が感じられて会話が弾むような、糸口を沢山作ってくれるものに出来るといいでしょう!新入社員は最初が肝心ですので、自分ならではの面白い自己紹介文になるように、良い掴みを得られる書き方をしっかりとおさえておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム