2016年11月29日(火) 更新

電話応対の仕事術!声のトーンで好印象を得るためのコツ

電話応対の印象を良くするコツ①声のトーンは高め

電話応対の印象を良くする方法の1つ目は、声のトーンを高めにする事です。
明るい印象が感じられる話し方が必要です。
対面での応対とはまた違ったポイントがあります。

声のトーンを上げ、相手から明るい人と思われよう

電話応対の印象を良くする方法の、声のトーンをワントーン高めに出す事で相手から明るい人と思われれば、好印象です。今後の人間関係を良好に築くことも出来るでしょう。
いつも暗めのトーンでなかなか応対が出来ない人は、是非、電話応対の時の声をワントーン明るくしてみてはいかがでしょうか。

電話応対の印象を良くするコツ②簡潔に話す事

電話での応対のキーワードは正確・丁寧です。
お互いの時間を費やしているという意識をもち、使う言葉を少し意識するだけで印象はずっとよくなります。

早く伝えるのではなく、正確にゆっくり丁寧に話すのがベスト

相手に早く伝えようとしすぎて、正確さが欠けてしまってはいけません。
大事なのは、相手に必要な情報を明確にする事。きちんと伝える事です。
そのために必要なのは、丁寧にゆっくり話す事です。
情報を間違えて伝えてしまうよりも、ゆっくり正確に話す方が、相手も喜ぶことでしょうね。

電話応対の印象を良くするコツ③見えてない姿勢も意識!

見えていないからといってだらしない姿勢で電話応対をするのはNGです。
明るくハキハキとした口調はよい印象を与えます。
電話応対の印象を良くする方法として、見えてない姿勢も意識して応対するのがベストです。
気を付けて対応して下さいね!

あなたの電話をかける姿勢が、対応に直結する!

例えば、背筋を丸めて足を組んだような脱力した姿勢でかければ、相手にとって電話での応対は適当なものに感じられるでしょう。
あなたが電話をかける姿勢は、相手に伝わります。声のトーンも低くなっているのに気付くでしょう。
背筋を伸ばし、姿勢をただして声のトーンを上げて、電話をかけましょう。
相手も、しっかりした声のトーンのから、「ちゃんとした人だな」という印象を受けるに違いありません。
是非、声のトーンも、かける時の姿勢も意識するようにしてくださいね!

電話応対の声のトーンは一段上げて好印象を与えよう!

電話応対の仕事術として、声のトーンで好印象を得るためのコツは一段トーンを上げる事です。ポイントを押さえれば「また電話をかけたい」と思ってもらえます。仕事での電話に活かしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム