2016年11月29日(火) 更新

大学院卒は就職活動で有利なのか考察

就職活動における「大学院卒は不利」説の真偽は?

「院卒は就職活動で不利になると」いう話は、就活生なら聞いたことがあるでしょう。就活においては、大学卒の方が有利だと考える人もいます。特に文系においては、その傾向が強いです。
就職活動における「大学院卒は不利」説は、本当なのでしょうか?

理系の大学院卒は就活で有利!

理系の大学院卒は、就職に有利です。大手企業の研究職では、大学院卒者しか募集していないところもあります。理系の院卒だと、大学卒よりも就職の選択肢が広がるのです。高い専門性を活かし、研究職に就く人が大半です。

文系の大学院卒は就活において有利とはいえない

文系の大学院卒はどうでしょうか?
「文系なら大学院卒よりも大学卒の方が就職は有利」とよく言われますね。
それは間違いではなく、文系においては、大学院卒よりも大学卒の方が就職は有利の傾向があります。コンサル業界など、文系の大学院卒者を多く採用する企業はありますが、大学院で学んだ高い専門性を活かせる民間企業は少ないのです。ここが文系と理系の最大の違いでしょう。

また、文系の大学院卒者では、そもそも就職活動をする人は少ないと言われています。文系の院卒者は研究職を目指す人がほとんどです。

就職活動において大学院卒が有利になる理由

就職活動において、大学院卒が大学卒よりも有利になる理由は、高い専門性だけではありません。文系理系関係なく、大学院卒には大学卒にない強みがあるのです。

院卒の強みは問題解決能力と深い専門知識

大学院卒の強みとは、問題解決能力と特定分野の専門知識です。
当然ながら、大学院での研究は大学の勉強内容よりも、はるかに深いところまで突き詰めます。そして研究内容を、教授の指導を受けながら論文として仕上げます。

大学院では、受け身でいることは許されません。自分で仮説を立て、検証する方法を考え、実行、結果の考察、そして次は何をするかまで、すべて自分で考えなければなりません。
このような問題解決を、修士課程なら2年間、博士課程なら3年間行います。研究のために、かなりの量の文献を読み、研究分野について勉強しなければなりません。さらに英語の文献しかないこともよくあるので、院生には英語を読むことに抵抗のない人が多いのです。

大学院で研究に取り組むことで、問題解決の過程を多く経験し、そして深い専門知識を蓄えることができます。
問題解決能力と専門知識を求める企業は、大学院卒者を積極的に採用するのです。

大学院卒が不利になるケースとは

文系理系関係なく、大学院卒が不利になるケースがあります。それは、コミュニケーション能力が低いケースです。
大学院卒で問題解決能力が高く、深い専門知識を持っているとしても、コミュニケーション能力が低いと、就活では不利になります。「コミュニケーション能力が低いから研究内容で勝負する」という就活対策は、あまり効果が期待できないのが現状です。

コミュニケーション能力が就活を左右する

大学院卒の就活で大切なのは、研究内容だけをアピールするのではなく、それに加えてコミュニケーション能力や成長意欲などのポテンシャルを感じさせることです。

研究内容について難しい専門用語で説明されると、頭が良いという印象を受けます。しかし実際は、採用担当者が院卒の就活生同様の知識を持っていることは、ほとんどありません。知識のない人に難しい言葉で研究内容を語っても、何も理解してもらえないのです。

重要なのは、自分の研究分野に明るくない人に、研究内容をわかりやすく説明することです。そのためには、基本的なコミュニケーション能力が必要不可欠。
文系理系に関係なく、コミュニケーション能力の有無が就活を左右します。

大学院卒は就職活動で不利ではないがコミュニケーション能力で左右される

大学院卒は就職活動で有利なのか、考察しました。
文系の大学院卒は、就活に決して有利とは言えません。しかし、文系理系問わず、大学院卒には問題解決能力と深い専門知識という強みがあります。文系の大学院卒を積極的に採用する企業もあります。
最終的に就職活動を左右するのは、コミュニケーション能力です。ハイレベルのコミュニケーション能力が必須、というわけではありません。大学院での研究内容を、その分野に明るくない人にもわかりやすく説明できる力が必要なのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム