事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

退職をスムーズに!1ヶ月前のスケジュール調整のコツ

退職のコツ:スマートに上司に退職の旨を伝える

スケジュール通りに円満に退職するためには、きちんとした段取りを踏むのが大切です。転職先などが決まり、退職を決意したら希望のスケジュール通りに退職できるよう、退職する旨を会社に伝えましょう。

最初に退職意思を伝える相手は直属の上司 

まず、ここは守って欲しいのが、最初に退職意思を伝える相手は直属の上司にしましょう。これが、一番波風を立てずに円満に退職するための基本です。
自分がちゃんと話す前に上司の耳に入るとモメる要因にもなり兼ねません。ここに関しては、気をつけていきましょう。
直属の上司であれば、あなたの仕事内容やプロジェクトの進捗状況なども把握しっているでしょうから、自分の組んだスケジュールをあまり変わらない退職までのスケジュールを提示してくれるでしょう。

退職のコツ:退職届は1ヵ月前に提出する

退職のコツとして、退職届は1ヵ月前に提出することは重要。
上司から退職の同意が得られたら、退職日を決め、退職したい日の1ヵ月前に退職届を出しましょう。上司との話し合いで退職が決まったとはいえ、正式な書類である退職届は1ヵ月前には出しておいた方が安心です。

会社の就業規則では1ヵ月というのが退職届の提出では一般的

会社の就業規則では1ヵ月というのが退職届の提出では一般的です。
法律的には、民法上で、退社、つまり労働契約の解除については、書類(退職願・退職届)の提出から14日後で大丈夫ではありますし、就業規則より法律の方が本来は優先されます。
しかし、しっかりスケジュールを組んで退職に進むのであれば、就業規則に則ったスケジュールにした方がもちろんベターです。就業規則で退社日について1ヵ月前に申告することというのが一般的ですし、円満に退職するためも1ヵ月前に退職届を提出するようにしましょう。

退職にあたっての有給休暇の消化

有給休暇は、労働基準法によって取得が義務づけされている法定休暇です。未消化のまま退職しても会社に有給休暇を何かしらの手段で補填するといった義務はありませんので、できるかぎり消化したいですよね。
有給休暇の消化も目指す退職であればスケジュールの組み立ては1ヵ月前よりもさらに前から行わないといけません。

有給休暇については早めに申請または相談しておく

有給休暇は個人の権利です。退職届を提出した後でも申請はできますが、退職日までに取得する方がトラブル回避になるのでいいでしょう。
なぜならば、会社規定で前日までに申請をすればいいことになっている決まりがある場合には会社の規定を守らなければいけない可能性もあるからです。
有給休暇は最大40日までなので、人によっては1ヵ月どころか2ヵ月近く取得できる人もいます。その場合には退職を決意し、スケジュールを立てる前に有給が何日あるのか確認するところから始めた方がいいかもしれません。
1ヵ月、2ヵ月休めれば資格の取得や新しい仕事の勉強もそれなりにできるでしょう。

退職届を退職1ヵ月前に提出するなどスケジュールはしっかり組み立てて!

いかがでしたでしょうか。
退職のコツとして、上司に相談⇒退職届の提出というスケジュールを1ヵ月にするのが重要です。退職届をいきなり出したり、会社の不満を言って辞めて行くとなると円満退職になりません。
有給休暇が1ヵ月、2ヵ月と余っている方も結構いるでしょうから、しっかり消化して退職できるスケジュールを組みたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム