2017年09月22日(金) 更新

誕生日に上司から部下へ贈りたいメッセージの例文集

上司と部下の関係だからこそ誕生日をメッセージで祝おう

仕事は1人では成り立ちません。一緒に作業をこなして支えてくれる部下がいるからこそ成り立つものです。大切な部下の誕生日には、上司として祝福の言葉を贈るようにするといいでしょう。
部下との関係性などを考慮した内容にする必要がありますね。適度な距離感を保ちつつ、感謝の気持ちが伝わる内容の例文を紹介します。

【誕生日のメッセージを部下に贈るなら】少し真面目なテイストで

部下の誕生日に贈る手紙やメールでは、上司らしく少し真面目に、固い雰囲気の文面にしてみるのもよいでしょう。上司らしくといっても解りづらい部分もあると思います。それでは部下への誕生日の手紙・メールの例文を見ていきましょう。

部下への誕生日メッセージ①愚痴の相手に

お誕生日おめでとう。
いよいよ○○歳になりましたね。
お互いに歳を重ねてきました。これまでの積み重ねを大切にし、充実した人生にしていきたいですね、。

部下への誕生日メッセージ②頑張っている姿を褒める

祝☆○○歳
いつも頑張っている様子を見ていると、とても頼もしく思います。これからも変わらずにいてください。

部下への誕生日メッセージ③シンプルに

お誕生日おめでとうございます。
あなたにとって新しいことがおこる、可能性のある1年にしてください。毎日が幸福な日々であることを心より願っています。

部下への誕生日メッセージ④女性には尊敬を込める

お誕生日おめでとうございます。
仕事への取り組み方や細かな気遣いなど、いつも尊敬の眼差しで見ています。新しい年を迎え、今後の更なるご活躍をお祈りしています。

部下への誕生日メッセージ⑤異動になった場合

お誕生日おめでとうございます。
入社してからの〇年間、私の部下として働いてくれてありがとう。ときには厳しいことも言ったけど、立派に成長してくれてうれしかったです。新しい部署に異動しても、活躍を祈っています。

部下への誕生日メッセージ⑤退職間際の場合

お誕生日おめでとうございます。
中途で入ってから〇年間、一緒に業務を続けてきましたね。影ながら私を支え続けてくれてありがとうございます。新しい門出を祝福するとともに、よき1年になるように祈っています。
今までありがとうございました。

【誕生日のメッセージを部下に贈るなら】頑張りを褒める内容を

上司の方はまず、お誕生日おめでとう、またはハッピーバースデーといった定番のフレーズで、部下へお誕生日のお祝いを伝えます。

次に、部下へ誕生日の手紙・メールでメッセージを贈る際には、頑張っている事を褒める文を添えましょう。上司に褒められると部下は嬉しいものです。その頑張りをたまには認めてあげましょう。

部下を労うメッセージ①歳を重ねた事による成長を期待

誕生日おめでとう。
いつも頑張っている姿が印象的です。
新しく歳を重ねたことで、より一層の活躍と成長を期待しています。でも、頑張りすぎて体調を壊さないように気をつけてくださいね。

部下を労うメッセージ②今後も成長を願う

Congratulations!

誕生日おめでとう。
今後もさらに成長していってくれる事を願って、このぬいぐるみを贈ります。
ますます素敵な1年にしてくださいね。

部下を労うメッセージ③存在に感謝

お誕生日おめでとうございます。
〇〇さんが私の部下でいてくれて、本当に良かったと思います。
いつも迷惑ばかりかけてしまい、申し訳ないくらいに。
新しい歳を迎えることで、より一層の成長を期待ています。
これからもともに業務に臨んでいきましょう。
よろしくお願いします。

【誕生日のメッセージを部下に贈るなら】手紙・メールで喜ばれる例文

手紙・メールに最適な丁寧な印象の例文です。上司のみなさん、この例文を参考に、ぜひ部下の誕生日にメッセージを贈ってみてはいかがでしょうか。

誕生日に添えるメッセージ例文①男性としての魅力を伝える

誕生日おめでとう。
〇〇歳を迎え、●●くんも渋みが増してきましたね。
それと一緒に男性としての魅力も出てきたと思います。
今後もすごく楽しみにしているので、がんばってみてくださいね。

誕生日に添えるメッセージ例文②お疲れ様の気持ちを

誕生日おめでとう。
いつも遅くまでお疲れ様です。
これからもその向上心を忘れずに、自分の道を突き進んでくださいね。
でも、体調管理だけは忘れてはいけませんよ。

誕生日に添えるメッセージ例文③ありがとうの気持ちを

誕生日おめでとう。
女性のプレゼントは良くわからないので、妻に選んでもらいました。
いつも細かな心遣いをありがとう。

誕生日メッセージを上司から部下へ贈るなら、がんばりを褒めると◎

部下の誕生日に上司が送りたいメッセージを、例文を交えて見ていきましたがいかがでしたでしょうか?普段は、なかなか部下を褒める機会はなくても、せっかくの誕生日ですから、いつも思っている褒め言葉を手紙やメールで表してみてはいかがでしょう? 心のこもったメッセージにきっと部下も喜んでくれることでしょう。

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68