2017年01月16日(月) 更新

会社員が入社後に結婚するまでの一般的な期間【男女別】

男性会社員が入社後に結婚するまでの一般的な期間とは

ではまず、男性会社員が入社後に結婚するまでの、一般的な期間から見ていきましょう。
男性は寿退社というものが慣習として確立されている女性と違い、一家の大黒柱として働き続けるのが常だと考えられています。
そのため、「入社後に仕事が慣れるまでは結婚したくない」「この先長く勤めたいと考えているので、会社に迷惑にならないタイミングまで結婚は待ちたい」などを考慮する人もいるはず。
そうすると、やはり入社後ある程度年数が経ってからの結婚になるのでしょうか・

仕事の忙しさが読めず結婚は最低でも入社後3年待つのが一般的

男性会社員の多くは、「自分がどれだけの仕事を任されて、どれだけ忙しくなるのか読めない部分がある」と考える人が多く、結婚は何年目か?という問いに対しては、最低でも入社後3年は控えるのが一般的なようです。
確かに、入社後すぐは仕事の忙しさなどは想像がつきませんし、長年勤めるに値しない会社も世間にはあるのが現実です。
入社後、明日のことはどうなっているかわからない、という考えが根底に慎重になるのが男性会社員の結婚に対する考え方ともいえそうです。

女性会社員が入社後に結婚するまでの一般的な期間とは

それでは次に、女性会社員が入社後に結婚するまでの一般的な期間について見ていきます。
女性会社員は、多くの職場では入社と寿退社や産休というものがセットで考えられており、結婚に対する周囲の目も寛容であるようです。
ですので、入社後に何年目で結婚するかは、ある程度男性会社員よりは早くなるのが一般的なのでしょうか?

女性会社員は早くて2年目で結婚も! 一般的には入社後3~5年

先ほども述べたように、女性会社員は多くの職場で入社と寿退社や産休というものがセットで考えられています。そのため、早い人は入社後2年目で結婚する方もいるようです。
ただし、そういった場合でも新卒で入社した1年目での結婚は避けるのがマナーです。
理由としては、結婚式や披露宴に呼ばれるのは、思った以上にお金と手間がかかるもの。いつまで仕事が続くかわからない人のために、その労力を使いたくないと考える人も世間には多いのです。
とはいえ、正社員として働いて責任感を持ち、結婚資金も十分に貯まったとなると、入社後に何年目で結婚したかという問いには、平均で3~5年程度かかるようです。

但し仕事を続ける場合は産休は3年目以降に取るのがマナー

女性会社員は入社後の結婚は男性会社員より早いとは述べましたが、もし仕事を続ける場合で産休を取るのであれば、出産は入社3年目以降にするのが一般的なマナーといわれています。
なぜなら、さすがに入社3年以内に産休となると、「仕事をする気があるのか?」と厳しい目で見られる場合があり、3年勤めると仕事に対する姿勢や周りの見方も変わるからです。
周りの目が気にならない人であれば別ですが、何年目に結婚するかという点と合わせて、十分留意しておきたいですね。

入社後、何年目に結婚しているのか? 答えは男女ともに3年目以降が一般的!

今回は、何年目が一般的? 入社後に結婚するまでの期間【男女別】と題して、社会人が結婚するまでの一般的な期間について見てきました。
結論としては、女性社会人は2年目と早いタイミングで結婚する人もいるようですが、男女ともに入社後3年程度は期間をかけるのが一般的です。
その理由は、「仕事の忙しさがわからない」「周りとの関係」など、様々な要因があるようですが、いずれにしても労働者も企業側も何年目の結婚であれば許容されるのか?と考えた際は、一般的な見方は「3年目以降」がひとつの指標になりそうです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム