2016年11月25日(金) 更新

男のロン毛とヒゲが与える社会人としての印象

男性社会人のロン毛

職場での男性のロン毛は、職種などにもよりますが、容認しているところははっきり言ってしまえば少ないのが現状です。
やはり、誰からみても爽やかな恰好というのが大切になります。

まずは会社に溶け込んでOKかどうか観察を

男性社員のロン毛が容認されているのはITエンジニアやマスコミ&姿をみせない内勤くらいで、通常、男性のロン毛はITエンジニアかマスコミ系でないと無理です。更に新人では「できる/できない」を自他一致で認識できないので、まず普通に溶け込んで観察する事は必要です。

男性社会人のヒゲ

男性はヒゲをはやしているだけで印象が大きく変わります。
そして、清潔感がないと思われる事もあり、職場でヒゲを容認しているところは一部の職種を除いてないと言えます。

ビジネスマンのヒゲは基本NG

男性のビジネスマンは、基本的に髭(ヒゲ)は全面的にNGです。おしゃれなヒゲであってもデザイナー・芸能関係などの特殊な業界で働いている方以外は避けるべきです。特に新人の場合は良い印象で見られる事はまずありません。

男性は「清潔感」を大事にすべき

男性が最も大切にすべき事は「清潔感」です。
その中でもヒゲの手入れは男性の宿命。電気カミソリを通勤カバンに入れておくと、うっかりそり忘れたときに安心できそうですね。

男女問わず、身だしなみを整える事は、社会人にとって大事なマナーです。相手にいい印象を与えられるよう、男性はヒゲにも気をつけた方が良いでしょう。

男性の身だしなみで人の印象も変わる

男性の身だしなみは、ヒゲや髪型だけでなく、体臭や口臭、ファッションと気にするところが多くあります。身だしなみで人の印象が下がってしまうのは、男性も女性も共通なのです。できる限り、日常的なケアを怠らないようにしましょう。

常に見られているという意識を

男性は、身だしなみの中で特に注意が必要なのが口臭です。
口臭は女性相手だけではなく、日常生活でも最大のNGです。
歯磨きは一日最低朝晩2回。マメな人は職場に歯ブラシを置いて、ランチ後も磨きましょう。
また、リステリンのようなマウスウォッシュも習慣化をおすすめします。

男性のロン毛とヒゲは「清潔感がない」と見られる

男性のロン毛やヒゲは、相手に対して「清潔感がない」といった印象を与えてしまい、ビジネスマンなら悪い印象を与えてしまう為、職場でも受け入れられ難いです。
しかし、職種によってはヒゲやロン毛もアリなので、そういった身だしなみは職場の周りを観察し、OKそうであればやってもいいでしょう。
あくまで自己判断でやらない事が重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム