2016年11月29日(火) 更新

英語が必要な仕事4つ【国内外編】

海外には英語が必要な仕事は多い

英語が必要な仕事というわけですから、海外に多いのは当然です。グローバル化が進む中、英語はもはや必須のスキルになてきています。それに伴って、英語が必要な仕事も増えてきています。では、海外の英語が必要な仕事には、どういったものがあるのでしょうか。海外で英語が必要な仕事として、ここでは代表的な2つをご紹介します。

海外で英語が必要な仕事①:通訳

海外で英語が必要な仕事として、やはり代表的なのが通訳です。通訳には、様々な言語を話せる必要があります。しかしその中でも、やはり英語は必須の言語です。英語が必要な仕事として頻繁に挙げられるのは、それだけ需要があり仕事も多いからだといえるでしょう。英語が必要な仕事として、通訳は真っ先に頭に置いておきたいですね。

海外で英語が必要な仕事②:翻訳

英語が必要な仕事として、もう1つ挙げられるのは翻訳でしょう。こちらもメジャーともいえる英語が必要な仕事です。通訳とは違い、英語を日本語や他の言語に訳す、もしくは逆に訳すのが主な仕事になっています。リスニング力は問われないものの、相当な読解力が必要な仕事といえるでしょう。

国内にも英語が必要な仕事はある

英語が必要な仕事というのは、もちろん国内にもあります。とはいえ、英語が必要な仕事は、必然的に国際的なものになると連想しがちですがよね。しかし、実はそうでない仕事もあるのです。ここでは、国内のみで働けるものと、国際的に活躍するものとをご紹介したいと思います。

国内で英語が必要な仕事①:教師

国内で英語が必要な仕事として、代表的なものが教師です。英語の教師は、子供たちに対して英語を教えます。これは決して国際的ではありませんが、毎日英語が必要な仕事です。英語の教師も免許が必要ですが、それ以外にも自身の英語力を高めておく必要があります。教える立場になるわけですから、中途半端な実力では仕事を務められませんよね。

国内で英語が必要な仕事②:貿易事務

国内で英語が必要な仕事には、貿易事務というのも挙げられます。貿易事務は、総合商社やメーカーの海外事業部などをベースにして、輸出入の事務に携わるのが仕事です。海外と直接取引をするわけですから、英語が必要な仕事といえます。専門的な知識も必要なため、ビジネス英語も網羅しておくべきでしょう。

英語が必要な仕事には「通訳」「翻訳」「教師」「貿易事務」などがある

英語が必要な仕事を、国内外に分けて4つご紹介しました。いかがでしたか?英語が必要な仕事には、通訳や教師などが挙げられます。しかし、ここで紹介した英語が必要な仕事はほんの一部にすぎません。探せば、英語が必要な仕事はたくさんあります。自分のやりたいことと照らし合わせながら、英語が必要な仕事で活躍していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム