2017年01月16日(月) 更新

平服で結婚式の招待にスマートに出席する方法

結婚式には礼服で出席するのがベター

平服とは、普段着の意味ですが、結婚式の招待状に「平服で」とあった場合には、その通りの意味にとらえてはいけません。本来、結婚式に招待されたときには、礼服を着て行かなければいけません。男性の場合はモーニングやタキシード、女性の場合はドレスです。しかし、友人や会社の同僚などでは、招待する側も「わざわざ礼服を着て来てもらうのは申し訳ない」と考え、平服と記載することが多く見られます。

平服とは普段着ではなく略礼装

招待状には「礼服でなくてもかまいませんよ」という意味で「平服でお越しください」と書きます。これは、「礼服でかまわない=略礼装(改まった場所に出ても恥ずかしくない格好)でよいですよ」という程度の意味です。つまり、平服を字義通りにとらえ、普段着を着ていってはマナー違反となるのです。

男性が結婚式に招待されたときの平服はスーツ

男性が平服の結婚式に招待されたときは、スーツで行くのが普通です。スーツはダークスーツかブラックスーツがよいでしょう。合わせはダブルでもシングルでもかまいません。シャツは白のレギュラー、ネクタイは慶事用の白かシルバーのものを選びましょう。ブラックスーツの場合は、蝶ネクタイをつけることもできます。

スーツはブラックスーツにポケットチーフ

結婚式場や披露宴会場で、ビジネススーツとみられないためには、ポケットチーフが欠かせません。結婚式のときは、白のポケットチーフ(できればシルク製のもの)を胸ポケットに入れておくようにしましょう。また、ブラックスーツに白ネクタイが礼服や略礼装として通じるのは日本の中だけです。海外では通用しないので、海外の結婚式に参加するときは注意しましょう。

女性が結婚式に招待されたときの平服はワンピース

女性が平服の結婚式に招待されたときは、ワンピースで行くのが普通です。デザインに決まりはありませんが、裾が短すぎたり、生地が綿であったりというようなカジュアルすぎるものは避けましょう。また、結婚式では新郎新婦が主役です。なので、新婦のドレスの色とかぶらない色のワンピースで行くのがマナーとなっています。

ワンピースの色に注意する

ワンピース選ぶときは、白やお直し用のドレスの色は避けましょう。ドレスの色については、事前にリサーチしておくとよいです。また、黒のワンピースも避けましょう。黒は弔事を連想させるため、結婚式の場にはふさわしくありません。足元はパンプスを選びます。ミュールやサンダルは、平服の結婚式であっても、マナー上ふさわしくないのでやめましょう。

結婚式に招待されたときの平服はブラックスーツとワンピースを選ぶのが一般的

以上が、結婚式に招待されたときの平服の意味と恥をかかない方法についてです。男性の平服は、ブラックフォーマルと白のネクタイを用意しておけば大丈夫です。女性は、結婚式用のワンピースを一着持っておくと安心です。結婚式用のワンピースを何着も買えないという方は、新婦のドレスとかぶりにくいベージュやピンクベージュなどの落ち着いた色のワンピースを選ぶのがおすすめです。"

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム