2017年07月24日(月) 更新

社員寮・独身寮の意外な落とし穴!?絶対知るべきメリット・デメリット

社員寮は何のためにあるものなのか

企業によっては、社員寮があるところもありますよね。しかし、社員寮とは何のためにあるものでしょうか?実はこれには種類、特徴などで、いくつか分けられているのです。ポイントを押さえて、社員寮を探す時に役立てましょう。

社員寮は福利厚生の一環

企業によっては、福利厚生の一環として、従業員に社員寮を提供している場合があります。未婚で一定年齢以下の従業員を対象に、「独身寮」と呼ばれる建物・施設が設置される場合が多いです。これに準じて単身赴任者を対象とした「単身赴任寮」が設置されている場合も多く、休日に家族を呼び寄せ可能な構造となっている場合もあります。

「社宅」と「社員寮」は明確な違いがない

「社宅」は世帯向け、「社員寮」は単身者向け、というイメージがありますが、どちらも含めて「社宅」と呼ぶ事もあり、明確な違いはないようです。また社宅は、土地も建物も企業名義の「社有社宅」と、企業が賃借契約して従業員に社宅として提供する「借上げ社宅」の2つに分けられます。 近年、同じ職場の人がご近所さんになりがちな、社有社宅は敬遠され、普通のマンションと同じ感覚で自由に暮らせる借上げ社宅が人気を集める傾向にあります。

社員寮に入るメリット3つ

社員寮は社員の福利厚生の一環として与えられるものだという風に見ていきました。
その社員寮ですが、実は様々なメリットがあります。どんなメリットがあるのかをチェックし、自分に合っているかどうかをみましょう。

メリット①家賃が圧倒的に安い

社員寮のメリットのひとつに、家賃の安さというのがあります。
会社の社員寮は、他に比べて圧倒的に家賃が安いです。寮費1万円というところもあるため、特に社会に出てすぐはお金に困りがちなので、家賃が安く済む社員寮は圧倒的なメリットです。

メリット②水道光熱費が含まれていることがある

社員寮のメリットとして、水道光熱費などが家賃に含まれる場合もあります。また、エアコンなどの設備がついていれば、購入する必要がなく負担も少ないですね。まかないつきの職場であれば、 食費まで浮かすことができます。引越代金や敷金礼金などの転居費用を負担してくれる企業もあります。

メリット③見知った人が近くにいる

社員寮のメリットとして、悩みが出てきた時に、一人暮らしでは煮詰まって孤独になる事もありがちです。 しかし、社員寮であれば見知った顔の人が近くにいるのでそのような心配もありません。もしかしたら、同じように悩んでいる同期もいるかも知れません。社員寮は、悩みを話せる人が近くにいるという事もメリットの一つと言えるでしょう。

社員寮に入るデメリット2つ

金銭的に優遇される社員寮はメリットが多くありましたね。しかしそんな社員寮でも、デメリットがあります。どんなデメリットがあるのかを調べて入寮するかどうかを決めましょう。

デメリット①プライベートの切り替えが曖昧になる

職場の人がご近所だったりお隣だったりすると、コミュニケーションが深まるメリットもありますが、プライベートとの切り替えが曖昧になってしまうデメリットもあります。「オフタイムは仕事を忘れたい!」という人にとっては、「社有社宅」か「借上げ社宅」かも重要なポイントですね。

デメリット②社員寮が古い・汚い

社員寮のデメリットとしては、やはり「古い・汚い」という部分です。そして、その他のデメリットとしては、社員寮や社宅ならではの規則や奉仕活動なども煩わしいと感じている人が多いですね。会社で、部屋の汚さなどといったプライベートな情報が、噂話として広まる可能性もあります。

社員寮に住むメリットとデメリットをおさえて入寮をしよう

社員寮のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか。社員寮は圧倒的に安いですし、設備がしっかりしているところも多いですが、仕事とプライベートを分けられない部分も多いので、自分一人の時間を確保したりするといった事が難しくなってしまいそうです。社員寮のメリットもデメリットも分かった上で、入寮を決めていきましょう!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム