2016年11月29日(火) 更新

職場に同世代がいない場合の孤独な人間関係の改善法

孤独であっても職場は学校ではない

たとえ、職場で孤独になっていても、職場は学校ではないという現実を理解しましょう。意外とその事実をはきちがえている人は多いものです。会社は仕事をする場であって、友人を作る場ではありません。

職場でもサークルの気分でいてはいけない

今までずっと同じ年、もしくは近い年の友人と一緒に学校に通っていたのであれば、同世代としか話したことがないというのも仕方がないです。しかし、社会人ですので、職場でもサークルなどの気分でいてはいけません。
同世代だけと慣れあえる期間は、学生だけなのです。

同世代のいない人間関係のメリット

物は捉えようで、同世代がいないからこそ気付いたり得られたりすることもあります。まずはそこに気付きましょう。同世代だけの人間関係をこのまま維持できるわけでもありません。

人生について色々参考になる

同世代だけの人間関係だと、自分よりも上の意見などに触れる機会はあまりありません。
同世代のいない人間関係では、人生を長く生きている分、困難の乗り越え方や仕事と家庭のバランスの取り方など、人生について色々参考になることもあるはずです。

自分の価値観を知ることができる

同世代がいないため、自分について知ることができます。
また、同世代だけでは知れなかった、文化・国・仕事などの環境など、違いが大きければ大きいほど、自分の価値観がどうであったかに気付くことができます。

職場での人間関係のコツ

職場の人間は、必ずしも同世代とは限りません。むしろ、同世代がいない場合の方が高いです。
職場で孤独だからと、転職する方法もありますが、人間関係を作るコツを押さえることから始めましょう。

職場の公式行事に参加しよう

職場の同僚といい関係を築くとっかかりとして、会社で行われる忘年会などの飲み会や、公式行事に積極的に参加することで、交流を深められます。
社員数の多い会社であれば尚更、普段は関わりのない社員との交流をすることができます。
逆に、全ての付き合いを断ることは、人間関係でより孤独になるほか、悪化させてしまう要因の一つとなってしまうため、同世代がいないことで孤独を感じている人・また、人付き合いが苦手な人でもせめて公式行事には参加した方が、孤独にならなくて済みます。

職場に同世代がいない時は会社の行事に参加しよう

職場に同世代がいない場合の孤独な人間関係を改善するには、会社の行事に参加することが手っ取り早いです。
また、職場に同世代がいないからといって、落ち込む必要はありません。
むしろ、同世代がいないことで色々な考えなどに触れることができるため、職場に同世代がいないというのはいい機会だと思っておくことで、自身のスキルアップにも繋がります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム