2017年06月30日(金) 更新

留学前にしておくこととは?後悔しないための方法

留学する前にしておくこと①お世話になる先へ挨拶

留学前にしておくこととして、お世話になる先へ挨拶を済ませておきましょう。ホームステイ先やダイレクターやカウンセラーへの挨拶は留学前に済ませ、事前にコミュニケーションをとっておくことでこれから行く先の居心地を少なからず良くしてくれるはずです。

留学先の言語でメールを送ろう

真剣に留学を考え、英語、または留学先の言語や文化を学ぶ気があるなら、留学前のメールは、アピールになります。お世話になる学科のカウンセラーなどの名前とメールアドレスはこのご時世、簡単に調べることが出来ます。是非、その方へ、ご挨拶のメールを送ってアピールをしましょう。

ホームステイ先には手紙がオススメ

留学する際、まずはホームステイを選ぶ方が多いと思います。これは留学先での初めての「コミュニケーション」の場となり、居心地を良くするのも悪くするのもあなた次第で決まります。留学前にしておくこととして、心のこもったレターを送ると、ホームステイ先の人達も会えることを楽しみにしていてくれるでしょう。

留学する前にしておくこと②後悔しない為に勉強

留学前にしておくこととして、後悔しない為にも英語の勉強はしっかりとしておくべきでしょう。もちろん、現地でも学ぶことは出来ますが、ある程度知っておかなければ、留学に慣れるまでとても苦労して、もっと勉強しておけばよかったな、と後悔をします。出来ることはしっかりとやっておいた方がいいです。少なくとも、発音やよく使う単語・挨拶は覚えておく必要があります。

発音の勉強はとても大切

留学前にしておくこととして、単語を覚える前に、まずは発音を学びましょう。発音はすぐに上達するものではありません。留学中の発音自体は先生が直してくれる場合もありますが、留学前にしておくこととして、まずは英語と日本語の違いを知り、発音記号を読めるようになりましょう。

よく使われる単語・挨拶を覚えておこう

留学中は、スピーキングの向上に時間を使わなければなりません。そのためには、日本でできるだけ単語をインプットしておかないと、せっかく留学に行っても最初の方は話せずに後悔してしまいます。また、よく使われる挨拶や、交通機関を使う時に必要な言葉を覚えておけば、ある程度の生活で苦労はしないはずです。

単語と平行して文法を覚えると語学力UP!

留学前にしておくこととして、単語と平行して文法の復習をしておきましょう。文法は覚えた単語を組み立てて文にするための骨組みです。いくら単語を覚えても、文法知識がないと、自由に文を作ったり上手く話すことは出来ません。そして、文法は留学中にもっとも伸びにくいスキルです。留学で学ぶ語学学校には、文法の授業がない学校も多く、文法を英語で説明されるよりも日本語で学ぶほうが日本人にとって、理解度は高いのです。

留学する前にしておくこと③目的を再認識

留学前にしておくこととして、挨拶や勉強も大切ですが、やはり目的や目標をきちんと整理しておくというのは大切です。留学を、外国への憧れやイメージで決めていると、理想と現実のギャップがうまれ、後悔の原因に。今一度よく考えてみてください。

目標を立てて留学のモチベーションをUP!

留学をすれば、誰でも簡単に語学力が伸びる訳でも、自然に知識が身に付く訳でもありません。後悔しないために、きちんと留学の目標を立てて、現地でも自分のモチベーションを持ち続けましょう。何となく英語が上手になりたい、ではなくて、どの程度上達したいのか、そのレベルになって何をするのかを考えてみましょう。目的、目標があれば留学先の過ごし方も考えて行動するので、勉強が大変でも結果的に後悔ではなく充実した留学になったと思えますよ。

留学する前にしておくこと④日本に関する勉強

留学前にしておくこととして、日本に関する勉強も必要です。現地の人や、学校の他国の人に日本の生活全般について聞かれる事があります。日本の政治や経済はもちろん、文化についても勉強しておきましょう。聞かれて「知らない」「分からない」と言うのは日本人として変ですし、軽く見られてしまう場合も。ある程度の知識は備えておきましょう。

日本のお土産を準備しておこう

留学に行く際は、日本のお土産を持っていきましょう。日本には国を代表した物が沢山あります。浴衣やお寿司をモチーフにしたグッズ、箸、侍グッズが人気のようです。このように日本には独自の伝統グッズが沢山あります。しっかりと説明もつけて渡せるように勉強をしておきましょう。留学先で出来た友人とのお土産交換が楽しみになりますね。

「勉強、お土産、事前調査はやっぱり必須!」

アメリカ留学経験者の体験談

私が長期留学前にしておいたことは3つあります。まずは、英語の勉強です。日常会話で使用する文章・単語は覚えておくようにしました。2つ目はお土産を用意していくことですね。ルームメイトと仲良くなるために何か話題を持って行きたいなと思っていたので、日本のお菓子やお土産を少し持参しました。また、留学先の環境や授業内容などの確認も事前にしておきました。どのような授業を取るか、どのような施設が大学内外にあるのかを把握し、到着時のギャップを少しでもなくして置けるようにしました。

挨拶・勉強・目的の再認識を留学前にしておくことで後悔ナシ!

留学前にしておくこととして、後悔しないための方法を見てきましたが、いかがでしたか。留学前に何もせず、後悔をした人は多くいます。留学前は忙しいかもしれませんが、空いた時間に少しでも勉強しておくことが後悔しない秘訣です。留学前にしておくことは、留学に行けば必ず役立ちます。しっかりと挨拶・勉強・目的の再認識をして充実した留学ライフにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム