2018年10月19日(金) 更新

面接時にボーナスの質問をする方法と注意点

ボーナスの額を聞いても失礼にならないのか

ボーナスの額を内定先の会社に質問しても失礼ではない

聞きたくても、なかなかボーナスの質問が聞けないと思いますが、ボーナスの額を内定先の会社に質問しても失礼ではないです。しかし、失礼ではないからと言って質問しても、企業側は困るかもしれません。ボーナスの話を聞いたり、参考までに前年度の実績を聞くと良いでしょう。

ボーナスの質問をして悪い印象になることもある

ただし、ボーナスの質問をして悪い印象になることもありますし、応募者に意欲を求めている場合には、唐突にボーナス金額を質問する事は、失礼ではないにしろ、常識的には、あまり聞かないことだという事は把握しておきましょう。ですので、ボーナス額を聞くのは控えたほうが無難です。

面接でボーナスに関して上手に質問する方法とは?

面接の際にボーナスがどれくらいなのか、聞く手段がないのでしょうか?ここでは、その面接でボーナスがどれくらいか、上手く質問をする方法について紹介しますので、みていきましょう。

年収の目安を質問すると良い

実は、面接でボーナスの金額を上手く質問するには、年収の目安を尋ねると良いのです。また、この方法だと直接、ボーナスの有無を聞くわけではないので比較的簡単です。ただタイミングには注意が必要です。ボーナス額を質問するのが、失礼になるのであれば、大体の年収を聞いて、そこから自分で計算すればいいのです。年収自体について質問することは失礼ではない訳ですから、この方法がかなり無難だと言えるでしょう。

給料やボーナスを嫌らしくなく質問するタイミング

給料・ボーナス・年間休日の嫌らしくない聞き方は、前フリを入れましょう。知りたい理由を加えることが重要です。また、焦らずにタイミングを見計らいましょうね。

働く意欲が見えるような前フリをして質問

ボーナスなどの質問を、前フリもなく単刀直入に質問すると、諸条件のみで会社を選んでいるのかと思われてしまいます。その際には、働く意欲が見えるような前フリをしてから、さりげなく質問するのが、ポイントですので、そういった仕事への意欲が伝わるまで待ちましょう。焦ってタイミングも見計らわずに、急に待遇面などの質問をすれば、仕事への意欲がないのかと疑われてしまうのは、上記で理解できたと思いますが、

人事担当者が語る!ボーナスを知る方法

人事担当者の意見

身も蓋もないかもしれませんが、面接以外の場でも確認する方法はいくらでもあります。 OBOGを見つけて質問をしたり、求人情報(中途募集内容を確認するのも有効)を見ることでボーナスの有無、おおよその目安などを知ることは十分可能です。面接においては、事業責任者が担当することも多くなります。自己PRが出来る貴重な場面ですから、調べれば分かる、他の人に聞けば分かることに時間を使うよりも、事業についての興味関心、なぜそこで働きたいのかなどの志望動機を中心にアピールする方が効果的です。条件は大切ですが、そこばかりを気にする人に対しては、あまり良い印象を受けないというのが正直なところです。

転職エージェントに代わりに聞いてもらう

転職の際に、志望企業のボーナス事情が気になっても聞きづらいですよね。そんな時は、転職エージェントを頼ると、代わりに聞いてもらうことが可能です。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。業界実績No.1を誇るエージェントが聞きにくい質問などを代わりに聞いてくれますよ。ボーナス以外にも、年収交渉もしてくれますので使わない手はないでしょう。

ボーナスについて会社に質問はしてもいいが質問の仕方に注意

いかがでしたでしたか。ボーナスの金額をそれとなく聞く質問する方法を紹介しました。結論としてボーナスの金額を内定の会社に聞く方法は前年度の実績や年収を聞いて参考にすると良いでしょう。

関連コラム