2018年12月07日(金) 更新

中途採用に応募する際の履歴書・エントリーシート(ES)の書き方

中途での履歴書・エントリーシートの書き方①:過去の経験を盛り込む

中途採用の応募で使う履歴書を書くときは、志望動機の書き方に注意しなければなりません。中途採用と新卒では履歴書の書き方が大きく異なるからです。

まず、中途採用の履歴書の志望動機で企業がチェックすることは、
「自社が求めている人材を理解しているか」
「過去の経験や身につけたスキルを自社の業務で生かせるか」
「自社だからこそという入社意欲があるか」
「将来のキャリアビジョンが明確で、自社で達成できるか」

です。この点をおさえておかないと、エントリーシート・履歴書の書き方も本質からずれてしまいます。エントリーシートには必ず「過去の経験」を盛り込むようにしましょう。

転職(中途)では、「社風に惹かれた」志望動機はNG!

中途採用の履歴書を書くときは、上記のポイントを志望動機に盛りこむ必要があります。中途採用では「入社したい」という情熱を、履歴書でアピールするだけでは足りないのです。

新卒時の履歴書の決まり文句に「貴社の社風に惹かれたため」というのがあります。しかし、これは新卒のみに許された志望動機となります。中途採用では「貴社の社風に惹かれたため」という抽象的な表現の志望動機を履歴書に書くのはNGです。
自分が入社すると、会社にどんなメリットがあるのか。それを示すために、過去の経験を盛り込むのが欠かせません。

中途での履歴書・エントリーシートの書き方②:具体例をあげる

具体的に、中途採用での履歴書の志望動機の書き方、そして例文を紹介します。
中途採用ならではの、自分の経験をからめて志望動機を履歴書に書いてみましょう。志望動機で応募先企業への入社意欲をアピールするのがオススメ。下記の例文を参考にしてください。

中途採用のエントリーシートで使える具体的な志望動機例文

【志望動機の具体的な例文】

私は長年、食品会社の営業に携わってまいりました。退職前は北関東エリアのエリアマネージャーにつき、売り上げの前年比30%アップを実現しました。
リフォーム業という業界は私にとっては未知の世界ですが、貴社の『お客様のためのオンリーワンの提案を』というコンセプトに惹かれ、応募しました。
お客様一人一人と向き合ってお客様の希望を実現させるという営業の姿勢に強く共感したのです。また、私の営業の経験は、お客様のニーズをいち早く把握しそれにこたえるという貴社の仕事でも生かせると自負しております。

私は貴社に入社し、これまで以上にお客様に寄り添うことのできる営業マンを目指していきたいと思っております。

こちらの例文を参考にして、中途採用の志望動機を作成してください。ただし、例文はあくまでも例文です。自分の状況に応じて、適切な書き方に変更するのをお忘れなく。

新卒と異なり即戦力として働けるアピールをすると◎

繰り返しになりますが、中途採用の履歴書・エントリーシートでは「私を雇ったら貴社にメリットがありますよ」というアピールを志望動機で書くことが大切です。中途採用の人材を育てるという意識は企業にはあまりないのです。

なので、転職・中途採用の場合、即戦力として働けるというアピールを履歴書の志望動機欄に書き、メリットをアピールしましょう。

中途での履歴書・エントリーシートの書き方③:業務での実績を記載

中途採用の応募で使う履歴書にも新卒採用の履歴書と同じく、自己PRの欄があります。しかし、自己PR欄でも志望動機と同様、中途採用と新卒の履歴書では同じ様に書いてはいけません。中途採用の自己PRは、性格や長所をアピールする欄ではなく、経験や実績をアピールする欄だからです。

なので、中途採用の場合は、「コミュニケーション能力が高い」や「行動力がある」というような抽象的な自己PRを書いてはいけません。中途採用の自己PR欄では、「私には10年の営業経験があります。エリアマネージャーや新人教育を務めてきました。顧客との信頼関係を築き、顧客のニーズをいち早く見抜く力には自信があります」というように、業務での強みを書きましょう。

仕事に役立つ資格も自己PRになるのでオススメ

応募先企業で役に立つ資格や免許を持っている方は、履歴書の自己PR欄でそのことをアピールしましょう。たとえば、「私は簿記検定1級を持っています。前職では10年にわたり会社の経理を行ってきました」というように、資格や免許に合わせて、経験もアピールすると、履歴書により良い自己PRが書けます。

中途採用では、自分を雇った際のメリットが伝わるような履歴書の作成を心がけましょう。そうすれば、中途採用で採用される可能性もアップします。あくまでも、前職で力を身につけたうえでの転職である点をアピールしてください。逃げるための転職は、志望先にも見抜かれてしまいます。

履歴書やESが書けない場合は転職エージェントへの相談がオススメ

中途採用での履歴書やエントリーシートの作成は簡単ではありません。自分ではできたと思っていても、採用担当者目線では新卒となんら変わりのない履歴書に見えてしまうことが多々あります。面接ではなく書類選考で落ちてしまうのは悲しいですよね。

そこで利用したいのが転職エージェント。履歴書作成や志望動機作成などのアドバイスをくれますので、自分ひとりで作るより魅力的に仕上がります。特にオススメなのが、転職者満足度でNo.1と評価されている「doda」です。無料なので、気軽に相談してみてください!

中途採用に応募する際の履歴書・エントリーシート(ES)の書き方を参考に転職活動を進めよう

中途採用に応募する際の履歴書・エントリーシート(ES)の書き方を紹介しました。中途採用(転職活動)では、新卒のときとはアピールするポイントが異なります。若さやポテンシャルではなく、経験や実績をアピールしましょう。

なので、当然履歴書・エントリーシートの書き方も異なります。中途採用に応募するときは、自分のアピールポイントはどこかを意識しながら履歴書の志望動機と自己PRを書くことが大切です。今回紹介した、履歴書・エントリーシート(ES)の書き方・例文を参考にしながら、是非、魅力的なエントリーシートを作成してくださいね。

関連コラム