2017年01月16日(月) 更新

気のない男性にサシ飲みに誘われた時の上手な断り方3種

男性に飲みに誘われた際の断り方①仕事にかこつける

気のない男性からの飲に行くお誘いの上手な断り方はやはり仕事を口実にするのが一番でしょう。仕事が忙しいと言えば角も立たず、何より気のない男性のプライドも傷付けることなく飲みに行くお誘いを断る方法としては一番効果的な断り方でしょう。「今企画を任されているから時間がなくて。」「残業が多くて時間がとれなくて。」「仕事で疲れていて会っても楽しくないでしょ。」など、具体的な内容で仕事の事を出す方が効果的な断り方になります。

はっきり断るべきだが「高圧的」な断り方はNG

気のない男性はあやふやな態度でいると何度も飲みに誘ってきます、今回はダメでも次回は良いのだと思い込みアプローチしてくるので明確な理由ある断り方をしましょう。また、気のない男性に対して飲みに行く誘いを高圧的な断り方をする事もNGです。いくら気のない男性でもせっかく飲みに行く誘いをしたのに突き放したような強い態度での断り方をすると反感を買いストーカー的な行動を招いてしまうかもしれません。

男性に飲みに誘われた際の断り方②彼氏がいると言う

気のない男性から飲みに行く誘いの断り方で多いのは「彼氏がいるとハッキリ言う」です。気のない男性は飲みに誘う事で次の進展を求めてる場合も多くあなたにその気がないなら恋愛感情を断ち切ってもらう断り方をする必要があります。気のない男性があなたに彼氏がいても飲みに誘うのであれば余程の気持ちがあるのか、友達として飲みに誘っているのかどちらかなのでそんなに強固な断り方をする必要もないでしょう。

「彼氏に怒られるから」はオススメ

けれど男性が女性を飲みに誘うのはたいてい下心があるものです。お酒の席で関係を深め次のステップに持ち込もうとしているのですからその時点でしっかりとした断り方で意思表示をする方がいいでしょう。その意味で、気のない男性から飲みに行こうと誘われたら「彼氏に怒られるから」というキーワードを使った断り方で断るのは効果的でしょう。

男性に飲みに誘われた際の断り方③お酒が全く飲めないと言う

気のない男性からのお酒の飲みに行く誘いの上手な断り方で良く使われるのは、「お酒が飲めない」という理由での断り方です。そこまで嫌いではないけれど飲みには行きたくない男性。または飲みに行くほど関係は深くない男性。そんな関係の男性に対しては「お酒が飲めない」と言う断り方はやんわりとしていて角が立たない断り方の一つです。

「飲みは無理でも嫌われてはいない」と受け取る男性も

「お酒が飲めない」または「体調が悪くてドクターストップがかかってる」など具体的な理由のある断り方なら男性もプライドは傷つかないでしょう。「飲みには行けないけど、嫌われてはいない。」そうとる男性もいるのでそのあたりはあなたの気持ち次第でしょう。「飲みに行くのは無理でもお昼間ランチくらいならどう?」「お酒が飲めない」という断り方はそう誘われる事も視野に入れながら使わなければいけませんよね。

男性に飲みに誘われた際の断り方は角を立てずにはっきりと

男性に飲みに誘われた際の断り方は角を立てずにはっきりと言うことです。気のない男性からのお酒を飲みに行くお誘いの断り方は色々ありますが、相手がどのような立場の男性か、上司や得意先など仕事絡みの場合や完全な友人関係の場合によっても断り方は変わってきますよね。角が立たないように上手に断らないと反感を買い嫌な思いをしてしまう事もあります。注意したいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム