2017年01月06日(金) 更新

入社1ヶ月〜3ヶ月で仕事を辞めたいという新入社員・中途向けの転職マニュアル

入社してすぐ会社に違和感を持つ人は結構多い

Gahag 0119446360 1
新卒新入社員のうち、1年以内で辞める人は約13%。3年以内に辞める人は約32%と、最近では早期退職の割合が多くなってきています。 もしあなたが、期待して会社に入って、「なんか違う」といった漠然とした悩みを抱えているのなら、何が原因なのか、どうしていけば良いのかを一緒に考えていきましょう。

実は入社から3ヶ月が一番辛い

入社してから3ヶ月経つと、新入社員に求められるものや仕事内容が変わることが多くなります。それが原因で大きなプレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。新しい環境に来た新入社員の心は繊細なことが多いため、仕事を辞めたいとまで感じてしまうのも無理はないかもしれません。 しかし入社間もない頃から、「仕事が辛くて辞めたい」と誰かに相談しても、なかなか理解を得られないことも。そんな負の連鎖が、どんどん心を追い込む原因となってしまうのです。

入社から3ヶ月経つと環境が変わることが多い

Book 1750740 1280
先輩や上司も入社後3ヶ月までなら多少のミスでも大目に見てくれるので、緊張はしつつもあまりプレッシャーを感じることなく仕事ができるかと思います。しかし、それ以降になると責任も増えてきて、自分を取り巻く環境が大きく変わることもあるそうです。では具体的にどのように環境が変わるのでしょうか?

試用期間が終わる

Gahag 0119072166 1

試用期間は法律で規定されているわけではないのですが、多くの会社が設定しています。期間は1ヶ月から6ヶ月ほどが一般的になり、多くの会社は3ヶ月の試用期間を設定しているようです。
その試用期間が終わったタイミングで研修や教育期間が終わることも多く、新入社員は一人で業務をこなす機会が増えてしまいます。

しかし、試用期間や研修期間が終わったとしても、入社3ヶ月というのは立派な新人です。分からないことは素直に聞き、先輩や上司の働き方を見てゆっくりと学んでいくのも大切でしょう。
試用期間は法律で規定されているわけではないのですが、多くの会社が設定しています。期間は1ヶ月から6ヶ月ほどが一般的になり、多くの会社は3ヶ月の試用期間を設定しているようです。
その試用期間が終わったタイミングで研修や教育期間が終わることも多く、新入社員は一人で業務をこなす機会が増えてしまいます。

個別の業務を割り当てられる

Gahag 0115295021 1

営業職のような個人の役割が大きい職種の場合、顧客や案件を一人で任されてしまうこともあるでしょう。それまでは先輩や上司のフォローがあったのに、いきなり放り出されたような気分になってしまうかもしれません。

もちろん、最初は仕事量を考えて、新人向けの割り振ってもらえることが多いです。しかし、最初は戸惑ってしまうのも仕方がないでしょう。仕事量や責任に押しつぶされないように、落ち着いて周りの力を頼ることも必要です。
周りの人もいきなり一人でなんでもできるとは思っていないので、きちんと頼めば必ず手を差し伸べてくれるはずです。

異動という可能性も

Gahag 0088278221 1

これは新卒の新入社員に多いのですが、入社時には本社に配属され3ヶ月ほどの研修期間を経て、適性のあった部署へと異動となることもあるようです。全国型の総合職であれば、地方への転勤を伴う異動ということもあるでしょう。

そのようなとき、3ヶ月間でせっかく馴れ始めた環境から変わると知って、思わず憂鬱な気分になってしまうこともあるかもしれませんね。
ですが、今まで自分の「居たことがない環境」「行ったことのない土地」で新しい出会いが生まれるかもしれない、こう考えてみるのはいかがでしょうか?
社会人になると、親しい人が出来にくくなります。仕事や私生活を通して新しい人と出会える機会はなかなかありません。異動や転勤の際には、できるだけ気持ちを前向きにする必要があるでしょう。

転職先だったら周りが見えてくる頃

Gahag 0085069359 1
転職したということは、前職で抱えていた何らかのミスマッチを払拭することを目的としていたのだと思います。給与・業務内容・人間関係などその転職理由は人それぞれでしょう。しかし、いざ転職して3ヶ月ほど経ってしまうと、業務にもだいぶ馴れて、冷静な目で周りを見渡せるようになります。 そのとき、「自分が理想としていた環境ではない」という風に思ってしまうこともあるかもしれません。 ですがどの会社で働く人達もみんな苦労をしていますし、言葉には出来ない辛い思いを抱えています。それは例え大企業だとしても変わりません。大企業の待遇は良いかもしれませんが、それだけ大きな責任が個人にのしかかり必死にみんな耐えているのです。会社に完璧な環境を求めるのではなく、自分自身が環境に馴れて、少しずつ改善していく方が着実な進歩かもしれませんよ。 例えば、待遇が気にかかるのであれば、仕事に対して熱心に向き合って出世の機会をうかがいましょう。また、理想とした人間関係ではなかったなら、上手く人と付き合って自分にストレスがかからない環境を作る努力も必要です。

入社して3ヶ月になるとミスを怒られ始める

Gahag 0050734647 1

仕事を割り振られるようになると、起きてくるのは予期せぬミスです。入社してから3ヶ月までは仕事のチェックを上司や先輩がしてくれていたかとも思います。しかし、それがなくなるとふとしたチェック漏れや、把握していない要素があってミスが出てしまうこともあるでしょう。

入社したての頃なら笑って済まされていたミスも、3ヶ月ほど経つと上司や先輩も再発を防ぐために怒るようになってきます。ときには、厳しい言葉をぶつけられることもあるかもしれません。ですが、例えミスを怒られたとしても必要以上に落ち込むことはないのです。

でも、仕事はミスして学ぶもの

仕事のミスは誰でもしています。あなたを怒る上司や先輩も、少なからずミスをしてきているはずですし、それを怒られてきているはずです。働く人はみんなそうして仕事を学んできています。一番大切なのは、ミスを繰り返さないように最大限の努力をすることです。
付箋に書いてPCの画面に貼っておく、チェック項目を作成して確認体制を整えるなど、自分に出来ることは何でもしておきましょう。そうすれば、次回からミスを防ぐことが出来るはずです。

仕事を怖がる必要はない

C845 konkuri tp v

ミスをして強く怒られてしまった。上司や先輩に嫌われてしまったかもしれない。そんなことから、仕事が怖くなり会社に行くのが本当に嫌になってしまう人もいるかもしれません。
しかし、上司や先輩もあなたがこれからミスをしないようにと思って怒ってくれています。上司や先輩のなかには、「本当は怒りたくないし、嫌われたくない」と思っている人もいるでしょう。それだけ、人を怒るというのは精神力がいりますし、辛いことなのです。

怒られてしまうことは、たしかに恐いことかもしれませんが、そこに思いやりが含まれていることを忘れないようにしましょう。そうすれば、ミスをして怒られても、仕事が怖くなることはないはずです。

どうしてもミスが直らない、けれど怒られたくないときに知る3つのポイント

自分にミスが多く、なかなか直せそうにないと思ったときは、3つのポイントを守るようにして下さい。

3ポイント

  • ①きちんと謝る
  • ②日頃から「忘れっぽいので確認してください」と誰かに頼む
  • ③雑用や人の嫌がる仕事でも積極的に引き受ける

ミスは個人の性格にも大きく左右されます。それでも怒られたくないときは、ミスに対して真摯な姿勢を見せて、他の仕事も積極的に頑張ることが大切です。そうすれば、「あの人はミスも多いけど、他のことで頼りになるから」とキツく怒られずに済むでしょう。

入社後3ヶ月ほど経つと急に残業が増えることもある

Gahag 0032870824 1

入社してからほとんど残業がなかったのに、3ヶ月経って仕事が変わったときから残業が多すぎて辛くなってしまった。そんな経験をしている人は以外と多いそうです。たしかに、残業が多くなると体力的にきつくなりますし、自分の時間をとれなくて精神的にも疲れ果ててしまいますよね。

研修期間とは変わるために残業が多くなる

研修期間・試用期間というのは、会社側が新入社員と自社がマッチしているのかを見る期間となります。そして、研修期間の目的は、「業務をこなせるか」というより“勉強”という要素が強くなっているのです。 その期間が終わってしまうと本来の業務の割り振りとなるので、自然と残業が多くなってしまうのも仕方ありません。残業が多くなってしまうのは、本来の仕事量にまだ慣れていないからという面もあるでしょう。やり始めたばかりの仕事は効率が悪くなりがちですし、覚えるという手間もあります。 もし、短い期間で残業が重なったとしても、「会社が無理に残業を課している」という見方をしないようにしましょう。

エンジニア系だといきなり残業100時間なども

Gahag 0031265166 1

エンジニア系の職種だと、基本的に研修期間は技術的な勉強会となるため、あまり残業が重ならないことが多いそうです。しかし、入社後3ヶ月ほど経って本来の業務になると、あまりの仕事量に多くの人が残業をしてしまうのだとか。なかには残業が100時間を超えて、毎日のように深夜まで残業してしまうこともあるそうです。

これはエンジニア系にかぎらず、自分の作業だけで仕事が進むクリエイティブな職業に多いようです。これらの職業の利点は「自分の仕事が終わったら帰れる」という点ですが、なかなかそういった状況にはならないというのが現状でしょう。

ですが、裏を返せば自分の納得のいくまでものづくりを追求できる職場であるといえます。確かに、職業に対する適性がないと厳しいかもしれませんが、高い意識をもって仕事ができるなら理想的な環境となるはずです。

入社から3ヶ月間は「残業代が支給されない」という会社には注意

残業に関して一番注意をしなければいけないのは、残業代です。会社の中には入社から3ヶ月の試用期間中は残業代を支払わないと定めているところもあるそうですが、これは悪質な労働基準法違反です。たとえ研修期間中は勉強会だけだったとしても、立派な業務となり、残業代を受給できる権利があります。きちんと残業代が支払われているのかは、必ず確認をしたほうが良いでしょう。

入社後3ヶ月頃から「仕事できない」と思い悩む人も出てくる

Gahag 0029601240 1

入社してから3ヶ月ほど経つと、個別に仕事を割り振られるようになり、同期の間で仕事の成果が比べられるようになってくるかもしれません。そのときに、自分の成績が低かった場合、「自分は仕事が出来ないのかも」と思ってしまいますよね。
ですが、落ち込んでしまうよりも、前を向いて「どうすれば仕事の成果があがるのか」を考えた方が、自分の将来のためになるはずです。

「仕事が向いてない」と自己嫌悪しがちに

仕事の成果がでなくて、思わず「自分にはこの仕事が向いてないかも」と思ってしまうこともあるかもしれませんね。確かに、仕事によっては性格による向き不向きはあります。押しが弱い人は、営業として大きな成果を残すことが難しいかもしれませんし、逆に積極性が強みの人は地味なデスクワークばかりでは思ったような成果が出せないものです。

そういった人は、入社時に自分がどのように仕事を頑張っていこうかと考えたのかを思い出してみてください。もし入社時に目標が合ったとしたら、自分には向いていないと思ったとしても、仕事に合わせて自分から変わってみるようにしてみてはいかがでしょうか?

ゆっくりステップアップしても問題ない

Gahag 0014261517 1
新入社員の優劣はそこまで重要ではありません。もちろん、最初から出来る人ならば、周りからチヤホヤされる場面があるかもしれないです。しかし、会社で働く期間は1ヶ月や2ヶ月ではないのです。1年先2年先で巻き返せば良い。そう考えて、焦ることなくゆっくりとステップアップをしていきましょう。努力を重ねていけば、必ず成果はついてきます。

最初に仕事ができない人は大器晩成型が多い

これは会社の新人教育に携わっていた方の言葉です。

新人教育担当者の言葉

「どうしても、仕事が出来ないという人はたしかにいますね。何度教えても、同じミスをしてしまうのです。もちろん、本人は一生懸命にやっているのですが、なかなか成果に結びつかないんですよね。 でも、その子たちは数年後に必ず化けてきます。誰よりも教えるのが上手くなって、他人へのフォローもきめ細やかになります。たぶん、最初に誰よりも苦労して、たくさん悔しい思いをしてきたからなのでしょう。ミスをしたくてミスをする人なんていません。誰よりも自己嫌悪をして、それを乗り越えたからこそ誰よりも優しく仕事が出来るようになるのだと思います」


このように、最初のうちは仕事ができなくて構わないのです。それよりも、仕事の課題点をきちんと洗い出し、その対策をしていくことが大切になります。そして、その努力は将来確実に活きてくるでしょう。

入社後3ヶ月間の感想をレポートで提出する場合も

Gahag 0073705460 1

入社後3ヶ月ほど経つと、レポートの提出が義務付けられているところもあります。書く内容は大まかに分けて4つほど。
・入社してからの印象
・業務について
・現状の課題
・今後の抱負
上記のものを書かせることが多いので、振り返って印象に残ることや現状を素直に書いてみましょう。

内容は500文字程度が多い

レポートの文章量は500文字程度が一般的のようです。もちろん会社によって違うのでよく確認する必要はあるでしょう。また、優秀なレポーと書くと社内報やホームページに記載されることもあるそうです。
ちょっと恥ずかしいと感じるかもしれませんが、今までを振り返る良い機会となるので精一杯書きましょう。

試用期間が終わって気持ちを入れ替える意図が

Gahag 0006117626 1

では、会社側はなぜ新入社員にレポート書かせるのでしょうか?その意図としては、「これから正式にうちの社員だよ」と気持ちを入れ替えさせるためとなります。レポートを書かせることで、研修中の課題を洗い出し、本業へのスムーズな移行をめざすのです。

しかし、無力感を持ってしまうことも

ですが、人によってはレポートを書くことで、自分が思い描いていた職場と違っていたり、全然成果を出せなかったりしたことを改めて思いだして、無力感を持ってしまうかもしれません。新卒として第一志望で入った会社だったり、転職回数が多い人だったりすればなおさらでしょう。

仕事に悩む日が続くとうつ病かも~うつ病の症状を確認しよう~

Gahag 0003474729 1

入社3ヶ月ほど経って、仕事から帰宅するときも、休みの日も仕事について悩み込んでしまっている。そんな状態が続いているときは、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病の原因の多くは、仕事に関することと言われています。精神的に不安定な新入社員のうちならば、なおさらうつ病になってしまいやすいのです。

うつ病の主な症状

  • 睡眠の異常
  • 食欲の低下
  • 疲労感
  • 欲求の低下
  • 頭痛
  • 四肢関節の痛み

これらに当てはまる要素が多いなら、うつ病を疑うべきでしょう。そして、早めに專門の病院へと診察にいくことが大切です。

自分でプレッシャーをかけていませんか?

うつ病になってしまうのは、仕事の環境も大きな原因ですが、自分自身でプレッシャーを掛けすぎているという可能性もあります。 「業務を100%こなさなくてはいけない」 「会社に利益をもたらさなくてはいけない」 「やり続けなくてはいけない」 「成果を必ず出さないといけない」 もしかしたら、こんな思いを抱えているかもしれません。しかし、上記のことは新入社員には求められていないことが多いです。新入社員に会社や先輩たちが求めていることは、「仕事に慣れる」こと。結果や成果を追い求めるのは、仕事に慣れてからでも遅くありませんよ。

上司に相談して療養の期間をとることを考えよう

Gahag 0118805601 1
病院に行ってうつ病と診断されてしまった場合、そのときは医者の言うことをよく守り、しっかりと身体と心を休める期間をとらなくてはなりません。 そのためにはまず上司へと相談することが必要です。入社してから間もない頃だと、申し訳ない気持ちもあるかもしれませんが、必ず相談するようにしましょう。 うつ病は薬物による治療だけでは治りません。仕事の環境を変えてもらい、時短勤務や業務量の多くない部署に異動してもらうことが必要になるでしょう。

入社後3ヶ月にこんな理由があっても辞めない方が良い

Gahag 0117763615 1

入社3ヶ月ごろから変わる環境を紹介しましたが、もちろん耐えきれずに転職を考えてしまうこともあるかと思います。
しかしちょっと待って下さい!
入社してからすぐの転職はかなり難易度が高くなります。もちろん、転職先が見つかったとしても、今より良い環境かどうかもわかりません。
そんな失敗をしないために、NGな転職理由を紹介します。

①待遇だけに目を向けてしまう

あなたの会社がブラック企業の場合はそういうこともあるかもしれませんが、基本的にただ待遇面だけの転職活動ではうまくいく可能性は少ないでしょう。企業側もただ「待遇面をあげたい」という人を採用しようとは思わないことがほとんどです。 待遇に関しては、隣の芝が青く見えるように他の企業に勤める人の方がよく見えてしまうかもしれません。ですが、高給な人はそれだけ忙しい仕事を抱えている可能性が高いです。自分の仕事量と待遇を、客観的に確認するようにしましょう。

②上司や仲間が嫌い

人を傷つけることに何の抵抗もなく、人間として絶対に尊敬できない。そんな人が上司や仲間だった場合は、本当に不幸なことかもしれません。しかしそれだけを理由にして転職をしてしまうのはおすすめできません。もちろん、志望先にその理由を伝えたとしてもほとんどの場合受かることはないでしょう。
会社にはさまざまな人がいます。その人達と上手くコミュニケーションを取りながら成果を上げていくのも、立派な仕事なのです。

③自分が思っている評価してもらえない

自分に対する評価が正当なのかは、あくまでも主観になってしまいます。納得が行っていないのは自分だけで、市場から見ると正当な評価だったということもしばしば。世間的な目線でもどれくらいの評価が適性なのかを知っておかなければ、転職先でも同じような問題を抱えてしまいます。

もちろん度が過ぎている場合は転職をした方がいい

上記のような転職理由だったとしても、度が過ぎている場合は我慢する必要はありません。身体を壊してしまったり、大きな悩みを抱えてしまったりする前に転職をしたほうがようでしょう。

入社後に早期退職した人の体験談

Gahag 0100919856 1

では、入社後に早期退職をしてしまった人はどのような悩みを抱えていて、転職後にどんな感想を抱いたのでしょうか?その具体的な内容を見ていきましょう。

入社1ヶ月で退職した人の事例

体験談①

転職しようと思ったのは、自分が思っていたよりも残業時間が長かったことがきっかけです。毎日21時くらいまで残業していて、こんな働き方ではとても働けないと考えました。もっと自分の時間が欲しいと感じていました。(22歳男性:新卒社員/営業職)


失敗したこと:
結局転職した先でも同じように残業時間が長かったです。もちろん、求人では残業時間少なめとは書いてありましたが、実際には自分の業務が終わらなくては帰れないので、退社時間はいつも遅くなっています。もし今、僕と同じ理由で転職を考えている人がいるなら、法律を大幅に超えた残業時間でないならまずは勤務してみて様子を見るのも良いのではないかと思います。業務的にずっと残業が続くかもわかりませんし、自分の能力が上がったら早く帰れる可能性もありますしね。

入社2ヶ月で退職した人の事例

体験談①

入社した会社の人間関係が悪かったのが、一番の転職理由でした。女性が多い職場で、話をあわせるのも面倒であまり会話に加わっていなかったのですが、そのうち女性の多くからなんとなく自分が嫌われている気がしました。
今すぐ転職したいと思い結果仮病を使って数週間欠勤し、転職活動をしてそのまま退職しました。(28歳女性:販売職)


失敗したこと: 結果から言うと、次の転職先でも同じように人間関係で苦労してしまいました。人間関係はやはりどこでも起きがちなのだと感じました。どうしても過ごしにくい場合はまずは人事に相談するのが良いのではないかと思います。異動等の願いを出すことや、もしもできるならその人同士とコミュニケーションを取ることで関係の改善をはかることが良いのかもしれません。

逆に入社後の早期退職で成功した人の体験談は?

Gahag 0095881291 1

もちろん、転職することが全て悪いというわけではありません。なかには、早期に転職をすることでずっと働きやすくなった人も居ます。ではそんな人の体験談はどうなっているのでしょうか?

入社2週間で退職した人の成功事例

問題点

もともときちんとした評価制度のもと働きたいという希望を持っていました。そのなかで出会った前職ですが、人事担当の方の話では案件ごとの評価制度に加え、個人の努力に関しても、上長との相談のもと評価していくというものでした。しかし、いざ入社してみると人事担当者に聞いていた評価制度は存在せず、評価が曖昧な環境でした。


転職成功例

この職場ではミスマッチだとすぐに感じ、転職活動を開始しました。そのなかで、口頭だけでの確認では足りたいと感じ、就業規則などの各種規定のチェック、インターネット等での評判調査、友達の紹介による現場社員インタビューを行った結果、想定と大きくズレない転職ができました。(24歳女性:事務職)


入社4ヶ月で退職した人の成功事例

問題点

3回目の転職ということもあり、これを最後の転職しようと意気込んでいたものの、結局退職するということになってしまいました。転職理由は、今のままの職場ではキャリアアップできるイメージをまったくできなかったためです。というのも、常に一人のリーダーが案件を回している職場で、活躍する機会は入社から5年の人でも全くないという話でした。


転職成功例

今度はミスマッチを起こさないため、人事や経営陣との面談だけでなく、同じ程度の能力を持った人、現場社員や上長になる予定の方、新入社員との面談の機会を作っていただきました。そして彼らにきちんと仕事の環境や、キャリアアップの方向を聞きました。そうすると自分のキャリアアップのイメージが湧き、希望をもって勤められるようになりました。(32歳男性:マーケティング職)


入社後のミスマッチを防ぐ!転職活動が成功した人たちの特徴

Ookawapin555 tp v

できれば、ミスマッチを起こした職場からは早めに転職して、快適な環境で働きたいですよね。そんな転職時に参考にするべきなのは、早期に転職して成功した人たちの特徴です。彼らがどのような点に気をつけて転職活動をしていたのかを知り、自分の転職活動に活かしてみてください。

慎重に転職先を決めている

例えば、転職時の人事担当者というのは、あまり自分たちの会社の欠点を話しません。ですが、それもそのはずです。「残業が多い」や「給料は低い」と言ってしまったら、求職者が寄り付かなくなってしまいますよね。

人事担当者が語る「やりがいのある」「社会貢献ができる」「楽しみながら働いている」といった感情的なトークを、“転職先の決め手”としてはいけません。

現場社員とのすり合わせが出来た

Gahag 0095396761 1

会社としては、多くのの休暇制度や潤沢な福利厚生を用意していたとしましょう。しかし、現場の上長が休暇を許さない人であれば、結局取得率は悪くなり、制度はあってもなくても変わりません。また、キャリアアップの方向性が用意されていたとしても、そのキャリアアップ先に激務が待っていたりすればそれは道がひらけているとはいえないでしょう。

その状況を解決するには、とにかく現場で働く社員の意見を聞くしかありません。転職活動中に会社の方とコンタクトをとるのは難しいかもしれませんが、友人の伝手を使ったり、思い切って人事担当者の方に現場社員のお話を聞く機会を頂いたりして、すり合わせを行っていきましょう。

上長の話を聞く機会があればベスト

転職先としてミスマッチを起こさないようにするために、上長の話を聞くことができればベストでしょう。上長とコミュニケーションをとることで、配属部署に求められる能力や適性を聞くことができますし、なにより自分の上司となる人を間近に確認することができます。上司の性格や働き方によって職場環境は変わってくるので、上司がどんな人なのかを見極めるのは重要な要素でしょう。 上長のお話を聞く機会というのは、入社日間際にならないとなかなか得られないため非常に難しいですが、選考期間中に出会うことが出来たなら非常に有意義となるでしょう。

転職エージェントに相談するのもアリ

理想的な転職先の探し方を紹介しましたが、実際のところ社会人になってから他社の情報を知る機会は限られています。そして、転職活動をする人の多くは平日働きながらのため、活動にとれる時間も少なくなってしまうでしょう。 そんなときは、転職エージェントを利用することで、時間的な不利点・情報的な不利点の2つを解消することが出来ます。転職エージェントは多くの求人を持っており、求職者の希望に合った企業をピンポイントで紹介してくれます。また、紹介する求人一つひとつに対して調査しているため、求人票の内容も非常に正確です。そして、書類の提出などを代わりに行ってくれるため、希望の求人を見つけたらすぐに書類選考へと移ることもできるのです。自分のスキルや適性を活かす可能性を知りたい。今度の転職は絶対に失敗したくない。という方にはおすすめですので、ぜひ利用してみてください。

入社1ヶ月~3ヶ月くらいに仕事を辞めたいと思ったときは転職先の情報を入念に調べよう

いかがでしたか?入社から3ヶ月ほどで、仕事をやめたいと思った時の対処法をご紹介しました。入社から3ヶ月ほどというのは、試用期間も終わって仕事量も増える時期なので、みんな辛い思いを抱えています。しかし、そのままの勢いで転職を決めてしまっては、後悔することが多いです。必ず一呼吸おいてから自分の働き方と理想の働き方を比べてみましょう。
それでも仕事を辞めたい意思が強いなら、将来のために転職をするべきです。転職をする際には転職先の情報をよく調べて、現状抱えている問題を解決できるのか考えてから行いましょう。

【いますぐできる】自己PRジェネレーター

%e8%87%aa%e5%b7%b1pr %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header2

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?

一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いてない。それは内容よりも、伝え方の問題かも。
穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバー!

効率的に自己PRを済ませたいなら!

詳細はコチラ

人気のコラム

ログイン / 新規会員登録

ID・パスワードを忘れた方はこちら

SNSでログイン

無料で簡単登録!

転職コラムデイリーランキング

ランキング一覧

おすすめの転職コラム

転職コラム一覧
エントリーシート対策