2016年11月29日(火) 更新

年下の先輩に対する正しい接し方【転職編】

年下の先輩との接し方に悩んでいる人は意外と多い

転職では往々にして起こる状況といえる、自分と年下の先輩という関係。そんな年下の先輩との接し方に悩んでいる人は、世の中には意外と多いようです。

まずは、年下の先輩との接し方に悩んでいる人のエピソードを見て、どう接するべきかのヒントを得ておきましょう。

転職して年下の先輩との接し方に悩んでいる人のエピソード

最近、転職したのですが、年下の先輩との接し方に困惑しています。 私はまだ新しい職について間もないので、分からないことが沢山あります。

彼について習う場合もあるし、疑問があれば沢山質問もして少しでも早く戦力になれるように頑張りたいと思っています。でも、どうしてもやりにくくて仕方ないんです。

年下の先輩と接する際の考え方とは?

人は仕事において、年齢差やプライドを意識した考え方がやや強くなる傾向にあると言われています。そのため、お互いのプライドが衝突してトラブルにならないように注意する必要があります。

転職先の職場での関係はこれから長く続くものなので、無用なトラブルは起こらないに越したことはありません。

では具体的に、転職した先の年下の先輩と接する際は、どういった考えを持っておくべきなのでしょうか?

年功序列の考えは捨てて社歴が上下関係の全てと考えよう

転職先の年下の先輩との接し方に悩んでいる人は、年上は年下よりも偉いという考え方が根底にあるからこそ、悩んでいるのです。そんな時は、そもそも年功序列の考えは捨てて、ただの後輩として先輩に接するのが正しいやり方です。

基本的に、ビジネスにおける上下関係は社歴が全てです。要は、年下か年上かに関係なく、先に入社した人が先輩だという考えを持っておくのが大事です。

年下の先輩との接し方における注意点とは?

それでは最後に、転職先の年下の先輩との正しいコミュニケーションの取り方についてご紹介します。

会社における上下関係は、一般的な上下関係と変わりありませんので、基本的なマナーについては把握している方が多いでしょう。ただし、社会人の場合は敬語や言葉遣いの中でも、特に気を付けるべき点があるのです。

返事は「はい」+相手の名前は「さん」付けがマナー

先ほども述べたように、社会人は、年齢に関係なく先に入社した人を立てるのが正しいマナーです。年下だからといって「あのさー」と、軽口を叩いてはいけません。

転職した先の上司が年下でも「先輩」という意識を持ち、名前を呼ぶ時も「○○くん」「○○ちゃん」ではなく、「○○さん」が正しい呼び方です。

また、自分は「教えられる身」という立場を理解しておくのも大事です。返事は「うん」ではなく、「はい」と答えるのが常識的です。

上下関係は社歴で考えて年下の先輩との接し方では言葉遣いに注意しよう

今回は、年下の先輩に対する正しい接し方【転職編】と題して、転職した際の年下の先輩とのコミュニケーション方法をご紹介しました。

忘れてはならないのは、一般的に「年功序列」という考えがあっても、それがビジネスシーンとなると大きく変わることです。会社では「先に入社した人間が先輩」であり、社歴が全てなのです。

ですので、年下であっても先輩だという関係性は変えられません。あくまでも相手を立てる心掛けを忘れず、コミュニケーションを取る際は、返事は「はい」で相手の名前を呼ぶ際は「さん付け」が正しい接し方といえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム