2017年01月16日(月) 更新

職場ではどこまでOK?会社でつけるアクセサリーのマナー

会社でつけるアクセサリーの規定はさまざま

職場に身につけていくアクセサリーの規定は、会社によって異なります。
アパレル業界では自社製品をつけて自分が広告塔となるのが基本です。飲食業のように「結婚指輪のみOK」という場合もありますが、たいていは暗黙のルールだったりします。

特に規定がない場合は、イヤリングなど小ぶりなものを1つまで、というのを目安にしましょう。職場でのアクセサリーがどこまで許されるのか、わからないときは先輩の姿を参考にしてください。

ノーアクセサリーよりシンプルなものをつけて好印象に

職場でのアクセサリーは、業界や業種、社風によってどこまで許されるかが異なります。営業職の女性であれば、取引先の会社に好印象を与えるためにも、ノーアクセサリーの地味な雰囲気よりもシンプルなアクセサリーをつけましょう。表情も職場も華やぎますよ。

会社でつけるアクセサリーのマナー

では、会社に身につけていくアクセサリーのマナーを見ていきます。
専門職以外での華美なアクセサリーは職場にふさわしくありません。女性ならネイルにも気を配りましょう。

業務の邪魔にならないことが絶対

職場にアクセサリーを身につけていく場合は、業務の邪魔にならないものを選びましょう。
指輪やブレスレットがデスクに当たったり、イヤリングやピアスが電話の受話器に当たったりして、カチカチと音を立てることは、周囲への迷惑です。

指先にも気をつかおう

名刺を交換するときや書類を手渡すときなど、職場では案外指先が目立つもの。女性であれば、指先にも気を配ることが大切です。適度な爪の長さを保ち、清潔感を心がけましょう。
派手なネイルアートは業務に差し支える可能性が考えられますし、職場では歓迎されないことが多いので、わきまえておきましょう。会社にネイルアートをして行くのであれば白やピンク、ベージュ系がおすすめです。

会社でアクセサリーをつける際の注意点

会社は仕事をするところです。業務の邪魔になるような華美なアクセサリーは控えましょう。
職場にアクセサリーを身につけていくときは、以下のことを意識しておいてください。

過度な自己主張で周囲を不快にさせない

本来アクセサリーはお洒落を楽しむためのもの。アクセサリーを身につけることで自己の表現欲求を満たそうとしているわけです。しかし、職場でのそれは必要ありませんよね。オンとオフの切り替えができているかは、周囲の評価に影響します。職場では周囲への気遣いをいちばんに考えましょう。

職場ではシンプルで邪魔にならないアクセサリーで会社での評価もUP!

職場で身につけるアクセサリーはどこまで許されるのか、会社でのアクセサリーのマナーについて考えてみましたが、いかがでしたか?
会社は遊びの場ではありません。普段出かけるときにつけるような大ぶりのイヤリングなどのアクセサリーを会社につけていくと、業務に差し支えたり周囲に迷惑をかけたりする恐れがあります。職場でのアクセサリーは、ファッション性より清潔感を意識して好印象につなげましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム