事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

上司に嫌われた新入社員が確実に信頼を取り戻す方法5つ

上司に職場で嫌われる新人の特徴とは

いつの間にか上司から嫌われた。そんな思いをしたことはありませんか?職場で嫌われる新人には特徴があります。一つは勤務態度があまりよくない場合です。これは、職場で嫌われる新人の特徴の典型的な例です。もう一つは、仕事に取り組む姿勢が非常識な場合です。いずれも、新人らしさ、すなわち謙虚さがない場合に、上司に嫌われるようです。

新入社員は勤務態度に気をつけよう

新入社員はまだ仕事ができなくて当たり前です。ですから、仕事でミスをしたり、至らないことに関してはそこまで不快に思われないのでしょう。
では、上司や先輩たちの神経をさかなでして嫌われたのはどうしてなのでしょうか。
職場で嫌われた新入社員が取るべき行動パターンとはどんなものなのでしょうか。

上司に嫌われた新入社員の対処法①:受け身な姿勢を直す

仕事は受け身ではなく、自分でどんどん見つけていくものです。受け身で仕事をしていることが嫌われた原因かもしれません。率先して仕事をもらわないと、上司に嫌われるかもしれませんよ。

上司に嫌われた新入社員の対処法②:雑用を率先してやる

上司に好かれる人は、「雑用を率先してやる人」です。みんながやらないことを一番先にやるというのは勇気や思いやりが必要ですし、また、雑用をこなしていくことで、実力もあがります。上司に嫌われた人は、もしかしたら雑用から逃げているかも?雑用を率先してやらない人は、上司に嫌われると言っていいでしょう。

上司に嫌われた新入社員の対処法③:注意されても素直でいる

注意や指摘は成長するうえでかならず必要です。また期待しているからこそ注意をしていくわけですから、有難くうけとりましょう。上司に嫌われた新入社員は、注意された時に不満が顔に出てるかも?ふてくされず有難く注意を聞く後輩は、可愛がられます。

上司に嫌われた新入社員の対処法④:正しい敬語を使う

ビジネスパーソンとして、目上の人に敬語を使うのは、当然のマナーです。ましてや上司なら敬語は絶対です。また社外の取引相手に下手な敬語を使っていると、会社自体のブランドや信用をあなた一人で傷つけることになりかねません。上司に嫌われた新人の中には、敬語が使えていないという基本的な部分で嫌われる人もいます。正しい敬語、美しい日本語を使えるようにしておきましょう。

上司に嫌われた新入社員の対処法⑤:コミュニケーションを図る

話しかけても反応が薄かったり、挨拶しても会釈する程度で愛想がない。上司に嫌われた場合、一度は距離を感じるかもしれません。しかし、こちらから積極的にコミュニケーションを図れば、上司は再び自分を気にかけてくれるようになります。仕事の話を聞いても必要最低限の答えで、時には黙ってしまたりと基本的なコミュケーションがとれない部下は上司に嫌われてしまうかも。

新入社員は仕事に取り組む姿勢も見直そう

新入社員が上司に嫌われた場合、対処する方法がまだあります。仕事の内容以前に、仕事へ取り組む姿勢で誠意を見せる事です。新人が仕事に取り組むときの姿勢は、職場の雰囲気を左右する事もありますから、もし嫌われたと落ち込んでいる新入社員も、これを見て信頼を取り戻しましょう。

上司に嫌われた後の仕事の取組み方①:同じミスを繰り返さない

先輩が時間を割いて丁寧に教えてくれたにも関わらずミスを続けるのは良くないです。上司に嫌われてしまった後は、より気を引き締めてアドバイスもしっかりメモをし、確認をとることで、ミスという無駄をしないようにしていきましょう。そうすれば上司に仕事への姿勢が伝わります。

上司に嫌われた後の仕事の取組み方②:報告・連絡・相談を徹底する

ホウレンソウ(報告、連絡、相談)ができないと間違いなく上司に嫌われてしまいます。上司に嫌われた場合はここが徹底できていない事が可能性として考えられます。このホウレンソウ(報告、連絡、相談)ができているのは当たり前です。順調なのか、困っているのか、問題が発生しているのか?など、自分の近況を随時報告、連絡し、困っている場合はしっかり相談しましょう。

上司に嫌われた後の仕事の取組み方③:知らない事は聞く

知識もないのに自分で判断するのは、上司に嫌われるどころか、ミスを生んでしまいます。新人が自己判断で進めていくのはとても危険です。嫌われたと感じた場合、上司に話しかけづらいかもしれませんが、素直さ・正直さを示すためにも質問は大事です。困ったことを含め、業務上の決断は必ず相談するか、上司に判断を聞きましょう。

上司に嫌われた後の仕事の取組み方④:大事な話のタイミングを考える

細かいところではありますが、仕事の話をする場所やタイミングを間違えている、あるいはわきまえていない人は、上司に嫌われる場合が多いです。空気が読めないから嫌われた、なんて事がないようにするべきです。そういった意味でも、話をするタイミングにも気を使うようにしておきましょう。

上司に嫌われた後の仕事の取組み方⑤:謙虚でいる事

他人のミスとなると喜々として指摘したり、他人の失敗をあげつらったりするのに一生懸命な人も、やはり上司からは嫌われやすいです。こんな人に限って、したり顔で上司にすり寄って長いものにまかれようとしますが、 他人のミスや他人の失敗にしか興味がない人は、裏を返せばそれだけ自分に自信がない証拠です。他人のミスより、自分を見直す癖をつくりましょう。

新入社員は上司に嫌われたと感じても謙虚な態度と仕事の取組み方で信頼を取り戻そう

上司に職場で嫌われる新人の特徴と、その後の対処法を集めてみましたがいかがでしたか?
「上司に嫌われた新入社員の行動パターン」で思い当たるふしはありませんか?自分を振り返ってみて、反省点があれば今すぐ直して可愛いがられる後輩になりましょう。社会人としての自覚を持ち、上司に敬意を持って行動しなければ、部下として上司に見放されてしまうことにもなりかねません。上司も部下も同じ会社の仲間ですから、これらを参考に良い関係を築いていきたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム