2017年01月16日(月) 更新

職場恋愛で他の異性と仲良くして嫉妬をあおるリスク

わざと他の異性と仲良くして嫉妬させるのは「最大のタブー」

職場恋愛をしているカップルは、仕事もプライベートも一緒なので安心な反面、新鮮味に欠けてしまいやすいものです。時々、変化が欲しくなり職場でわざと他の異性と仲良くして嫉妬させたくなる方もいます。

しかし、それは恋人としても社会人としても決してやってはいけないこと。まず職場に私情を持ち込むこと自体が社会人として一番やってはいけない行為ですし、新鮮味がなくなったからといって、人の気持ちを試すようなことをするのは恋人に不快な思いをさせ最悪別れに直結してしまうケースもあります。

同じく、喧嘩中にわざと他の異性と仲良くして相手の気持ちを煽るのはもってのほかです。

愛情を確認する方法は相手を嫉妬させることだけではない

相手のことが好きだから他の異性と仲良くしているとモヤモヤしてしまう、確かにそれも愛情表現の一つでしょう。しかし、相手を信頼しているからこそ他の異性と仲良くしていても嫉妬しない人も実際います。

相手を嫉妬させることは変化とも言えますが、マンネリを打破する方法などいくらでもある上に、周囲に迷惑をかけるだけなので、嫉妬から衝動的な行為に出るのはやめておきましょう。

嫉妬は何のメリットもない

大体、嫉妬しないからと言って、恋愛には何の問題もありません。
あなたのことを心から信頼しているからこそ、ヤキモチなんて感情を抱かないだけです。ただのスパイス程度のものを愛情のメインに考えてしまっては、根本の恋愛自体がおかしくなります。
どうしても嫉妬させたいのであれば、職場の異性をターゲットにするのは止めておきましょう。

駆け引きもしすぎには注意!

恋の駆け引きが一度うまくいったからといって、次もその次もうまくいくとは限りません。
何度も駆け引きを意識して繰り返しているうちに、最初は気にしていたけど煮えきらない態度に愛想をつかして”相手が引いてしまう”なんてケースも少なくはないのです。

相手が他の異性と仲良くしていても嫉妬しない

とはいえ、お互い相手を嫉妬させないように心がけていても、どちらかもしくは両方が嫉妬深くては、仕事の最中に気をつけていても限界があります。会社には女性もいますし男性もいるわけですから、仕事上異性と接するのは当然のこと。

いちいち気にするようなタイプの方は、そもそも職場恋愛には向いていないのです。ですから、最低限自分の心をコントロールし、職場の仕事仲間にに迷惑をかけないようにできることが職場恋愛の必須の条件と言えるでしょう。

職場恋愛で異性関係の嫉妬・駆け引きをするときトラブルにならないように!!

仕事上の「職場恋愛」「嫉妬」「駆け引き」のリスクについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
まずは何よりも「わざとほかの異性と仲良くして嫉妬させる」というのがタブーだということは押さえておきましょう!そもそも、職場恋愛において、嫉妬だったり駆け引きだったりなどのリスクをともなう行為は、極力しない方が身のためです。

関連コラム