2017年06月27日(火) 更新

新入社員のスーツ選びのコツとおすすめブランド【男女別】

リクルートスーツとは就職活動中に着用するもの

新社会人になったばかりのとき、気になるのが毎日着ていくスーツ選びですよね。 まずは就活時代に使っていた「リクルートスーツ」はの位置づけから説明しましょう。リクルートスーツとは、就職活動中に着用することを目的としたスーツのことであり、スーツの種類等を示すものではありません。

安くてシンプルなデザインが一般的

リクルートスーツは「リクスー」と称されることもあり、一般的に学生が購入し、着用するため安価なものが多いです。色はグレーや黒、濃紺といった無地でシンプルなものが主流。男性は背広、女性はレディーススーツが一般的です。

新入社員になってもリクルートスーツを活用できる?

入社後1年はリクルートスーツを使える

就活中のリクルートスーツにもよりますが、ブラック(黒色)を前提にすれば、入社後1年は使えるとされています。 ただ、黒色はどうしても日本の葬式用か就活用に見えてしまうので、2年目以降は外した方が無難です。

営業職なら新しくビジネス用スーツを新調しよう

また、明らかに入社1年目とわかってしまうというのは、仕事上あまり良くないケースもあります。特に営業職として取引先を頻繁に訪れる場合は、ビジネスマナーの観点からもリクルートスーツの使用は避けるべきでしょう。

新入社員のスーツ選びの4つのコツ

高級ブランドは避けるべき

新入社員が高級ブランドスーツを着ても、はっきりいって似合いません。 先輩のヒンシュクを買う羽目にもなります。自分の立場を考慮しつつ、手ごろな値段のブランドを選びましょう。 社員は会社の看板を背中に背負って仕事をしていますから、奇抜な個性よりも、安定した社会人らしさを求められるのです。

店員に相談して選んでももらうのも手

慣れないうちはブランド物のスーツに手を出すよりも、量販店で買ったほうが失敗を避けられます。量販店では毎年、新入社員向けのフェアなども行っており、新入社員のスーツ事情にも詳しいのでおすすめですよ。 新人向けのスーツについて、量販店で店員に相談しながら購入すると、失敗を防げますよ。

色はネイビーが無難

新人が着るスーツの色としては、ダークネイビー系が無難です。奇抜すぎる色のスーツを着ていくと、社内いじめのターゲットにもされかねません。入社してすぐに目立つ必要はなく、頭角を現すまでは地味に手堅く過ごしましょう。

スーツの色選びのポイント

黒い色のスーツは冠婚葬祭用であり、ビジネススーツとしては使えません。必ず避けるようにしましょう。

暗めのグレーも選択肢に入る

どうしてもネイビーが嫌だ!という人は、暗めのグレーを選ぶとよいですよ。派手すぎないため、職場でも馴染むカラーです。ただし、暗めのグレーは少し地味な印象も受ける点も考慮しておきましょうね。

ビジネスマンにおすすめのメンズスーツブランド5選

それでは、新社会人にふわさしい、おすすめのメンズスーツブランドを紹介します。

新入社員におすすめのスーツブランド①COMME CA ISM(コムサイズム)

COMME CA ISM(コムサイズム)のおすすめポイントは、スタイリッシュデザインやシックなモードを感じさせる、デザイン性の高いアイテムが多いところです。 手頃にお洒落なデザインのアイテムを購入したい向けのショップであり、20歳くらいから30歳くらいまでの年齢層から愛用されています。

新入社員におすすめのスーツブランド②ABAHOUSE(アバハウス)

ABAHOUSE(アバハウス)のおすすめポイントは、シンプル&キレイめ系を基本ラインとしたデザインで、ちょっとした可愛らしい雰囲気があるというところです。 お値段もお手頃で、女性ウケもいいと評判のブランドです。20歳くらいから40歳くらいまでが購入層になります。

新入社員おすすめスーツブランド③Paul Smith(ポールスミス)

COMME CA ISM(コムサイズム)やABAHOUSE(アバハウス)などのブランドよりも、落ち着いていてスーツにシルエットも出やすくなっているPaul Smith(ポールスミス) 高級タイプなものでなければ比較的お値段も手頃で、新入社員におすすめのスーツブランドの1つになります。ポールスミスを購入されている年齢層は10代、20代の若い世代から50歳、60歳の方まで幅広いようです。

新入社員おすすめスーツブランド④UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

駅前のビルなどに店舗を構えていることの多いUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)。アパレル系のセレクトショップとして、学生時代にお世話になった人も多いでしょう。 実は、ユナイテッドアローズがスーツも販売しているって知っていました?やや高めの価格帯ながらも、慣れ親しんだブランドのスーツで社会人生活を送ってみるのもいいですよ。

新入社員おすすめスーツブランド⑤TEIJIN MEN’S SHOP(テイジンメンズショップ)

銀座などに店舗を構えるTEIJIN MEN’S SHOP(テイジンメンズショップ)。 アメリカントラッドスタイルをメインにブリティッシュモデルを融合させた”テイメン銀座スタイル”を発信。時代を超えて受け継がれていく、伝統的なスタイルを提案するブランドです。 上品な大人のコーディネートに欠かせない商品を取り扱っており、1つ上の男を目指すためのスーツが揃っていますよ。

安い量販店のスーツも高評価!新入社員へのおすすめ3選

ここまでは、比較的高級寄りのブランドを紹介しましたが、初めての1着であれば、量販店のスーツもおすすめです。 ポイントとしては、とにかく色や、デザインやサイズなど、とにかく品数が豊富な点。専門知識を持った店員さんが多く、自分に似合ったスーツを試着をしながら的確にアドバイスしてくれるというところにあります。

新入社員におすすめのスーツブランド①洋服の青山

まずは洋服の青山のおすすめポイントです。洋服の青山というと、日本だけではなく、世界でも圧倒的な実績を誇るスーツ量販店として名が知れているスーツ量販店です。全年齢層をターゲットとしているため、デザインはシンプルかつベーシックで無難にスーツを選びたいという方におすすめです。 値段も低価格の割に、量販店とは思えない品質の高さが魅力。特に上の世代を中心に人気を集めています。

新入社員におすすめのスーツブランド②AOKI

AOKI(アオキ)のオススメポイントは機能的なアイテムが充実しているというところです。 例えば、自宅の洗濯機でも洗えたり、スリムフィットでも非常に動きやすく、通気性が良いスーツが代表格。AOKI(アオキ)は先ほどの青山と比べると、若年層をターゲットにデザインや機能性にこだわっているみたいですね。 個性や派手さは抑え目なシンプルデザインが基本ですが、綺麗なシルエットなど随所におしゃれさを感じさせるスーツを多く取り扱うお店です。

新入社員におすすめのスーツブランド③紳士服のコナカ

イメージキャラクターに最も熱い漢、松岡修造を起用している「紳士服のコナカ」 低価格で幅拾い年齢層に対応したスールのラインナップが魅力です。ワイシャツ、ネクタイ、ベルトの3点セットがお買い得価格で手に入るなど、スーツ以外の必需品をまとめ買いするのにも適しています。 通常よりも多きいサイズのスーツも取り扱っており、どんな需要にも対応できる商品群です。

新入社員の女性におすすめのスーツブランド3選

こちらも男性の新入社員と同じく、落ち着いた色合いにしましょう。特に、先輩や上司のヒンシュクを買わない程度の値段に抑えることが大切です。とくに女性のやっかみは男性よりも強いもの。一目でブランドものだとわかるようなスーツは着ないほうが得策でしょう。

新入社員におすすめのレディーススーツブランド①コムサデモード (COMME CA DU MODE)

女性の新入社員が好むレディーススーツの人気ブランドがコムサデモード (COMME CA DU MODE)です。 シンプルかつキレイなシルエットでスタイルもよく見えます。 値段も非常にお手頃なうえに、豊富なデザインやカラーを取り扱っているのも、女性の新入社員に人気の理由です。

新入社員におすすめのレディーススーツブランド②INED(イネド)

続いてはINED(イネド)です。INED(イネド)のおすすめのポイントは細身でシルエットが綺麗に見えるスーツという点。20代から30代の女性に人気が高いブランドです。 お値段はお手ごろ価格なものから少々高めの物までと、デザインや素材によって値段の幅も変わります。上質な素材と洗練されたパターンで、大人の女性を知的に演出してくれるスーツとして人気が高いです。

新入社員におすすめのレディーススーツブランド③ORIHICA(オリヒカ)

ORIHICA(オリヒカ)は洋服のAOKI(アオキ)の系列でもあり、140店舗以上の店舗を展開しています。 お値段も非常のお手ごろ価格でシンプルなデザインで、手堅くスーツを選びたい方におすすめですよ。店舗で試着をしながら、店員さんに気兼ねなくデザインや色についても相談できるので、初心者にも安心です。

レディーススーツは通販でも買える

日頃からオシャレに余念のない女性も、仕事が忙しくなると中々ショップを訪れる機会が減ってしまいますよね。そこで、ネットショップを利用した通販でスーツを購入する方法もあります。 平日は仕事で帰りが遅く、休日はプライベートな予定が詰まっている人でも、通販で頼んで玄関で受け取るだけ!このお手軽さは癖になりますよ。

レディーススーツのおすすめ通販

・ニッセン
・セシール
・オンワード

ピシッとするにはオーダースーツがおすすめ

ここまで紹介してきたスーツの選び方。色やサイズ、流行りのデザインを意識して選べれば、何の問題もありません。 しかし、さらに上のビジネスマン・ビジネスウーマンを目指すのであれば、オーダースーツを作ってしまうのもいいですよ。 体のサイズをきちんと採寸して作るため、ジャストフィットするクールなスーツの出来上がりです。

フルオーダースーツでも意外と高くない

でも、オーダースーツと聞くと、ベテランのビジネスマンが着ている服というイメージがある人も多いのではないでしょうか。でも、安心してください。意外と高くないです。 安いものだと4万円台からオーダースーツを制作可能。SUITBAR(スーツバー)やGlobal Style(グローバルスタイル)などを利用するといいでしょう。

新入社員におすすめのスーツ選びは高級ブランドを避けたお手頃価格の中から

仕事に着ていくスーツは誰が見ても嫌味のない、新入社員らしいデザインのものをチョイスするのが賢明です。 その際には、高級ブランドは避けお手頃価格の中から選びましょう。リクルートスーツは入社後や就職後に着るのは嫌だという人もいるかもしれませんが、場所に合わせて上手く活用するのもいいですね。 あなたの体型に合い、フレッシュで元気に見えるスーツを見つけてください。今回オススメしたブランドの中から選んでみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム