2017年01月16日(月) 更新

誘惑に負ける理由と誘惑に勝つ脳になる方法

誘惑に負ける理由を知ろう

タバコやお酒などの娯楽といった、誘惑に負ける心理は、なぜ生まれるのでしょうか。誘惑に負ける人の心理状態を調べることで、誘惑に負けるメカニズムを理解することができるでしょう。
まずは、誘惑に負ける理由について見ていきます。

ネガティブな人は、自信を無くして誘惑に負ける

ネガティブな心理の人はセルフイメージが低く、誘惑に負けることが多いというのはご存知ですか?
ネガティブな人は「自信がない…自分なんて、もうどうでもいいや」と、こうなってしまった時に取ってしまう行動が、やってはいけない、またはやらないと決めたことに走ってしまうのです。
また、ネガティブな人は自分の行動など、様々なことで自信をなくして、そのネガティブがまた新たなネガティブを生んでしまうといった悪循環を繰り返してしまいます。

自分に甘く、楽な方を選んでしまいやすい

目先の誘惑に負ける心理とは、誰もが自分に甘いために、そういった心理になってしまいます。
自分に甘いため、何かしら自分に都合のいい状況を作りたがります。また、苦労をしたくないと、逃げ癖がついてしまうのです。
また、誘惑に負ける人というのは、ついつい楽な方を選んでしまうといった心理があります。
人は誰でもずっと苦労したくはありません。しかし、何かしら苦労をしなければ成長もできません。

誘惑に勝つための方法

誰でもやめたい癖や行動があるはずです。体に良くないと分かっているのにタバコを吸ったりお酒を飲み過ぎたりするといった行動です。これらをやめて、誘惑に勝つための方法とは一体なんでしょうか?

誘惑に勝つ方法①思い切って捨てる

誘惑に勝つためには、思い切って捨てる方法を取ることも大切です。
断捨離の精神で、たとえばゲームであれば、ゲームをアンインストールして、現物も売ってしまうといった方法です。

誘惑に勝つ方法②強くイメージする

たとえば飲み会に誘われたとします。その誘惑に勝つためには休みに語学留学している自分を想像してお金を貯めるなどの方法もあります。
また、目の前にお菓子があっても、くびれを手に入れた自分をイメージして我慢する方法など。
イメージするだけで脳は活発になり、理想の自分に一歩一歩い近づいていきます。

誘惑に勝つ方法③周囲に宣言する

また、どうしても誘惑に負ける場合は、誰かに宣言するといった方法もあります。
周囲に宣言することで、どうしても達成できなければ、恥ずかしいのは自分です。
恥の文化に生きる日本人には効果的な方法です。

誘惑に負けるのは楽な方法を選ぶから!誘惑に勝つには理想の自分を強くイメージ

誘惑に負ける理由は、主に自分に自信を無くしてネガティブになってしまい、楽な方法を選択してしまうからでしょう。
また、現在様々な誘惑がありますが、その誘惑に勝つためには、周囲からの後押しや、理想の自分を強くイメージするなどして、心を強くもつことが重要でしょう。
ダイエットであれば、理想の自分を強くイメージすることで、間食や食べ過ぎにもセーブがききます。
また、仕事であれば、こうなりたいから頑張るといったイメージを強く持つことで、そのためにはどうすればいいのか、何かしらの策が浮かびます。
自分を強くもち、ネガティブな自分を追い出しましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム