2016年11月29日(火) 更新

中途採用者が一日でも早く即戦力として活躍する方法

採用担当者が中途社員に求めるのは「即戦力」

企業の採用担当者が中途社員に求めるのは、なんといっても「即戦力」です。この「即戦力」の意味は、転職してすぐに売り上げを上げる能力を指すのではありません。

今回中途採用で入社した会社の環境にどれだけ早く馴染み、適応できるかが求められます。それをクリアした後に、売り上げを上げたり、自分の積み上げてきたスキルを使って転職先の会社の戦力となります。

即戦力になるためには円滑なコミュニケーションを心掛ける

即戦力になるには、中途採用で入社後にどれだけ会社に早く適応できるかだと話しました。そのためには、転職先の会社独自の仕事のやり方を学ぶ姿勢や周りとのコミュニケーションを積極的にとる心構えが大切です。

そのような能力は前社で培われていると判断されたから中途入社できたことを自覚し、できるだけ早く周りに馴染んでいきましょう。

会社で結果を出している人を真似ると即戦力になりやすい

中途採用で入社し早く即戦力になりたい時の心構えは、結果を出している社員を見つけて真似をするということです。とにかく自分が欲しい結果をだしている人をお手本にして、その人の行動パターンを真似するのです。

どこの会社にも輝いている社員は必ず存在します。そのような社員をいち早く見つけ、ひたすら研究して行動パターンを真似することをお勧めします。

活躍している先輩とできる限り一緒に過ごすと◎

転職先の会社から戦力として認められている社員を見つけ出し、できることなら食事を共にしたりゆっくり話す時間を取ってもらったりと、同じ時間を共有する心構えを持ちましょう。

自分が結果が出せていないうちは、一緒に過ごすことは居心地が悪いように感じますが、長く付き合っているうちにその人の行動パターンが身についてきます。勇気をもって結果をだしている社員と付き合って、真似をする事で即戦力となる土台が出来上がります。

即戦力として働くためには「生産性」と「貢献意欲」が必要

即戦力になるための心構えは他にもあります。生産性を重視し、人よりも働くと決意することです。中途採用で入社した場合、新卒入社の社員と比べて時間のハンデキャプがあります。

その時間を埋めるためにも、生産性を重視すると共に、人よりも多く働く心構えが必要です。手っ取り早く即戦力になる為には、寝ても覚めても仕事のことを考え、転職先の会社のために貢献するという欲求を高めることです。

自分の心構えを具体的な行動で示す

自分が即戦力になる為に出したい結果を明確にし、周りに伝えていくことも即戦力と認められるためには必要です。ということです。会社によって中途採用した社員に対して求める結果は違ってきます。

自分がどんな結果をだすことで、転職先の会社に即戦力として認めてもらえるのかを考えます。そして、きちんと上司や周りに具体的な行動指針を伝えていきます。そうすることで、即戦力になりたいという意志をわかってもらうことができます。

中途採用者が即戦力として活躍するなら努力を惜しまず貢献し続ける心構えが重要

中途採用で転職先の会社に入ると、様々なハンディキャップを背負っているので、即戦力になることは大変だと感じるかもしれません。しかし、中途で入った会社への貢献欲求や人一倍働くという心構えを持ち、逸早く即戦力として工夫をすることが大事です。

そうすると、周りには自然と認めてもらえるようになります。具体的なプロセスや行動指針を上司や周りに伝え、その達成に向けて努力を惜しまず行動し続けましょう。

関連コラム