2017年11月01日(水) 更新

【社長の心を掴む】最終面接で逆質問をするときのポイント

最終面接で逆質問をするときのポイントとは?

面接では最後に「何か質問はありますか?」と聞かれることがよくあります。素直にわからないことを聞いていいものかと迷った挙句、結局何も聞けずに終わってしまうという人も多いでしょう。しかし面接、特に最終面接では社長や会社の重役が同席していることも多いです。ポイントをおさえれば「この子、出来るな」と思わせることも可能です。ではどんな逆質問をすればいいのでしょうか?

一般的な逆質問は最終面接で聞かない

逆質問では、事業内容や福利厚生など、一般的なことを聞くのは避けましょう。社長や重役に「それは今聞くことなのか?」と思われてしまいます。面接は細かくスケジューリングされていることもあるので、わざわざ社長などに聞くほどでもない質問、公式サイトやパンフレットに答えが書いてある質問はNGです。

聞いてはいけない逆質問

  • 御社ではどのような事業をされているのでしょうか?
  • 御社の強みはなんですか?
  • 御社の福利厚生について教えてください。
  • 御社の今後の方針はどのようなものなのでしょうか?

最終面接で効果的なのは社長にしか答えられない質問

最終面接に社長や会社の重役が出てきているのであれば、その人たちにしかできない質問をしてみましょう。また、自分のやる気を見せられるようなアピール混じりの質問もおすすめです。

採用したいと思わせる逆質問

  • 社長がこれまで経験した中で、一番の成功は何でしたか?
  • 専務が『専務』になられた秘訣とは!?
  • 私は◯◯業界を変えるような仕事をしたいと思い、◯◯を欠かさずチェックしているのですが、今業界に求められている発想とはどんなものでしょうか?
  • 私は◯◯することについては誰にも負けないと思っています。この特技を御社で生かせる業務はどんなものがあるでしょうか?

最終面接で社長や重役の心をつかむための逆質問として良いのは、
・社長の考え方やビジネスにおけるスタンスを決めた成功体験
・重役がその地位につくまでに行った努力
などについてです。誰でも自分の成功体験を語ることは嬉しいですし、聴く方も成功者の言葉であればぜひ参考にしようという気になりますよね。創業社長であれば、創業ビジネスについての想いについてを質問するのも良いでしょう。

事前の情報収集が大切

事前に会社の公式サイトやブログなどで、社長の考え方などをチェックしていると、成功体験の話にそれを絡めた相槌を打つことができ、「そこまで調べてきたのか!」と感心してもらえ、好印象を得られます。自分のやる気を見せられるようなアピール混じりの質問も、「もしこの応募者が会社に入ったらどうなるだろうか」と想像させ、印象に残ることができます。逆質問で印象に残すことができれば、内定獲得も夢ではありません!

最終面接では一般的な質問はせず、最終面接官にしか答えられないことを訊こう!

それまでの面接内容がイマイチでも、逆質問で最終面接官レベルの人に好印象を残したり、熱意をアピールできれば、内定をゲットすることができるかもしれません。最終面接における逆質問は事前準備が肝心です。説明会やそれまでの面接、公式サイト、パンフレットなどでわかることは確認しなくても頭に入れておいて、最終面接官にしか訊けないことを尋ねましょう。
また、その返答によって、会社のカラーを決める社長や重役の考え方もわかりますので、本当に自分に合った会社なのかを見極めることもできます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム