2016年11月29日(火) 更新

社会人なら絶対知っておくべき正しい謝罪の仕方

「すみません」は社会人として使うべきでは無い敬語

社会人としてミスや失敗をしてしまった時、思わず「すみません」という謝罪の言葉が口から出てしまう人も多いのではないでしょうか。社会人として謝罪をすることは大切です。
しかし、社会人としてはこの謝罪の言葉はふさわしくありません。なぜ社会人として「すみません」を使うのは、ダメなのでしょうか。

社会人なら「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」 等がベスト

「すみません」は、丁寧語ではありますが、ビジネス上でお詫びの気持ちを伝えたいのなら、もっと丁寧な言葉を使いましょう。
その場合には、
「大変申し訳ございません」
「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」
です。

社会人としての謝罪の方法

社会人として謝罪の場面でよく使うフレーズがあります。
ミスが起こってしまった時に、それ以上相手との関係が悪くならないようにするために、基本のフレーズをマスターするとよいでしょう。

社会人なら「心からお詫び申し上げます」等の丁寧な言葉を使用!

社会人なら、「すみません」ではなく、
「申し訳ありません(でした)」「お詫び申し上げます」「深く反省しております」
その他にも、「勉強不足で~」「認識不足で~」などを語頭に持ってきましょう。
社会人ならくすみませんではなく、「申し訳ありませんでした」と繋げて使用しましょう。

ビジネスの謝罪場面で気をつけること

ミスは誰にでもあるものです。全ては謝罪の方法によってかわってきます。相手が思わず許す気になってしまう謝罪とはどのようなものでしょうか。

自分は悪くないという態度を見せないのがベスト!

会社での仕事はチームプレイです。
場合によっては、他人のミスで謝罪する場面もあるでしょう。
しかし、謝罪する時には、「自分は悪くない」という態度は少しでも見せてはいけません。
言い訳するのも、方法として良いとは思えません。
是非、ここは大人として割り切った謝り方をしましょう。

社会人の謝罪は「すみません」ではなく「心からお詫び申し上げます」

社会人として「すみません」は使用NGです。「心からお詫び申し上げます」など、より丁寧な言葉を使用しましょう。
社会人に謝罪の場面はつきものです。正しい敬語やフレーズで、お詫びの気持ちを伝えて行きましょうね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム