2018年01月30日(火) 更新

封筒に宛名を書く時の基本的な書き方のビジネスマナー

封筒の書き方のミスは信用問題になる

封筒は送り先の担当者も必ず見るものです。そこで書き方のビジネスマナーを守れていない状態ですと、この会社はどんな教育をしているんだ?と思ってしまうでしょう。

良好な関係を築くためにもミスはできません。その様な事が無い様に、封筒の宛先を書く際の書き方に関してしっかり注意をしておきたいですね。

縦書き封筒の際の書き方の注意点とは?

今回封筒への宛名の書き方に関して、マナーを紹介していきます。封筒の書き方で少し問題があります。それが縦書きと横書きの問題です。

まずは、縦書き封筒の宛名を書く際の基本的なビジネスマナーと注意点をまとめてみました。これから紹介する書き方はしっかりとおさえておきましょう。

自分の名前と住所の書き方は「ハガキ=表」「封書=封筒の裏」

封筒の宛名の書き方ですが、基本的には封書もハガキも同じです。ただ、自分の名前と住所の入る場所が変わります。ハガキの場合は表に自分の名前と住所を書き、封書の場合は封筒の裏に書くことになりますので、このポイントをおさえておきましょう。

縦書きの封筒の書き方のマナーをおさえよう

縦書きの封筒の書き方のコツとして、郵便番号の小枠の右側2つの中心に合わせるとバランスがよくなり見栄えもいいです。また、目上の方や取引先で他都道府県の住所へ送るときは、都道府県名から記載しましょう。番地などの数字は、縦書きには一般に漢数字を使いますので、書き方に気をつけておきましょう。

封筒の裏側の書き方のビジネスマナー

ここで、次は封筒の裏面の書き方になりますが、縦書き封筒の裏面の書き方は、

・差出人の住所や名前は宛名より小さく
・日付を書く場合は右上に書く
・封緘語は一般に「〆」「封」「緘(女性は使わない)」を使用する

こういったビジネスマナーが、封筒の裏側の書き方としてありますので、気をつけてください。

横書き封筒を書く際の注意点とは?

上記では、縦書きの封筒の宛名の書き方について紹介してきましたが、次は、横書き封筒の宛名を書く際の基本的なビジネスマナーと注意点について紹介していきますので、その書き方のポイントもしっかりとおさえておきましょう。

封筒の宛名が横書きでは宛名は封筒のほぼ中央に書く

封筒が横書きの場合には、住所は封筒の郵便番号のレイアウト枠内に収めると見た目がよくなります。また、宛名は封筒のほぼ中央に書くのが一般的な書き方のビジネスマナーです。これが、封筒を横書きにする場合の基本的なレイアウト、書き方です。

封筒の宛名が横書きでおさえておきたいその他のポイント

・住所は封筒の上半分1/3くらいのスペースで納め、数字は算用数字を使います
・もし日付けを入れる場合には、住所の左上になる位 置に書きます
・切手は、縦に見た時に左上になる位置に貼ります。

上記のポイントは、封筒の宛名が横書きでおさえておきたい書き方のポイントになりますので、気をつけておきましょう。

封筒の書き方はこんな点にも注意しておこう!

縦・横問わず、封筒の宛名を書く際に注意すべき、その他のビジネスマナーです。こういった細かい封筒の書き方マナーも覚えておくべきですので、この機会におさえていおきましょう。

封筒の縦書き・横書き問わずおさえておくポイント

ここで、封筒の縦書き・横書き問わず、おさえておくポイントを下記で紹介しておきますので、みていきましょう。

・住所が長くなるときは二つに分け、宛名はなるべく中央に住所より大きく書く
・肩書きは宛名より小さく
・差出人の住所や名前は宛名より小さく
・封は中の手紙、書類につかないようにのり付けで
・ホッチキス、セロハンテープはNG
・大事な相手に送る大事な郵便物であれば、なるべく切手は一枚にしたほうがよい。

封筒の書き方でビジネスマナーを守ったうえで縦書き・横書きを選択しよう

ビジネスマナーの基本的な封筒の宛名の書き方について紹介しました。
封筒は中身を見るよりもまず、封筒自体をチェックするものですのでここでミスが無い様に注意しておきたい注意点です。封筒の宛名の書き方に不安のある方は、ぜひ参考にして恥をかかない様にしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム