2017年07月03日(月) 更新

「お目にかかる」という敬語の正しい使い方【例文あり】

「お目にかかる」の使い方は多くの人が間違えやすいので注意

「お目にかかる」の言葉について、下記の例文のような使い方をしている人がいます。しかし、実はこれらは誤った使い方なのです。

・課長はお目にかかりましたか?
・社長はお目にかかりましたか?
・(目上の)○○様はお目にかかりましたか?

これは尊敬語としての表現となっていますが、「お目にかかる」は尊敬語ではなく謙譲です。そのため、このような使い方はしません。間違って使ってしまいがちですので、注意しておきましょう。

敬語の基本「尊敬語と謙譲語の違い」を明確にする

ビジネスシーンでは、正しい敬語の使い方が必須です。正しく使うには、敬語の基本である「尊敬語」と「謙譲語」を再確認しましょう。自分がその相手を尊敬していると分かるような言い方をするのが、尊敬語です。
一方、自分の側がへりくだり、相手に対して「こちらの身分が下」と示すことで、相手側への敬意を表現するものを謙譲語といいます。「お目にかかる」は謙譲語ですから、主語は自分にしましょう。

「お目にかかる」は「会う」という意味の謙譲語

「お目にかかる」は、「会う」という言葉の謙譲語に当たります。目上の人に対して「会ったのか」を問うのであれば、「会う」は目上の人の行動なので尊敬語に変換します。「お目にかかる」は、「会う」という言葉の謙譲語なため、自分がへりくだって相手を敬う場合に使います。自分が「会う」という行動を起こす時に、「お目にかかる」という言葉を使うのです。

「会う」の敬語を再確認しておこう

目上の人に対して、会ってくれたことへの感謝を敬語で伝えるには、どうすればよいでしょうか?「会う」の言葉を尊敬語と謙譲語に変換する場合は、以下のようになります。

尊敬語:お会いになる、お会い下さる、会われる
謙譲語:お目にかかる、お会いする

この通り、尊敬語と謙譲語とそれぞれ使い方が異なるので、敬語の変換間違いには注意しましょう。「お目にかかる」に加えて、「会う」の尊敬語も押さえておくとなお良いでしょう。

「お目にかかる」という言葉の正しい使い方の例文

「会う」の謙譲語である「お目にかかる」の正しい使い方の例文がこちらです。

・〇〇様にお目にかかることができ、光栄です(でした)
・〇〇様にお目にかかりたいのですが
・それでは明日、お目にかかります

尊敬語を使いたい場合は「お会いする」か「会われる」

「会う」の謙譲語ではなく、尊敬語を使いたい場合は、「お会いになる」「会われる」を使うようにします。その場合の使い方は、こちらの例文を参考にしてください。

・お会い下さり、誠に感謝しております
・○○さんと会われるのですか?

目上の人に使うという意味では謙譲語と同じですが、変換の仕方や使い方が違うので、気を付けるようにしましょう。

例文を参考に「会う」という意味の敬語「お目にかかる」を正しく使おう

「お目にかかる」という敬語の正しい意味と、使い方や例文をご紹介しました。「お目にかかる」という言葉は、「会う」の謙譲語に当たります。そのため、自分をへりくだって相手を敬う際の敬語として使うことが多いです。敬語は、尊敬語なのか謙譲語なのか、その変換によって使い方が異なってきます。そのため、しっかりと正しい使い方を押さえておきましょう。

関連コラム