2017年07月04日(火) 更新

ホワイト企業にはないブラック企業で得られるメリットとは

ブラック企業ではストレスに強くなるというメリットがある

ホワイト企業にはないブラック企業で得られるメリットに「ストレスに強くなる」というメリットがあります。ホワイト企業が優良企業といわれるのは、出来るだけ働きやすい仕事環境を整えているという事でもあり、そのためにストレスがかかりにくいのが特徴でもありメリットでもあります。

しかし、ブラック企業は労働条件や就労環境が劣悪であったり、従業員に対しての長時間労働や荷重なノルマを課していたりします。つまりホワイト企業と異なりブラック企業はそこで働く人間に対しての配慮というものがないのです。
そのような労働環境で働くというのは、当然ストレスがかかります。ストレスがかかるという事自体はメリットがあるとは言えませんが、一時的にそういった劣悪な労働環境で働く事で、メンタル的に鍛えられる事でしょう。それによって上手にストレスを回避する事ができるようになれば、これはとても大きなメリットとなります。

ストレス耐性はホワイト企業への転職で大いに役立つ

ブラック企業で長期に渡って働く事は問題ですが、もし次に転職した企業がホワイト企業であるなら、きっとどのような仕事を担当しても、ストレスを感じにくくなっている自分に気が付くはずです。ホワイト企業にはないブラック企業で得られる一番のメリットとは、ブラック企業に勤めることによって、ストレスに強くなるということができるのです。

どの様な仕事でもストレスはかかると言えます。しかしホワイト企業だけに勤めていれば、ちょっとしたストレスでも深刻に受け止めてしまうかもしれません。ブラック企業に勤める事で、一時的に多大なストレスを受け続ける事で、メンタルが鍛えられて多少のストレスには動じなくなるのです。そんなメリットがブラック企業にはあるといえるでしょう。

ブラック企業では「寝食を忘れて仕事をする」経験が得られる

「生活の全てを仕事一色にする」というものが、ホワイト企業にはないブラック企業で得られるメリットの一つとなります。ホワイト企業で仕事をする時には、当然色々な点に配慮されていますので、例えばプライベートを犠牲にしてまでも働けというような事は、ホワイト企業では決してないはずです。
しかしブラック企業では、プライベートを犠牲にするどころか、下手をすれば体調を崩しかねないような働き方を強いられたりします。そのような働き方は決してメリットがあるとは言いがたいですが、長い仕事人生の中で一時的に「寝食を忘れて仕事をする」という時期を過ごしてみるのも良い経験となり、それがブラック企業で得られるメリットともいえるでしょう。

ブラック企業で働くことで心構えが変わってくる

ホワイト企業で働く時には、常に過重労働になっていないか、残業のし過ぎはないかという諸々の事に対して会社が配慮をしてくれるはずです。長期に渡って働くには、そのような働き方の方が絶対メリットが大きいでしょう。しかし、短期間にブラック企業で集中してガムシャラに働くという経験は、仕事に対して心構えが変わってきます。人生で一度くらい、寝る時以外は仕事にだけ取り組んでみるというのもとても経験であり、仕事人生に対してメリットとなるはずです。
長期に渡って仕事一色で働き続けるのはデメリットの方が大きいはずです。しかし、働きやすいホワイト企業に長く務める前に、ブラック企業で思いっきり仕事に打ち込んでみるというのも重要なメリットといえるのです。

ブラック企業は仕事の成果を上げることに集中できる

ホワイト企業にはないブラック企業で得られるメリットの中に「成果主義に集中する」というものがあります。ホワイト企業は労働者の人権や働きやすさなどに配慮してくれています。その為、仕事で結果を出せなくても、すぐに降格となったり移動させられるという事は少ないでしょう。そしてそれがホワイト企業に勤める事で得られるメリットなのです。

一方ブラック企業は、もし企業に対してメリットを与える事が出来ない人物と判断された場合は、本人の希望や意思などはまるで顧みられる事はなく、会社の都合で降格させられたり移動させられたりという事があります。しかしそういう労働環境で働くという事は、仕事の成果を上げる事に集中する事ができるメリットがあるのです。

ブラック企業で働くと結果に対して貪欲になる

ブラック企業は、本人の頑張りなどに対して配慮してはくれません。本人が頑張ろうが頑張らなかろうが関係なく、ブラック企業では結果だけが重要視されるという事が多いのです。仕事である以上、ホワイト企業であってもブラック企業であっても結果を出さなければなりません。その結果を出すという事に集中するような働き方ができるのが、ホワイト企業にはないブラック企業で得られる大きなメリットなのです。

ブラック企業はホワイト企業より「経験」「結果」を獲得できるメリットがある

ホワイト企業にはないブラック企業で得られるメリットは、一時的に仕事にのみ集中して働くという事、そしてそのような仕事の仕方を通してメンタル的に鍛えられるという事だといえます。長期に渡ってブラック企業に勤め続ける事はおすすめではありませんが、一度でもブラック企業で働いた事のある経験は、きっと仕事のスキルだけでなく、精神的にも大きく成長できるはずです。ブラック企業で得られるメリットとは、仕事に対する経験値を上げるという事でもあるでしょう。その後ホワイト企業に転職した際も大きな成果を残せるまでに成長しているはずです。

関連コラム