2016年11月29日(火) 更新

ビジネスマナーに適したおすすめの腕時計の選び方

時計に関してのビジネスマナー

時計に関してのビジネスマナーは意外と知られていないもの。カジュアルな大きめの筐体の腕時計は、フォーマルなビジネスの場では場違いであり、浮いてしまいます。

どんなに営業活動が素晴らしくても、相手にとって嫌な印象を与えてしまったらそのビジネスは失敗に終わります。人間は、感情の動物です。一度拒絶感を持ってしまったら取り戻すのは至難の業なのです。
第一印象が大切だとはよく言われますが、人の腕の部分は案外目立ちますので、カジュアルな腕時計は禁物なのです。

ビジネスシーンにあった時計を選ぶ事がマナー

ビジネスマナーで時計を選ぶ場合の基本として、自分がその時計をどんなシーンで、使うかを想像する事が前提条件です。
例えば、毎日スーツを着て仕事をするのに、ゴツゴツとしたカジュアルな腕時計をするのは場違いです。自分が好きでその時計をするのはもちろん構いませんが、重要なのは「相手にどんな印象を与えるか?」という事です。

時計屋さんにオススメの1本を聞くと、必ずどのような服装やシーンにで使うかを聞かれます。おすすめの時計は、そうした選び方をするのが常識なのです。

ビジネスシーンでは奇抜なものより無難な時計がおすすめ

時計は決して安い買い物ではありませんから、もちろん値段をそこまでかける必要はありません。
しかし、あまり奇抜な腕時計は相手に与える印象を悪くしてしまいますので避けましょう。高い時計は、自己主張が強いというイメージを与えてしまいます。シンプルで自己主張の強くない時計をおすすめします。

時計のビジネスマナーの理想

時計は様々なシーンで付け替えるのが、本当の意味での理想のビジネスマナーです。
商談の時、フォーマルなシーン、冠婚葬祭、あるいはプライベートのオフの時間など。その場面に合った腕時計に適宜付け替えるのが本当の意味での理想です。しかし時計は安い買い物ではありません。
何本もおすすめの時計を持っているという人も少ないでしょう。だからこそ、あらゆるシーンで使えるような無難な1本を持つ事がオススメとされているのです。

ビジネスマナーの面で見た腕時計のおすすめの選び方とは!!

実際にオススメの時計がなかなか見つからないというビジネスマンの方も少なくないでしょう。
あるいは、欲しい時計があるものの、値段的に見てちょっと手が届かないという場合もあるかと思います。そんな方の為に、幾つかおすすめの時計をご紹介していきたいと思います。
値段に関しては時計はかなり時価で変動しますので、気になる方は調べてみてください。

値段もお手頃なカルバンクラインはおすすめ

SEIKOの時計は年配者から見ても好印象

1万円未満の時計でも、まったく恥ずかしくありません

時計におけるビジネスマナーは、値段の高い時計を装着する事ではありません。
その場のシーンにあった時計を、目立たせずにサラっとつける事を言います。時計そのものが自己主張の強いものですから、あまり前面に押し出すものではないという事を覚えておきましょう。
あくまでもTPOをわきまえる事が、ビジネスマナーを守ると言い換える事もできます。覚えておいてください。

ビジネスマナーに適したおすすめの腕時計の選び方を参考に!!

ビジネスマナーに適した、おすすめの腕時計の選び方をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

スーツに合わせる時計ですが、スーツやネクタイや髪型にもマナーがあるように、時計にもあるようです。そのマナーも職種によって選ぶポイントは違うところもあるようなので、TPOにあったものを選ぶ必要があるようです。そこのところに注意しつつ、自分に合った時計を選んでいきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム