事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年12月01日(金) 更新

知人の紹介で転職するメリットとデメリット

知人に仕事や会社を紹介してもらうメリット

転職先の会社や仕事を知人に紹介してもらえれば、面接で他の応募者より有利に選考をすすめるはずだと考えるかもしれませんね。実際のところはどうなのでしょうか。まずは、実際に知人に転職先を紹介してもらうときのメリットについて見ていきましょう。

知人から事前に情報を入手できるため入社後のミスマッチが回避できる

まず良いところは、実際にその会社で働いている社員から情報を得られる点でしょう。知り得た仕事内容や情報から紹介を頼むか決められるので、入社してからのミスマッチやギャップを回避することができます。知り合いに紹介してもらえるという利点を生かせば、転職先の選択に役立つのです。

企業に縁故の安心感を与えられる

採用には労力とお金がかかるもの。たくさん面接をして、一番いい人を取りたいという会社もありますが、求める能力があればその人で決めたい、という会社も多いです。
そんな中、自社の社員が自分の首を絞めるようなリスクを冒してまで、転職したいという知人を紹介しないだろうという安心感を企業に与えるメリットがあります。それにタイミングによって「この人がダメなら求人を出そう」という感じで、優先的に面接を受けさせてくれる可能性があります。

役員レベルの紹介は更に強力

知人がその会社で役員をしていた場合、たとえその役員としての採用がなくても、管理職の人たちに連絡して「知り合いの紹介だが空きはないか」と確認してくれる場合があります。
人事部に一言いれただけでも、役員からの話を無下に断れるはずもないので、必ずある程度のアクションは起こしてくれるでしょう。さらに、仕事内容や収入などの相談もしやすいです。

知人に仕事や会社を紹介してもらうデメリット

有利な面もいろいろある知人による紹介の転職。でも大切な友達や仕事でお世話になっている先輩、取引先の人などに口をきいてもらう訳ですから、それ相応の覚悟が必要になるかもしれません。知人の紹介による転職には、メリットがあれば当然ながらデメリットもあります。知り合いの紹介ならではのデメリットをおさえておきましょう。

そもそも知人の後任かもしれない

知人の紹介で入社となれば、いろいろ教えてもらえるだろうという気でいますよね。でも、入社してすぐに知人が辞めてしまう可能性があるのです。知人の紹介で転職したのにその知人がすぐに辞めてしまったとなると、何とも言えない目で見られますし、しばらくは居心地が悪いでしょう。

知人=良き同僚ではない

友達だったり取引先の人であったり、それまでは転職の紹介を頼めるような良好な人間関係を築いていたとしても、「一緒に働きたい仲間」になるかは別問題。業務への取り組み方や考え方など、自分とは合わない部分がでてきて、衝突して仲が険悪になるという可能性もあります。これは知り合いの紹介による転職だからこそ、といえます。

面接で「知人の紹介」と伝えると有利になるか?

自己応募で応募したら、面接にのぞむ前に友達や知り合いが勤めていると判明した。または知人の紹介で面接を受けることになった。そんな時に、面接の場でその点を伝えたら有利に働くのか否か、気になるところでしょう。
それでは最後に、面接で知人の存在を伝えるとどう受け取られるのか、見ておきましょう。

「知人の紹介」と伝えたほうが印象に残りやすい

知人が役員であったり、社内で信頼されているのであれば、無条件で多少は評価が上がるかもしれません。
また、志望動機をアピールするときなどに、ただ○○の知人だという情報を伝えるのではなく、「知人である○○から御社のコンセプトを聞き共感して…」というような形で伝えれば、面接官の印象に残りやすくなります。

しかしリスクがあるので伝えないのが無難

知人が社内で信頼されていない場合、その人の知人というだけで評価が下がってしまう可能性もあります。とくに小さな会社であれば、人事担当者がその知人について調べるでしょうから、特に注意が必要です。
また、知人のことをむやみにひけらかすのは、こびを売っているとも受け止められかねません。

知人紹介での転職は選考に有利だが入社後にリスクが伴う

知人の紹介で転職する際のメリットとデメリットについて説明しました。転職の際に知り合いの紹介で選考を進めるのは、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解してからお願いすると良いですね。
また、面接では、知人の存在はあまり有利になるケースは無いようですが、話し方によっては印象に残すことができそうです。コネクションの広さは大きな武器。もし、みなさんが応募したい企業に知り合いがいたら、頼んでみてはいかがでしょうか?

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム