2017年01月16日(月) 更新

建設業界営業マンがもっていると有利な資格まとめ

建築業界なら土木・建築・設計・電気工事の資格取得が有利

建築業界で活かせる資格の種類は大変多く、土木、建築、設計、電気工事関係のものがあります。これらの中から、自分の業務に関係のある資格を取得すると、営業で活かすことができるでしょう。
ここでは、数ある中からいくつか詳しくご紹介します。

建築業界の営業マンが取得すると有利な資格①:建築士

まずご紹介するのが、建築士です。建築士の中にも、一級建築士、二級建築士、木造建築士と3種類あり建築物の設計から工事管理なども行うことができます。図面の見方もわかりますので、営業マンがこの資格を取得すると話の仕方もより具体的にできるでしょう。

建築業界の営業マンが取得すると有利な資格②:土木施工管理士

次にご紹介するのが、土木施工管理士です。土木施工管理士の資格を取得していると、工事現場ごとに置くことが定められている主任技術者または管理技術者にもなることができるのです。

建築業界の営業マンが取得すると有利な資格③:商業施設士

商業施設士の資格を取得すると、商業施設の運営管理システムや店舗のデザインなど、トータルで計画し、提案することがしやすくなります。今後、商業施設はさらに増加傾向にあるので、建築業界の営業マンも取得しておいて損のない資格でしょう。

建築業界の営業マンが取得すると有利な資格:消防設備士

最後にご紹介する建築業界の営業マンが取得しておくと有利な資格が、消防設備士です。この資格を持っていると消防用設備や特殊消防用設備など(特類の資格者のみ)の工事や点検を行うことができるのです。

その他の建築業界営業マンにおすすめの資格

電気工事施工管理技士、イン亭らコーディネーター、インテリア設計し、建設業経理事務士、宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、建築設備士、マンション管理士、再開発プランナー、測量士、CADトレース技能
以上の他にも、建築業界に関する資格はたくさんあります。

建築業界の営業マンは資格を取得していると話を具体的にでき幅も広がる

建築業界の営業マンは資格を取得することにより、仕事の流れが把握しやすくなるだけでなく、話は具体性を持たすことができ、幅も広げることができます。また、顧客からの信頼を得やすいという点も大きなメリットでしょう。自分の業務に必要な資格は、ぜひ取得しておくことをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム