2018年02月01日(木) 更新

営業マンがやりがち!スーツのNG着こなし例【柄・色】

営業のスーツでNGな着こなしは太めのストライプ

営業食の人が着用するスーツでは、まず柄にNGとなるものがあります。それは、太めのストライプ柄で、色合いやシチュエーションによっては失礼にあたる可能性があるのがその理由です。
それでは、どんな場合にNGなのか、どれくらいのものなら許容範囲なのか、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

目上の人と会う際にストライプのスーツはNGな着こなし!

営業が、着こなしストライプ柄のスーツを着てはいけない場面としては、目上の人と会うときが挙げられます。
上司や会社の重役と会うようなケースでは、そういったスーツは失礼にあたります。スーツは社会人が自分の個性を出せるツールではありますが、あまり目上の人に対して、カジュアルな印象を出すのは良くありません。
営業の人は、スーツの着こなしとしてNGになる場面は、しっかり覚えておきましょう。

スーツをストライプにするなら細めの柄にする!

営業を行う上で、相手の印象に自分を残そうと考えた場合、ストライプは無地に比べれば何かを狙っているのだなという印象は受けるでしょう。しかし、とりあえずそうしておけば良いだろうという考えはNGです。
あえて、営業でそういった柄のスーツを着るのであれば、着こなしとしては「目立たない細めのストライプ柄」を選ぶのが正解といえます。

営業マンにはスーツの色にもNGの着こなしがある

営業マンには、人に会う以上スーツの色にもNGの着こなしがあるのです。
最近は、就活の流れからそのまま黒のスーツを着る人も増えていますが、基本的には、冠婚葬祭のフォーマルウェアとされていますので、ビジネスではNGとまではいかなくとも、違う色が好ましいと考えられているのです。

営業として好ましいスーツの色

営業として好ましいスーツの色は、濃いめのネイビーかグレーです。そして、光沢のある素材にせず、生地にこだわりましょう。というのも、光沢のある素材を若い人が着ると、相手から軽そうな印象を受け、悪いイメージを与えるだけなのでNGなのです。
そして、ネクタイは無地か古典柄、シャツはセミワイドがベーシックな着こなしです。特に着こなしで、色というのは印象もつきやすく、NGな着こなしだとすぐに、露呈してしまうポイントになりますので、色選びについては、きちんとおきましょう。

社内規定で営業は黒のスーツが禁止にされている場合がある

これまで見てきた理由から、ほとんど職場では規定がないものの、稀に社内規則で、営業は黒のスーツを着用しないように決めている場合があります。
また、周りの社員が明るい色にしているのに、一人だけ黒では目立ってしまいますし、他の人との色の調和を考えるマナーは社会人として必要です。

営業ではスーツは一番下のボタンは留めないのが正しい着こなし

営業に関わらずほとんどのスーツのジャケットは、2ボタンと3ボタンのデザインとなっています。
そして、営業の人はどちらの場合においても、一番下のボタンは留めないものとされています。これをアンボタンマナーと言います。あくまでも、一番下のボタンはデザインという点を、スーツの正しい着こなしとして覚えておきましょう。

スーツの一番下のボタンを留めるのがNGな理由

営業の人はスーツの一番下のボタンを留めるのがNGな理由としては、先ほど述べたようにデザインとしているから、というのがあります。しかし、その他にも理由はあるのです。

本来、スーツのカッティングはウエストライン上のボタン(2つボタンでは上のボタン、3つボタンでは真ん中のボタン)から下は裾に向かってわずかに緩やかに広がっているので、一番下のボタンを留めてしまうとスーツに無理な負荷がかかり、シワができてしまうのです。
第一印象が重要な営業マンにとって、だらしのない印象になってしまう可能性があり、致命的ともいえるので、NGな着こなしとして是非覚えておきたいポイントです。

営業マンのスーツのNGな着こなしを覚えて印象を良くしよう!

今回は、営業マンにありがちなスーツのNGな着こなしについて見てきました。
営業職では、とくに身だしなみは重要視されますので、NGな着こなしについては絶対におさえておきましょう。
営業職の人は、自分が会社の顔となって取引を行う訳ですから、その意識を持って仕事に取り組むのが大事です。そう考えると、あなたの第一印象こそが会社のデキを左右するのです。会社の顔である営業として、スーツの正しい着こなしを覚えて相手に好印象を与えるように努めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム