2017年07月06日(木) 更新

営業マンのスーツ所有は何着?印象UPの身だしなみ術

営業マンに必要なスーツの数は3着~5着

営業マンは毎日スーツを着ます。通常、クリーニングはワンシーズンに1回ほどです。しかし、毎日着続けると汚れやしわが増え、ワンシーズンに1回では持ちません。営業マンは、スーツを何着持てばいいのかと疑問に思いますが、週休2日とすると3着~5着は必要と言えます。

外回りの頻度でスーツの数を決める

夏用のスーツというものがあります。なので、外回りが多い人は冬用2着、夏用2着はあるといいです。営業マンが全員毎日外回りしているわけではありませんから、とりあえず3着用意しておけば良いでしょう。

スーツ5着を1週間で着まわすのが理想的

若手のうちは、何着もスーツを購入する余裕がないのでしょう。ある程度営業マンとして自立し、頻繁に客先に訪問するようになったら、スーツを5着用意して1週間(週休2日として)で着まわすのが理想的です。

営業マンのスーツの数が少なく見えないコツ

週休2日の営業マンの場合、スーツは3着~5着は欲しいものです。そんなに持っていない・持てないという人は、色や柄で工夫すると、同じものをずっと着ているというイメージがなくなります。最近は、スーツを1着購入するとパンツが2枚ついているというものも多いので、そういうものを利用するのも良いでしょう。

違うデザインのバリエーションを増やす

同じような色や柄のスーツを5着持って着まわすと、「あれ?あのスーツこの間会った時も着てなかった?」と思われてしまいます。それを避けるために、黒と紺や無地とストライプといった様々なデザインのスーツを持つようにしましょう。

ツーパンツスーツで効率的かつ経済的に

スーツを1着買うとパンツが2枚ついてくる、ツーパンツスーツを活用しましょう。ツーパンツスーツでなくても、傷みやすいパンツだけ多めに購入して、組み合わせを変えて着るだけでも数の少なさを誤魔化せるかもしれません。

営業スーツのコーディネート・身だしなみ術

営業マンなら、毎日着るスーツ。ただ着るだけではおもしろくないですよね。ちょっとしたコーディネート術を活用しながらも身だしなみを守ることで、気分転換になり、他の人とは一味違う着こなしができます。インナーを工夫したり、季節に合わせて色を選ぶのも良いでしょう。

小物を変えるだけで印象が変わる

持っているスーツの数が少なくても、中に切るシャツやネクタイを変えるだけで印象はガラッと変わります。スーツの数は増やせなくても、シャツやネクタイの数を増やすことはできます。

季節に合わせたスーツ選びがおしゃれのポイント

営業マンはスーツを着て外を歩くわけですから、ある程度季節性というのも大切にしたいですよね。夏は夏用スーツを着る方も多いかと思いますが、色も涼しげなものを選んだり、シャツやネクタイも同じように涼しげのものにすればオシャレ感が増すでしょう。

営業で必要なスーツの数は3~5着!季節で身だしなみを変えてお洒落を楽しむ

営業マンのスーツ所有は何着なのか、印象UPの身だしなみ術について見てきましたが、いかがでしたか。営業マンにとって、何より大切なスーツ。その数は3~5着は欲しいものです。デスクワークが多いようなら、それほどスーツは必要ないかもしれません。営業マンは、スーツの数が少なくても、シャツやネクタイを変えたりしてコーディネートを工夫すれば、ある程度のごまかしはできます。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム