営業のお礼メールが届いた際の正しい対応法

更新 / 9684 view

営業のお礼メールに返信は必要?

お礼メール

営業のお礼メールに返信はしなくてかまいません。お礼メールにお礼メールを送るとエンドレスになりかねません。お互いの時間の無駄になりかねませんので、お礼メールには返信は不要です。質問等があれば、改めて別のメールとして送るようにしましょう。

どうしても営業のお礼メールに返信したい時は?

基本的にお礼メールに返信は不要ですが、もし返信したい場合は、長くならないように、挨拶と確認した旨を伝える程度で良いでしょう。もしも新たに質問事項等があれば、改めてメールしなおすようにしましょう。

お礼メールを返信する際は当日中に行う

では、実際にお礼メールが来た際に返信をしようと思ったら、どのタイミングで行うべきでしょうか。上記にもある通り、基本的にお礼メールは返信の必要がありません。しかし、相手が親しい関係だったり今後とも長い付き合いになる人であれば返信を行うケースもあるでしょう。その場合は、お礼メールが届いてからなるべく当日中、遅くても24時間以内に行うのが良いでしょう。その際は新たなタイトルは設けず「Re:~~」とお礼メールに対する返信だと分かるような件名に設定してください。

目下の者がメールを終わらせるか再度返信をしなくても大丈夫と伝えるのが良い

では、実際にお礼のメールの返信を行った場合、相手はどう反応すればいいでしょうか。このまま何度も繰り返し返信をするようではらちが明かないので、どこかのタイミングで終わらせなければなりません。この場合は目下の人の返信でメールを終わらせる形が良いでしょう。ただ、そのやりとりをしなくてもいい状況にしたいという場合には、「メールへの返信はお気遣いなく」などと返信不要であることを記載しておくと良いでしょう。

お礼メールの返信の例文(返信不要の連絡つき)

では、実際にお礼メールの返信はどのように行うべきでしょうか。ここで紹介する例文は返信不要の旨も伝えている形になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

例文

Re:○○グループ内懇親会の御礼
お忙しい中、非常に丁寧なお礼をくださって大変恐れ入ります。

いつも親切にご配慮いただき誠にありがとうございます。
また次の機会でもお話しできますよう、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、こちらのメールへの返信はどうぞお気遣いございませんように。


お礼メールに対する返信は基本的に必要ないが送る場合は再返信が不要であることを伝えよう

営業のお礼メールへの対応についてまとめてみました。基本的にお礼メールに対する返信は必要ありませんが、親しい間柄や長いお付き合いになる相手に対しては送ってもいいでしょう。ただしその際はお礼のやり取りにならないよう「お気遣いなきように」や「お返事はどうか気になさらず」など再度の返信は必要ありませんよとこちらから声を掛けましょう。この機会にぜひ参考にしてみてくださいね。

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。