2016年11月29日(火) 更新

女性営業マンに最低限必要なスーツの数と着まわし術

女性営業マンのベストなスーツの数は5着!

女性営業マンのスーツの数は5着がベスト。
「女性営業マンのスーツの数は5着がベストだ!」という理由は単純です。大抵の会社は週休2日制を採用しているかと思いますが、5着なら毎日違うスーツを着回せるからです。ただし、5着揃えるというのは大変ですよね?そういった方に向けて、着まわし術を紹介!

レディーススーツを3着用意して中のシャツを変えるだけでもOK

そんなに、レディーススーツを買うお金はないという人は3着でもOKです。レディーススーツは毎日洗うものではないですから、同じ物を連日着ても、中のシャツを変えれば問題ないでしょう。
もしくはレディーススーツの上下の組み合わせを変えるなどしても、女性営業マンのスーツの着方としてはありです。そのため、異なる色のレディーススーツを持っておくと便利です。

女性営業マンは上下スーツの色が同じでなくて良い

女性営業マンのメリットは、上下のスーツの色を同じにしなくても良いということにあります。そのメリットを利用し、限られたスーツで、このように使えば、スーツが少なくても困りません。

レディーススーツは黒とグレーとベージュの3つのカラーで着回すと◎

レディーススーツは1着1着が安くありませんから、それをうまく着回す、着こなすためには、スーツの選び方が重要になってきます。ここでは、黒とグレーとベージュの3つのカラーで着回すことをお勧めします。

というのも、黒、グレー、そしてべ―ジュは着まわしやすい定番のカラーです。パンツスーツとスカートのスーツとをそろえましょう。そうすれば、ベージュスーツのタイトスカートと、黒スーツの黒ジャケットを合わすなど、それだけで、もう1パターンのスーツができ上がりますよね。黒いジャケットにグレーのパンツを合わせるなど、様々なコーディネートができるでしょう。

インナー類を変えるだけでレディーススーツの印象は変わる

レディーススーツの組み合わせは変えず、その中に着用するインナー類を変えるだけでも、女性営業マンのスーツの印象はがらりと変わります。

例えば、黒のパンツスーツに、普段は白いワイシャツを合わせているという方。これを、ベージュの丸首のニットにして、首元に、落ち着いた目立たない程度のネックレスをつけてみてください。いつもは、きびきびした印象を与える着こなしですが、首元を見せるだけで女性らしさが増しますし、スーツ全体の印象がかわります。

靴やバッグの色でアレンジしてもOK

また、インナー部分ではなく、スーツに合わせる靴の色や、バッグの色と形を変えるだけでも良いです。その際には、決して、過度な色のアイテムではなく、女性営業マンらしい、落ち着いたカラーの中でローテーションしましょう。

女性営業マンのスーツは「5着」がベスト!3着で上下別色の着まわしコーディネートも◎

いかがでしたか?
今回は、女性営業マンのベストなスーツの数と着まわし例について紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?
女性営業マンのスーツは「5着」がベストです。「3着」なら着まわせるものを揃えましょう。スーツは黒とグレーとベージュの3つのカラーは重宝するので買うときにはオススメですよ。スーツの数は少なくても、着こなし方を変えれば、スーツを多く持っている印象になるでしょう。

あわせて読みたい特集記事

関連コラム