2016年11月29日(火) 更新

営業でミスしたときの謝罪方法

営業マンが謝罪でよくするミスとは?

営業マンは、業務中のミスでは謝罪よりも対応策を取って謝罪を怠ってしまうケースがあります。しかしミスで不快な思いをしたことに対して、まずは、真摯に謝罪するという、当たり前なことを忘れないようにしましょう。
ですが謝罪の前に、営業マンは謝罪でよくするミスについて、しっかりと把握しておきましょう。

謝罪のまえに対応を重視しがち

謝罪で、今後のこと、案内を出したり、担当を代えるとかを先にしがちです。
そうではなく、まず最初は、犯したミスを誠心誠意、相手の気持ちが収まるまでお詫びの謝罪をしようと考えない人は、結構しませんか?ミスした後の対応よりも、大事なポイントが分かっていないといけません。

当たり前といえば、これ以上当たり前のことはないような気もしますが、たったこれだけのことが出来ない人が意外と少なくないようです。

謝罪で言い訳や弁解は絶対にNGです

謝罪で言い訳や弁解は絶対にNGです。
自分では、そんな気で言ったことでなくても、相手には言い訳や弁解に捉えられたら、それは言い訳や弁解です。謝罪のときには、知らず知らずの内に謝罪や弁解をしてしまっているものです。

どうしても、事故など不可抗力での遅刻なども、弁解したくなりますが、その場合も「事後があったとはいえ」と”とはいえ”を使い、「遅れた事実」に対して真摯に謝るように心がけるべきです。

営業マンのしてはいけない具体的な謝罪方法を紹介

営業マンは謝罪する際に、誠実に且つ迅速に対応するようにしましょう。
謝罪をパフォーマンスにしてしまうと相手に謝罪の意思が正しく伝わらず、時間が経つと取り返しがつかなくなる場合があるためなるべく早く対応することが重要となります。
ここで、営業マンのしてはいけない具体的な謝罪方法を紹介していきますので、参考にしておいてください。

営業マンのしてはいけない謝罪方法① メールで謝るだけ

営業マンがしてはいけない謝罪方法として、最初に紹介するのは、このメールで謝罪するだけ。この謝罪方法だけでミスや失敗をすませるのは、絶対にNGです。
基本的に謝罪はあってするのが無難ですし、マナーです。その補助的な意味で、手紙やメールを使用して謝罪するのはいいですが、メールだけで謝罪をすませるのはやめましょう。

営業マンのしてはいけない謝罪方法② 都合の悪い時間に出向く

都合が悪い日や時間帯、また祝日などに出向いて謝るのは、失礼です、
謝罪をするときは、相手の時間を割いてするわけですし、そもそも失敗やミスをしなければ、謝罪する時間はないわけですから、相手を気遣う配慮は当然だと、思いましょう。

営業マンのしてはいけない謝罪方法③ 不自然なリアクション

最後に紹介する、営業マンのしてはいけない謝罪方法は、オーバーリアクションで耳を傾ける。
このような謝罪をするときの態度は、かなりシビアに見られていると考えておきましょう。謝罪では、あなたがどれだけ反省しているのか、誠心誠意を持って対応しなければ、相手には伝わりません。それだけに謝罪は難しいものです。

そのような状況で、不自然するほどのオーバーなリアクションは、あなたにその気がなくても、相手側を不快にさせてしまいます。謝罪をするときの態度にも気をつけましょう。

できる営業マンの謝罪方法とは

上記では、謝罪するときに犯してしまいがちなミスについて、紹介してきましたので、謝罪のときにしてはいけないことについて、把握できたと思います。

次は、デキる営業マンの謝罪方法について紹介していきますので。ぜひ参考にしていきましょう。営業マンがミスを冒した場合、謝罪する相手が上司であれ、お客様であれ、まずは真摯に謝罪することを心がけましょう。

デキる営業マンの謝罪方法① 改善するチャンスだと思う

デキる営業マンの謝罪方法として、心構えも大事だということをデキる営業マンは知っています。
単純に、普通の営業マンであれば、謝罪となると謝るだけで、マイナスなイメージを持ちがちです。ですがデキる営業マンは少し違います。謝罪の場を非常にポジティブな気持ちで臨んでいます。

ミスをしたときに、謝罪に伺うと当然、厳しい意見を言われてしまうこともありますが、それは改善できるチャンスだと考えると、謝罪が次に活きてきますので、この心構えは重要です。

デキる営業マンの謝罪方法② 一人ではなく誰かを連れて謝罪

デキる営業マンの謝罪方法として、一人で謝罪するのではなく、付添を連れて謝罪をするようです。
例えば…
自分の部署の上長である上司を謝罪に場に、付いてきてもらい謝罪をすると、会社として誠意を持った謝罪として、好印象に写りますし、ミスをした本人以外がいることで、申し訳ない気持ちも相手に伝わりやすくなります。

営業でミスしたときの謝罪方法を参考にして好印象なイメージを

いかがでしたか?今回は、営業でミスしたときの謝罪方法について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?
自分がミスや失敗をした時には、そうしても落ち込んでしまいますが、デキる営業マンはそこの考え方も大きく違います。ピンチこそ最大のチャンスだと思っているのです。

謝罪では、誠意を相手に感じ取ってもらい、あなたの反省や申し訳ない気持ちを相手に伝える必要があります。そこで、きちんとした謝罪が出来れば、悪い印象から良い印象に変わることだってあります。

今回、紹介したように、営業マンがミスした場合、言い訳をせずに真摯に謝罪するのが基本的なマナーですので、おさえておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム