2019年08月06日(火) 更新

社内恋愛で別れた後に退職をする事について

世間での考え方!退職すべきか続けるべきか

社内恋愛で別れたとしても、男性は基本的に退職をおすすめされてはいないようです。
それは男性が転職をしようがしなかろうが、ずっと働いていかなくてはいけないという理由があるからだと思います。
男性がキャリアを捨てるのはこの先を考えれば安易に決断できる事ではないという事です。
逆に女性は気持ちが降下した状態が続くようであれば退職をし心機一転することもおすすめされています。

社内恋愛で別れた後も仕事を続けたい人の対処法

社内恋愛で別れたからといって、今まで培ってきたキャリアを捨てたくない。今の職場を凄く気に入っている。そんな方は、やはり退職せずに続けるべきでしょう。
失恋後は休暇をとったり、仕事に打ち込んだりして別れた人の事を忘れるように努力する事が必要です。

失恋後は思い切って休暇を取る

気持ちの整理をするために、思い切って長期の休暇を取るというのも手段の1つです。1週間も仕事から離れて、完全プライベートの時間を作れば、またリセットして仕事に取り組むこともできるようになるのではないでしょうか。

とにかく仕事に打ち込む

失恋を忘れるほどに仕事に打ち込むというのもまた良いでしょう。とにかく仕事に振り切って、ガムシャラに働いているうちに、気づいたら失恋の傷は癒えているというのも、ありがちなパターンです。

社内恋愛で別れた後に退職を考えてる人の対処法

社内恋愛で別れた相手と会いたくないから退職する。失恋して気まずいから退職する。別れたショックで仕事が手につかないから退職をする。
退職をする理由としてはこういう事が挙げられると思います。
まずは世間では社内恋愛で別れた後に退職する事についてどう捉えていくのかをまとめました。

別れたからといって退職しない方が良い

失恋のダメージは確かに大きく、場合によっては仕事が手につかなくなってしまうケースもあるでしょう。しかし、失恋のダメージは一時的なもので、時間が経てば回復するケースがほとんどです。

ですが、仕事を辞めてしまうと、収入はもちろんゼロになり、再就職するのも楽ではありません。別れてツライ場合でも、勢いで退職をするのはオススメできません。

失恋で簡単に退職を考えるべきではない

社内恋愛で別れたからといって退職するのは良い事とは言えません。仕事は仕事として、職務をまっとうしなければいけないからです。

それぞれ積み重ねてきたものや技術、給与面、周りの信頼。失恋で簡単に手放すといった事も中々できないでしょう。生活がかかっているので、そう簡単に退職するといった考えは持たない方がいいでしょう。

心が壊れるまで同じ職場で働き続ける必要はない

失恋後に、冷静になってみてもどうしても無理だという時もあるかと思います。
また、数か月経っても全く状況が改善されない時は、思い切って退職を視野に入れてもいいかもしれません。
心が壊れるまで耐える必要はないのです。
仕事は、簡単には見つけにくいものですが、仕事というのは心や体が元気であってこそです。
心身を犠牲にしてまで同じ職場で続けていく必要もありません。
ツラい経験を乗り越えて、それでも尚冷静に状況を見極める力があるならば、次の職場を探すのもいいでしょう。
大切なのは、結論を急がない事と、無理をしすぎない事です。

社内恋愛で別れた後に退職すべきかは男女で違う

社内恋愛で別れてから退職を考える前に、必ず今の仕事は自分にとってどういうものかを考えましょう。
仕事は簡単には見つかりません。退職理由が失恋なら尚更見つけにくいでしょう。
状況を冷静に判断できるまでゆっくり休み、それからどうしていくべきかを考えても遅くはありません。
失恋は時間が解決してくれます。くれぐれも、自分の人生を棒に振るような事はしないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム