事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年09月26日(水) 更新

退職金制度があるのに退職金が「もらえない」場合に有効な対処法

そもそも退職金とは?

退職金がもらえない場合の対処法をみていく前に、そもそも「退職金とは何なのか」についておさえましょう。会社によっては制度がなく、退職金がない・退職金がもらえないといった場合もあるようですが、そもそも退職金とはどういったことで支払われるものなのでしょうか?

退職金は退職者に対して支払われる賃金である

退職金とは退職者に対して支払われる賃金の事を言います。この退職金は退職日における勤続年数と職能に応じて算定されます。退職金の支給額は企業ごとに就業規則により決められているため、同じ勤続年数でも、企業や業種によって退職金の金額には差があります。

退職金がもらえない会社があるのはなぜ?

退職金とは退職者に対して払われる賃金だということを紹介しました。それでは次に、なぜ退職金がもらえる会社と、退職金がもらえない・退職金がないといった会社があるのかについて見ていきましょう。

退職金制度を設けるという法定義務はない

退職金制度は会社の義務で絶対に支払わなければいけないものではありません。会社に退職金の制度がなければいけないという決まりはないですし、法的に退職金制度を設ける必要もないのです。

つまり、企業によっては退職金制度がない場合もありますが、違法だったりするわけではありません。そもそも労働基準法では退職金についての取り決めが存在しません。このような理由で退職金がもらえない・退職金がない会社は存在します。

制度がないと会社から退職金をもらえない

結論として、退職金は退職したからと言って必ずもらえるものではありません。毎月の給料は、労働基準法に基づく賃金の取り決めが必要ですが、退職金やボーナスは、各企業が自由に決められる部分でもあります。

その為、退職金やボーナスは必ず貰えるというものではありません。会社に退職金制度があればもらえる、なければ退職金がもらえないという事になります。

退職金はいつまでに支払われる?

退職金がもらえない・退職金がない会社の場合の対処法を見る前に、退職金の支給についても、ここでしっかりとさえましょう。上記では退職金の制度についてみてきました。退職金がない・会社から退職金がもらえない!と思っても、そもそも努めている会社に退職金制度がない場合があるので注意が必要です。

続いて、退職金の支給についてみていきます。退職金の支給条件が決まっている会社は、就業規則で規定されていれば支払わなければいけません。

退職から7日以内に会社は退職金を支給する義務がある

もしも、その企業が就業規則などで、退職金制度を定めている場合には、その退職金制度には義務が生じてきます。そういった企業規則で退職金制度が決まっている場合には、退職金の支払いには期限があります。

退職金制度がある会社は退職者に対して、退職金の支払いを退職日から7日以内に行う義務がありますので、覚えておきましょう。制度があるにも関わらず、退職金がもらえないといった際にはもらえるように動きましょう。

制度があるのに退職金がもらえない場合の対処法とは?

上記では、退職金制度と退職金の支払いについてみてきました。次に会社に退職金制度があるにも関わらず、退職金がもらえない場合の対処法をみていきましょう。段階を追って、説明します。退職金が未払いのまま、退職金がない会社だと諦めてしまうという事態だけは避けるようにしましょう。

対処法①:自分で交渉・労働センターに相談

会社に退職金制度があるのに退職金がもらえない場合は、自身で交渉しましょう。会社に退職金支払いの交渉を持ちかけても、支給に応じてもらえない場合には、労働センターに相談をして間に入ってもらうといいでしょう。「退職金がない会社」「退職金がもらえない」という言葉だけで終わらせないようにしてくださいね。

対処法②:簡易裁判所に支払い催促申立書を提出する

それでも会社が退職金を支払わない場合は、制度があるにも関わらず退職金がもらえないと簡易裁判所に支払督促申立書を提出し、裁判所から退職金の支払命令を出してもらいましょう。

注意点:会社の退職金支払い義務は退社してから5年で時効となる

退職金の請求は退職してから早めにするのがポイントとなります。その理由としては、退職金の支払い義務は、あなたが会社を退社してから5年で時効になるところにあります。ですので、会社から退職金がもらえない場合には早めに請求して、退職金がもらえないという結果にならないよう気を付けましょう。

対処法③:退職金制度のある企業に転職する

退職後は当然収入が無くなりますので、退職金が重要になります。長く勤めるとそれなりの金額がもらえますので、退職金がないのはもったいないです。そこで、退職金制度のある企業に転職してみてはいかがでしょうか?

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

退職金がもらえない会社には自主交渉・労働センターへ相談後に簡易裁判所に申立てを!

退職金がもらえない・退職金が出ない会社への対処法を紹介しましたが、いかがでしたか?最後にまとめとして、退職金がもらえない・出ない会社の場合の対処法を確認します。

まずは、就業規則に退職金制度の有無を必ず確認しましょう。退職金制度があるのに退職金がもらえない場合は5年以内に請求します。自分で交渉が苦手なら労働センターに間を取り持つよう頼んだり、簡易裁判所に申し立ててもいいでしょう。 不安な方はまずは就業規則を確認しましょう。

退職金制度があるにも関わらず、「うちは退職金がない会社だから」といったような会社もまれにあります。労働条件に関する書類などもしっかり見なおし、「退職金がもらえない」「退職金がない会社だった」と泣き寝入りをしてしまわないようにしてくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム